中性脂肪とコレステロールは関係があるのですか?

中性脂肪とコレステロールの量が動脈硬化に影響します


中性脂肪は単に脂肪と呼ばれることもあり、食品中の脂質や体脂肪の大部分を占める物質です。

コレステロールもまた体の中に存在する脂質で、細胞膜やホルモン、胆汁を作る材料となります。

近年の健康意識の高まりから、コレステロールは悪いものと捉えられているようですが、体にとって不可欠な重要な物質です。

コレステロールのうち、LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを体全体に運びます。

HDLコレステロールは使用されずに余ったコレステロールを肝臓に戻します。

HDLコレステロールが少ない状態では、LDLコレステロールが血管壁に蓄積されてしまいます。

これが酸化によって過酸化脂質となり蓄積されると、血管が細くなって血栓となり動脈硬化を促進します。

中性脂肪が増えるとHDLコレステロールが減少することがわかっていますので、中性脂肪が増えすぎないようにしてHDLコレステロール量を維持することで動脈硬化の予防につながります。

中性脂肪は、カロリーの過剰摂取や甘いものの摂りすぎ、お酒の飲みすぎなどによって増えますので、生活習慣を見直して中性脂肪を減らすことで健康を維持することができると考えられます。

糖質の過剰摂取でインスリンが過剰に分泌されると中性脂肪の蓄積を促しますので、糖質を控えた食事を摂るようにするとよいでしょう。

併せて、継続的な運動も取り入れましょう。

中性脂肪とコレステロールは共に脂質で体に必要な物質です

血液中には、中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質があります。

中性脂肪は単に脂肪と呼ばれることもあり、食品中の脂質の大部分をしめる物質です。

エネルギー源となるほか、脂溶性ビタミンや必須脂肪酸の摂取にも必要ですが、摂りすぎると肥満の原因となります。

コレステロールは血液中ではタンパク質と複合体を形成してLDL(低比重リポタンパク質)やHDL(高比重リポタンパク質)として存在しています。

複合体を形成することにより血液中でコレステロールを運びやすくしているのです。

リポタンパク質は、含まれる脂肪とタンパク質の量によって比重や役割が異なり、LDLコレステロールはコレステロールを肝臓から体全体に運ぶ役割、HDLコレステロールは余剰分を肝臓に戻す役割です。

中性脂肪の増加によってHDLコレステロールが減少します


血液中の中性脂肪やコレステロールの値はメタボリックシンドロームの診断基準の一つになっています。

中性脂肪とLDLコレステロールが基準値よりも高く、HDLコレステロールが低い状態になると脂質異常症と呼ばれます。

大部分の脂質異常症は、食習慣や運動不足などの生活習慣に由来するものですが、ホルモンの分泌異常、糖尿病、腎臓病などのほかの病気が原因で併発する場合もあります。

脂質異常症は動脈硬化の要因となり、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす危険性があります。

食べ過ぎなどで余ったエネルギーは、脂肪となって肝臓や内臓脂肪、体脂肪として蓄えられます。

内臓脂肪から脂質がエネルギー源として血液中に放出されて血液中の中性脂肪が増えると、その影響でLDLコレステロールも増えます。

これによって本来行うべき、LDLコレステロールからHDLコレステロールへ変化して血液中のコレステロールを回収することができなくなり、LDLコレステロールが血管壁に蓄積されてしまいます。

糖質制限で中性脂肪を減らし、肥満の改善と予防をしましょう

中性脂肪やコレステロールの基準値はメタボリックシンドロームの診断基準にもされ、生活習慣の見直しや改善の目安です。

中性脂肪やLDLコレステロールの値が基準値より高くなったらすぐに動脈硬化になるわけではありませんが、放置せずに早期に改善するようにしましょう。

病気を併発している場合は医師の相談を受け、肥満傾向にある方は、5%程度から体重を減らすようにしましょう。

改善の方法は個人によって異なりますが、食事療法は不可欠です。

甘い菓子や清涼飲料水など糖質の多い食品や、動物性脂肪、マーガリンやショートニングのような加工油脂などの過剰摂取は控えましょう。

糖質は体内でエネルギー源となりますが、余ると脂肪に変えられますので、糖質を控えることで脂肪の蓄積を予防します。

糖質の摂取量を減らし、魚や大豆製品などのタンパク質の多い食品や海藻類、キノコ類などの食物繊維の多い食品を組み合わせて栄養バランスのよい食事を摂るようにしましょう。

(まとめ)中性脂肪とコレステロールは関係があるのですか?

1. 中性脂肪とコレステロールの量が動脈硬化に影響します

中性脂肪もコレステロールも体の中に存在する脂質です。

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを体全体に運び、HDLコレステロールは使用されずに余ったコレステロールを肝臓に戻します。

中性脂肪が増えるとHDLコレステロールが減少し、LDLコレステロールが血管壁に蓄積されて動脈硬化を促進します。

2. 中性脂肪とコレステロールは共に脂質で体に必要な物質です

中性脂肪はエネルギー源となるほか、脂溶性ビタミンや必須脂肪酸の摂取にも必要ですが、摂りすぎると肥満の原因となります。

コレステロールは血液中ではタンパク質と複合体を形成することによって血液中でコレステロールを運びやすくしています。

3. 中性脂肪の増加によってHDLコレステロールが減少します

食べ過ぎなどで余ったエネルギーは脂肪として蓄えられ、内臓脂肪からエネルギー源として血液中に放出されて血液中の中性脂肪が増えると、その影響でLDLコレステロールも増えます。

これによって本来行うべき、LDLコレステロールからHDLコレステロールへ変化して血液中のコレステロールを回収することができなくなり、LDLコレステロールが血管壁に蓄積されてしまいます。

4. 糖質制限で中性脂肪を減らし、肥満の改善と予防をしましょう

中性脂肪やLDLコレステロールの値が基準値より高かったら、放置せずに早期に改善しましょう。

肥満の改善には食事療法は不可欠、糖質を控えることで脂肪の蓄積を予防し、中性脂肪を減らしましょう。

糖質の摂取量を減らし、魚や大豆製品などのタンパク質の多い食品や海藻類、キノコ類などの食物繊維の多い食品を組み合わせて栄養バランスのよい食事を摂るようにしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る