ダイエットしても冬になるとリバウンドしやすいですか?

寒い冬のほうが実はリバウンドしない痩せる体質を作りやすい


夏のダイエットに成功しても、秋から冬にかけて太ってしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。

実は、冬のほうが暑い夏よりもダイエットに適していて、痩せる体質になりやすい季節といわれています。

その理由は、寒さのために冷えてしまった体を温めるためにエネルギーを消費し、代謝がアップするからです。

体温を保持するために、体内に蓄積されている脂肪がエネルギーになって燃焼するため、痩せやすくなるといわれています。

しかし、冬は太りやすいというイメージがあるかもしれません。

冬に太ってしまう理由は、カロリーの過剰摂取と活動量の低下にあります。

秋から冬、年末年始にかけて、食事やスイーツなどつい食べ過ぎてしまう時期です。

そのうえ、寒さから運動する機会が減ってしまい、活動量が減少していきます。

すると、消費カロリーより摂取カロリーがはるかにオーバーしてしまい、リバウンドにつながるのです。

冬にリバウンドをしないためには、食事量のコントロールと適度な運動を組み合わせ、入浴や冷えとりなど体を温める工夫をして代謝アップを促進することが大切です。

冷えからくる血行不良はリバウンドを招きます

冬が痩せやすいのは、体温を保持するために基礎代謝を上げて寒さから体を守るから、といわれています。

炭水化物から摂取した糖質や体内に蓄積されている脂肪がエネルギーとして燃焼しやすいので、夏よりも代謝がアップし冬のほうが痩せる体質作りに適しているといえます。

ただし、冬は冷えることにより血液の流れが悪くなり血行不良を引き起こす傾向があります。

食事から摂取した糖質は、体内でブドウ糖に分解され血液に溶けて全身にいきわたりますが、血行不良になるとエネルギーが体全体へめぐりにくくなります。

すると、血液の流れが滞っているせいで、糖質摂取量は足りていても体は補給されていないと感じてしまい、食欲が強まるといわれています。

血行をよくするためには、入浴やマッサージ、ショウガやトウガラシを使うなど、体を温める工夫をすると効果が期待できます。

内臓から温め、血行を促すことで、代謝アップをサポートしダイエットのリバウンドを防止につながります。

運動を組み合わせてリバウンドを防止しましょう


冬は寒さのせいもあり、夏よりも活動量が低下しがちです。

しかし、暑さのせいでダウンしがちな夏よりも、冬のほうが運動をしやすくなり効果につながりやすい季節です。

冬こそ、食事制限だけでなく積極的に運動を組み合わせると、リバウンドしにくく痩せる体質作りにつながります。

だからといってジムに通ったりトレーニングメニューを組んだりと、特別なことが必要なわけではありません。

夏と違って、汗だくになることもないので、「1駅先までウォーキングをする」「エレベーターを使わずに階段を利用する」など、日常生活の中で習慣にしやすい運動を取り入れると持続的な効果につながります。

また、運動をする際は、厚着をしないことが大切です。

手・足・首を温め、上半身はなるべく薄着にするとよいでしょう。

厚着で運動してしまうと、服の中に熱がこもって汗をかき、逆に体を冷やしてしまいます。

寒い日の運動は、保温性が高く汗の吸収がよい速乾性のアンダーを着用し、温度調整ができる服装がおすすめです。

運動を始める前には、必ずストレッチなどウォーミングアップをおこないましょう。

冬は食べ過ぎてしまう傾向があるので注意が必要です

冬は、パーティーや集まりなど食事の楽しみが多い季節でもあり、普段より食べる量が増える傾向にあります。

そのため、夏に目標体重まで痩せられたとしても秋から冬にかけてリバウンドしてしまい元に戻ってしまった、という声もよくききます。

冬にリバウンドしないためには、食べ過ぎないことが一番大切です。

寒さで活動量が低下していることもあるので、食べ過ぎてしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。

食べ過ぎを防止するために、時には、炭水化物を控え目にする、スイーツを我慢するなど、食欲をコントロールすることも必要になってきます。

食生活が乱れがちになるので、栄養バランスが整った食事を意識的に取り入れましょう。

また、冷え防止や血行促進のために、季節の野菜や香辛料を使った温かい食べ物を積極的に摂取することをおすすめします。

低糖質食材でもある白菜や大根、小松菜やきのこ類などは、秋から冬にかけて旬になるので美味しく食べることができます。

スープや味噌汁などにショウガを入れるなど代謝アップにつながる香味野菜も、効果的です。

(まとめ)ダイエットしても冬になるとリバウンドしやすいですか?

1. 寒い冬のほうが実はリバウンドしない痩せる体質を作りやすい

冬のほうが、実は、暑い夏よりもダイエットに適していて、痩せる体質になりやすい季節といわれています。

体温を保持するために、体内に蓄積されている脂肪がエネルギーになって燃焼し代謝が高まるため、痩せやすくなるといわれています。

2. 冷えからくる血行不良はリバウンドを招きます

冬は冷えることにより血液の流れが悪くなり血行不良になりがちです。

血行不良になるとエネルギーが体全体へめぐりにくくなるので、内臓から温めて、血行を促すことで代謝がアップすると、リバウンドを防止につながります。

3. 運動を組み合わせてリバウンドを防止しましょう

冬こそ、食事制限だけでなく、積極的に運動を組み合わせると、リバウンドしにくく痩せる体質作りが期待できます。

夏と違って汗だくになることもないので、日常生活の中で習慣にしやすい運動を取り入れると持続的な効果につながります。

4. 冬は食べ過ぎてしまう傾向があるので注意が必要です

冬にリバウンドしないためには、食べ過ぎないことが一番大切です。

寒さで活動量が低下している状態で食べ過ぎると、あっという間に体重が増加します。

食生活が乱れがちになるので、栄養バランスが整った食事を意識的に取り入れましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る