生理中のダイエットとリバウンドには関係があるの?

生理の周期からリバウンドしやすい時期を知ることが大切です


炭水化物抜きダイエットなどの食事制限を過剰に行うと、急激に体重が減ることがあるようです。

それによってリバウンドを招きやすくなるほか、長く続けていると健康被害を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

また、食事制限で食欲を我慢し続けることはストレスになりやすいですが、ダイエットを効率的に行うことができればストレスの軽減につながるかもしれません。

効率よくダイエットを進めるには、女性の場合、生理の周期によるホルモンバランスの変化によって痩せやすい時期と痩せにくい時期があることを知っておくとよいでしょう。

生理の周期は女性ホルモンの分泌量によって調整されています。

生理前にはプロゲステロンの分泌量が増えて脂肪や水分を溜め込みやすくなり、食欲も増します。

この時期は痩せにくいので、無理にダイエットをしないで体重の維持につとめましょう。

生理中から生理後はエストロゲンの分泌量が増えて痩せやすくなりますので、この時期に積極的にダイエットを行いましょう。

生理中は体調が変化しやすいので、無理をせず生理後からダイエットを始めてもよいでしょう。

その際、食事を抜くだけでなく栄養バランスにも注意して、タンパク質を多く含む肉や魚を摂りましょう。

筋肉量を維持することで代謝量が落ちにくくなり、リバウンド防止につながります。

女性ホルモンのバランスによって痩せやすい時期があります

生理の周期は、生理の初日から次回の生理が始まる前日までの25~38日をいい、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に分けられます。

周期の調節には、卵巣から分泌される女性ホルモンが働いています。

排卵を境にホルモンのバランスが変化し、排卵後から黄体期まではプロゲステロンの分泌量が増えます。

プロゲステロンは、妊娠に備えて体に水分や脂肪を溜め込みやすくするように働き食欲も増進させますので、この時期は痩せにくくなります。

月経期から排卵期はエストロゲンの分泌量が増えてプロゲステロンが減りますので、痩せやすい時期になります。

痩せやすい時期に積極的にダイエットを行い、痩せにくい時期は体重が減らなくてもあまり気にしないで、リバウンドしないように体重を維持しましょう。

生理中は体を休めながら体重を維持しましょう


生理中はプロゲステロン、エストロゲンともに分泌量が減り、痩せやすい時期ですが、生理痛や貧血などの症状が出やすい時期ですので体を休ませるようにしましょう。

また、月経血が気になって運動しにくいような場合も無理をしないようにししましょう。

生理中から排卵期までは痩せやすい時期ですので、生理後から食事制限や運動によるダイエットを始めてもよいでしょう。

炭水化物抜きダイエットなどの食事制限では、比較的短期間で減量できることが多く、この時期に行うとダイエット効果が上がると考えられます。

過剰な食事制限はかえってリバウンドを招きやすくなりますので、糖質を控えてタンパク質や食物繊維の多い食品を多く摂るなどバランスのよい食事を一日三食規則正しく摂るようにしましょう。

糖質制限と運動で筋肉量を維持しリバウンドを防ぎましょう

過剰な食事制限で体重が減っても、脂肪だけでなく筋肉量が減ってしまうと代謝量が落ちてリバウンドしやすくなります。

排卵後はホルモンバランスが変化してプロゲステロンの分泌量が多くなり、脂肪を溜め込みやすく太りやすい時期になります。

この時期は体重が減りにくくなりますが、体重の増減に神経質にならずに体重を維持することが大切です。

太りやすい時期に備えて筋肉量を減らさないようにし、代謝量を維持することでリバウンドを防ぐ効果が期待できます。

糖質制限なら、太る原因となる糖質を控えたり低糖質の食品に置き換えたりするだけでよいので、筋肉を作るタンパク質を多く含む肉や魚はしっかり摂ることができます。

面倒なカロリー計算も必要なく日常的に取り入れて継続しやすいので、健康的に痩せる効果が期待できます。

運動面では、脂肪の燃焼を助ける有酸素運動と、筋肉を作るための無酸素運動を併せて行うと効果的です。

(まとめ)生理中のダイエットとリバウンドには関係があるの?

1. 生理の周期からリバウンドしやすい時期を知ることが大切です

食事制限で食欲を我慢し続けることはストレスになりやすいですが、ダイエットを効率的に行えばストレスの軽減につながるかもしれません。

生理の周期による痩せやすい時期を利用して、効率よくダイエットを進めましょう。

生理前にはプロゲステロンの分泌量が増えて脂肪や水分を溜め込みやすくなり、食欲も増します。

この時期は痩せにくいので、無理にダイエットをしないで体重の維持につとめ、リバウンドにも注意しましょう。

2. 女性ホルモンのバランスによって痩せやすい時期があります

生理の周期の調節には、卵巣から分泌される女性ホルモンが働いています。

排卵を境にホルモンのバランスが変化し、月経期から排卵期までの一週間はエストロゲンの分泌量が増えて痩せやすい時期です。

この時期に積極的にダイエットを行いましょう。

3. 生理中は体を休めながら体重を維持しましょう

生理中はプロゲステロン、エストロゲンともに分泌量が減り、痩せやすい時期ですが、生理痛や貧血などの症状が出やすい時期ですので無理をしないで体を休ませるようにしましょう。

生理中から排卵期までは痩せやすい時期でダイエット効果が上がりやすくなりますので、生理後から食事制限や運動によるダイエットを始めてもよいでしょう。

4. 糖質制限と運動で筋肉量を維持しリバウンドを防ぎましょう

過剰な食事制限で、脂肪だけでなく筋肉量も減ると代謝量が落ちてリバウンドしやすくなります。

排卵後はプロゲステロンの分泌量が多くなって太りやすい時期ですので、筋肉量を維持して備えましょう。

糖質制限なら、太る原因となる糖質を控えて、筋肉を作るタンパク質を多く含む肉や魚はしっかり摂ることができます。

運動面では、脂肪の燃焼を助ける有酸素運動と、筋肉を作るための無酸素運動を併せて行うと効果的です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る