肉食中心のダイエットはリバウンドしないって本当ですか?

肉は、種類や食べ方に注意すればダイエットに適した食品です


「ダイエット中のお肉はNG」と思い込んでいませんか。

肉は、動物性タンパク質が豊富な食品で、血液や筋肉、内臓器官を生成する栄養素を含んでいます。

エネルギーが燃焼する代謝の高い痩せる体質をキープするためには、肉から摂取するタンパク質はダイエットに必要不可欠といわれています。

そのうえ、食べ応えがあり食事で満腹感を得られるのでダイエットのストレスが軽減し、イライラを防止できるメリットがあります。

糖質制限する炭水化物ダイエット中ならば、積極的に肉を食べることをおすすめします。

しかしながら、肉は種類や食べ方を間違えたり、食べ過ぎたりすると、ダイエットに逆効果なだけでなく健康を損ねることもあります。

また、消化が悪い食品のため、食べ過ぎると消化器官への負担が上がり健康を損ねることも考えられます。

脂肪分をカットしカロリーを抑えるなどの注意も必要です。

健康的に美しく痩せるためには肉の栄養素はとても重要ですが、メリット・デメリットを理解し適切に取り入れることが大切です。

ダイエットに適した肉を選ぶことが大切です

タンパク質が多く、鉄分やビタミンB群など代謝をアップさせる栄養素を含む「肉」ですが、ダイエットに適しているものとNGなものがあります。

基本的に、赤身部分で脂肪が少ないものを選ぶことが判断の基準になります。

鶏肉であれば、皮を除いたムネ肉、豚肉、牛肉であれば肩ロース部分がおすすめです。

栄養価の高いレバーやハツ、センマイなどホルモン系も、タンパク質が多く含まれ代謝をアップさせる食材として効果が期待できます。

他にも、脂肪を燃焼させ効果があるL-カルニチンを多く含む肉としてマトンやラム肉があります。

脂のサシが入った牛肉などは控え、脂身部分はカットするなどして赤身部分を食べるよう意識しましょう。

調理は、シンプルに「焼く」「ゆでる」「煮る」という方法で濃い味付けにならないよう注意が必要です。

調理の過程で油が落ちるとカロリーカットにもつながるため、しっかり火を通すことも重要です。

いろいろな種類の肉を選ぶことができますが、通常の食事よりコストがかかるのでライフスタイルに合った食材選びを心がけましょう。

肉中心となる食生活には、健康リスクも考えられます


肉は、ダイエットに適している食材ではありますが、もともと日本人は欧米人と違い、肉をたくさん食べる習慣を持っていません。

そのため、肉中心の食生活に切り替えると体がついていけず、健康を害することも考えられます。

肉は、動物性タンパク質を多く含む食材なので、摂取量が増えると消化不良を引き起こしてしまい、腸内環境が不安定になります。

その結果、便秘や胃もたれ、体臭が強くなるなどのトラブルが起きやすくなります。

また、動物性タンパク質は男性ホルモンを増加させるといわれる栄養素です。

男性ホルモンの影響で髪が薄くなったり、生理不順を引き起こしたりすることも考えられます。

他にも、肉の赤身に多く含まれる飽和脂肪酸の影響で、中性脂肪やコレステロールが高くなる傾向があります。

数値が悪化すると、動脈硬化や心筋梗塞などの深刻な病気の原因になるので摂取量には注意が必要です。

適切な量を守り「肉を食べる前には野菜を食べる」「ゆっくりよく咬んで食べる」、など食べ方を工夫することで、ダイエットの効果が高まります。

食べ方を工夫すると肉はリバウンドしない食材として有効です

肉の量や部位を気にしていても、調味料に糖質が多く含まれているとダイエットにはつながりません。

焼き肉のタレや、すき焼きの割り下、ソースなど、糖質や脂質が多い味付けはNGです。

塩コショウ、しょう油などシンプルな味付けがおすすめです。

食事の際は、消化を助ける役割を持つ薬味を使うのも効果が期待できます。

ニンニク、ショウガ、大根おろしなどは、代謝を高め消化を助け作用を促します。

また、空腹時に肉を食べると消化不良を起こすことが多いです。

食事のはじめに、淡色系の温野菜サラダや豆腐、味噌汁などを食べてから肉を食べると、消化器官の負担をやわらげ食べ過ぎ防止にもつながります。

基本的には、肉に偏った食事にするのではなく、植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含む食品と併せて摂取することを意識しましょう。

栄養バランスの良い食生活の中で肉を取り入れると、筋肉をキープした代謝が高い体質が作られ、ダイエットのリバウンド防止につながります。

(まとめ)肉食中心のダイエットはリバウンドしないって本当ですか?

1. 肉は、種類や食べ方に注意すればダイエットに適した食品です

肉は、動物性タンパク質が豊富な食品で、血液や筋肉、内臓器官を生成する栄養素を含んでいます。

健康的に美しく痩せるためには肉の栄養素はとても重要ですが、メリット・デメリットを理解し適切に取り入れることが大切です。

2. ダイエットに適した肉を選ぶことが大切です

タンパク質が多く、鉄分やビタミンB群など代謝をアップさせる栄養素を含む「肉」ですが、ダイエットに適しているものとNGなものがあります。

基本的に、赤身部分で脂肪が少ないものを選ぶことが判断の基準になります。

3. 肉中心となる食生活には、健康リスクも考えられます

肉は、動物性タンパク質を多く含む食材なので、摂取量が増えると消化不良を引き起こしてしまい、腸内環境が不安定になります。

適切な量を守り、食べ方を工夫することで、ダイエットの効果を高める食品として効果が期待できます。

4. 食べ方を工夫すると肉はリバウンドしない食材として有効です

肉に偏った食事にするのではなく、植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含む食品と併せて摂取することを意識しましょう。

筋肉をキープした代謝が高い体質が作られると、ダイエットのリバウンド防止につながります。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る