炭水化物ダイエットで便秘やリバウンドを防ぐには?

栄養バランスのよい食事を一日三食、摂りましょう


夕食抜きダイエットや炭水化物抜きダイエットなどの食事制限によるダイエットは、体重を減らしたいと思ったときに手軽に始められるダイエット方法として人気があります。

食事制限によるダイエットは比較的、短期間で体重が減ることが多く、効果を実感しやすい反面、短期間での急激な体重の減少は、リバウンドを招きやすく、便秘を引き起こすこともあるようです。

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものですので、炭水化物の摂取量が少なくなって食物繊維が不足することも、便秘の一因となります。

それに加えて、過剰な食事制限がストレスとなって、便秘を引き起こす場合もあるようです。

便秘が長く続いて、腸内に排泄物が溜まると、下腹部の不快感や膨満感、腹痛などの障害をきたす恐れがあります。

また、代謝が悪くなることは、リバウンドの一因となります。

便秘を予防するためには、食物繊維を多く含む海藻類やキノコ類などを積極的に摂って、不足分を補うようにするとよいでしょう。

糖質制限なら、太る原因となる糖質を控えて、食物繊維やタンパク質などをしっかり摂ることができます。

健康的に痩せるためには、栄養バランスのよい食事を一日三食摂り、継続して運動を取り入れるようにするとよいでしょう。

極端な食事制限を続けていると便秘になることがあります

炭水化物抜きダイエットなどの食事制限で、カロリーの摂取量は抑えられますが、健康的に痩せるためには極端な食事制限を長く続けることは好ましくないといえるでしょう。

炭水化物抜きダイエットといえば、一般的に、炭水化物を多く含むご飯やイモ類などの摂取を控えることが多いようですが、炭水化物には食物繊維が含まれていますので、摂取量が少なくなると食物繊維も不足して便秘を引き起こす場合があります。

近年では、食生活の欧米化などから日本人の食物繊維の平均摂取量も低下していて、ダイエットをしていない方でも食物繊維の不足が指摘されています。

食事制限によってさらに摂取量が少なくなることは、避けたいものです。

極端な食事制限による不規則な食事で、十分な食事量を摂れずに低栄養の状態になった場合や、筋肉が減って筋力が低下することなども、便秘の原因となることがあります。

食欲を我慢することがストレスになって、便秘になることもあるようです。

一日三食、バランスの取れた食事でリバウンドを防ぎましょう


ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを減らすことですので、一日の食事量を減らすことで減量効果が期待できます。

極端な食事制限を行うと、短期間で急激に体重が減少しますが、食事制限をやめるとリバウンドが起こって元の体重に戻ってしまうことも少なくありません。

リバウンドの原因としては、体重が減ると、脂肪だけでなく筋肉も減るので、代謝が落ちて痩せにくくなることがあります。

また、カロリーの摂取量が少ない状態が続くと、体が飢餓状態と感じてエネルギーを消費しないようにし、脂肪をため込むようにはたらくこともあるようです。

最近では若い女性を中心として痩せすぎが問題視されていますが、過剰な食事制限によって健康を損なう場合もあることを忘れないようにしましょう。

厚生労働省と農林水産省から出されている「食事バランスガイド」には、どのような食品をどれくらい食べるとよいかが分かりやすく示されていますので参考にするとよいでしょう。

糖質制限と継続的な運動で、健康的に痩せる効果が期待できる

炭水化物は、体内で糖類に分解されてエネルギー源となり、消費されずに余った分は体脂肪として蓄積されます。

糖質の摂りすぎが肥満につながりますので、炭水化物の量だけでなく、食品中の糖質量に注目し、摂りすぎないようにすることが大切です。

タンパク質を多く含む肉や魚には、糖質がほとんど含まれていませんので、しっかり摂るようにして食事量が極端に少なくならないようにしましょう。

私たちは安静にしているときにも生命活動を維持するために代謝を行っています。

健康のために必要な筋肉を作るためにもタンパク質を摂って、太りにくい体作りを目指しましょう。

糖質制限ダイエットは、糖質を控えるだけで面倒なカロリー計算も必要ないので、タンパク質と食物繊維を中心に、いろいろな食品を組み合わせて栄養バランスのよい食事を摂ることができます。

(まとめ)炭水化物ダイエットで便秘やリバウンドを防ぐには?

1. 栄養バランスのよい食事を一日三食、摂りましょう

食事制限によるダイエットは比較的、短期間で体重が減ることが多いですが、リバウンドを招きやすく、便秘を引き起こすことがあります。

健康的に痩せるためには、栄養バランスのよい食事を一日三食摂り、継続して運動を取り入れるようにするとよいでしょう。

2. 極端な食事制限を続けていると便秘になることがあります

炭水化物には、食物繊維が含まれていますので、摂取量が少なくなると便秘を引き起こす場合があります。

極端な食事制限で低栄養の状態になった場合や、筋肉が減って筋力が低下することなども、便秘の原因となることがあります。

食欲を我慢することがストレスになって便秘になることもあるようです。

3. 一日三食、バランスの取れた食事でリバウンドを防ぎましょう

極端な食事制限では、体重は減りますが、やめるとリバウンドが起こって元の体重に戻ることも少なくありません。

リバウンドの原因として、筋肉が減って代謝が落ちることや、摂取カロリーが極端に少ないと体がエネルギーをため込むようにはたらくことなどが挙げられます。

厚生労働省と農林水産省から出されている「食事バランスガイド」を参考にして、バランスのよい食事を心がけましょう。

4. 糖質制限と継続的な運動で、健康的に痩せる効果が期待できる

炭水化物は、消費されずに余ると体脂肪として蓄積されます。

糖質の摂りすぎが肥満につながりますので、摂りすぎないようにしましょう。

タンパク質を多く含む肉や魚は、しっかり摂って食事量を減らさないようにしましょう。

糖質を控え、タンパク質と食物繊維を中心にした栄養バランスのよい食事で健康的に痩せる効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る