生理後のダイエットでリバウンドを防ぐ方法は?

生理の周期を意識して、リバウンドしやすい時期を確認


ダイエットを始めるときに、まずは、食事の量を減らす方法を思いつく方が多いかもしれません。

食事制限ダイエットなどは、自分のライフスタイルをあまり変えることなく取り入れることができるので人気があるようです。

食事から摂取するカロリーを、消費するカロリーよりも減らせば短期間で体重は落ちますが、過剰な食事制限は健康を損なう恐れがありますので注意が必要です。

女性の場合は、生理の周期によるホルモンバランスの変化で痩せやすい時期と痩せにくい時期がありますので、ダイエットを始める前に自分自身の生理の周期を知ることで、楽に体重を減らせる場合があります。

生理後の一週間は、痩せやすい時期となりますので、食事と運動の両面から積極的にダイエットに取り組みましょう。

生理前は、痩せにくい時期ですのでリバウンドに注意が必要ですが、体重の増減に神経質になる必要はありません。

この時期は、体重を維持するくらいの気持ちでいるとストレスを感じにくく、ダイエットを続けやすくなりそうです。

ダイエットに最適な時期を生理の周期から把握してみましょう

生理の約一か月間の定期的な周期には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つの期間に分けられます。

月経の調節には卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが関わっていて、各期間で分泌量のバランスが変化しています。

月経後から排卵期にかけてエストロゲンの分泌量が増え、この期間がダイエットに最適といわれています。

排卵を境にホルモンのバランスが変化し、排卵後はプロゲステロンの分泌量も多くなります。

プロゲステロンが多くなると、妊娠に備えて体は脂肪や水分をため込みやすくなりますので、痩せにくくなります。

この期間は無理に減量せずに体重を維持するくらいにして気楽に構えましょう。

生理の周期と体重、肌、体調の変化などには、個人差はあるものの一定の周期がみられるようですので、自己観察してみるのもダイエットに役立つのではないでしょうか。

ダイエット効果が出やすい生理後は積極的に取り組みましょう


エストロゲンは、骨の形成や骨粗鬆症の予防、自律神経の調整、脂質代謝の促進、女性らしい体の形成に関与しています。

生理後一週間は、エストロゲンの分泌量が増加しますので、痩せやすくなるといわれています。

この期間を利用して、食事制限と運動を組み合わせて効率よくダイエットを行いましょう。

一週間という短期間の達成を目標にしてダイエットを行うのもよいかもしれません。

食事面では、甘い菓子や脂っこい食べものなどは避けたほうがよいですが、カロリーを控えるためにサラダばかりの食事などにすると食事内容が偏って、必要な栄養素が摂れなくなることがありますので注意が必要です。

また、健康を損なう恐れがあるような過剰な食事制限もおすすめできません。

糖質制限に運動も取り入れてリバウンドを防止しましょう

炭水化物抜きダイエットなどの食事制限ではご飯やパンといった主食を抜く場合が多く、短期間で体重は減りますが、リバウンドする場合も少なくないようです。

これは、体重と共に、筋肉も減って代謝量が落ち、痩せにくくなることが一因です。

糖質を控える糖質制限なら、太る原因となる糖質の摂取量を控えるだけでよく、一日三食摂ることができますので、健康的に痩せる効果が期待できます。

カロリーをあまり気にしなくてもよいので、タンパク質を多く含む肉や魚もしっかり摂ることができます。

脂肪をためやすくなる排卵後の時期に備えて、筋肉量を維持し、リバウンドを防ぎましょう。

運動を取り入れる際には、脂肪を燃焼するのに効果的な有酸素運動と、筋肉を作る無酸素運動を併せて取り入れるとよいでしょう。

(まとめ)生理後のダイエットでリバウンドを防ぐ方法は?

1. 生理の周期を意識して、リバウンドしやすい時期を確認

生理の周期によるホルモンバランスの変化で、痩せやすい時期と痩せにくい時期があります。

そのため、生理の周期を知ることで、楽に体重を減らせる場合があります。

生理前は痩せにくい時期ですので、リバウンドに注意が必要です。

生理後の一週間は痩せやすい時期となりますので、食事と運動の両面から積極的にダイエットに取り組みましょう。

2. ダイエットに最適な時期を生理の周期から把握してみましょう

月経の周期には、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンが関わっています。

エストロゲンの分泌量が増える月経後から排卵期が、ダイエットに最適といわれています。

排卵をほぼ境にホルモンのバランスが変化し、排卵後はプロゲステロンの分泌量が多くなって痩せにくくなります。

3. ダイエット効果が出やすい生理後は積極的に取り組みましょう

生理後一週間は、エストロゲンの分泌量が増加しますので、痩せやすくなるといわれています。

この期間を利用して、食事制限と運動を組み合わせて効率よくダイエットを行いましょう。

甘い菓子や脂っこい食べものなどは避けつつ、バランスのよい食生活を心がけましょう。

4.糖質制限に運動も取り入れてリバウンドを防止しましょう

食事制限をすると短期間で体重は減りますが、体重と共に、筋肉が減ると代謝量が落ち、痩せにくくなってリバウンドする場合も少なくないようです。

糖質を控えて、タンパク質を多く含む肉や魚を摂って筋肉量を維持し、脂肪をためやすくなる排卵後の時期に備えましょう。

また、脂肪を燃焼するのに効果的な有酸素運動と、筋肉を作る無酸素運動を取り入れるとよいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る