禁酒して痩せた場合、ダイエット後にリバウンドしますか?

低糖質のお酒を選びリバウンドしない飲み方を意識しましょう


お酒を飲む習慣を持っている方は、ダイエットを機に禁酒を決意することがあるかもしれません。

お酒は、種類や飲み方によって糖質を多く含むものがあるからです。

糖質量の多いお酒として、日本酒、ビール、梅酒などの果実酒があげられます。

また、お酒自体の糖質量がごく少量でも、割って飲む場合は注意が必要です。

焼酎、ジンやウォッカなどのスピリッツ系は、糖質をほとんど含みませんが、炭酸ジュースで割ってレモンサワーにしたり、カクテルにしたりすると意味がありません。

口あたりのよい甘いお酒は、つい飲み過ぎてしまい糖質過剰になりがちです。

そもそも、アルコールを摂取すると血糖値が低下し、空腹感が強くなります。

また、アルコールによる刺激で食欲のコントロールがしにくくなり、気が付かないうちに普段より多く食べてしまう傾向にあるといわれています。

リバウンドを防ぐためには、お酒の量や飲み方、おつまみの種類など気をつけるとよいでしょう。

ダイエットを機に、飲酒の方法を見直し生活習慣を整えることも大切です。

飲酒とダイエットの関係を知るとリバウンドが予防できます

そもそも、なぜお酒は太りやすいといわれているのでしょうか。

体内にアルコールが入ると、肝臓でアセトアルデヒドという成分に分解し水分と炭酸ガスになって体の外に排出します。

アセトアルデヒドは、体にとって悪影響を及ぼす有毒成分のため、飲酒中の肝臓はアルコールを分解して解毒することを優先して作用します。

そのため、肝臓がアルコール分解中に糖質を摂取すると、糖から生成されるグリコーゲンを肝臓に貯蔵することができなくなってしまいます。

肝臓にグリコーゲンが貯蔵されないと、体はエネルギー不足と認識し、血糖値は低いままの状態になってしまします。

すると、低血糖状態となり、たくさん食べていても空腹を感じてしまうのです。

お酒を飲んだときは、普段は食べられなくてもシメのラーメンなど、量の多い炭水化物を食べることが可能になるのは低血糖が原因と考えられています。

また、アルコール成分により、血液の巡りがよくなり心臓や消化器官が活発になります。

飲酒量と食欲を抑えるために、飲み方を工夫することが大切になります。

お酒の種類によって糖質が含まれる量は変わります


炭水化物ダイエット中の場合、1日に摂取してもよい糖質量を意識して食生活を組み立てている方も多いと思います。

厳しい制限の場合、1日の糖質量は60g程度で、白米1膳分くらいを摂取目安としているといわれています。

このような糖質制限をしている食事にお酒をプラスすると、食べられる糖質量が変わってくるので注意が必要です。

例えば、普通のビール500 mLで、およそ15gの糖質量が含まれています。

しかし、ビールから糖質を摂取してしまうと食事からの糖質補給がほとんどできなくなってしまい、栄養バランスを崩すおそれがあります。

また、紹興酒、日本酒、氷砂糖と焼酎で漬ける梅酒なども、糖質量が多いお酒です。

一方で、糖質量がごくわずかなお酒もあります。

焼酎、ウィスキー、ウォッカやジンなどのスピリッツ、ワインなどがあげられます。

ただし、低糖質のお酒であってもジュースや果実で割ってレモンサワーやカクテルにした場合は、当然甘いお酒なので糖質が増えます。

いまは糖質オフのビールやカクテルなどの商品も選べるので、糖質量を意識して、飲み過ぎない酒量を心がけましょう。

禁酒をしなくてもリバウンドしない飲み方を身につけましょう

お酒は、飲み方さえ工夫すれば、ダイエットのストレスが軽減され、リラックスの効果も期待できます。

太らないよう上手にお酒を取り入れるためには、飲み方がポイントになります。

ダイエット中の食事方法と同じ考え方ですが、「空腹時にビールを一気飲みする」といった飲み方は、血糖値の乱高下を引き起こし、その結果、食欲も増加します。

勢いでガブ飲みせずに、ウィスキーなどゆっくりと飲めるお酒を選ぶのもおすすめです。

また、お酒にはおつまみがつきものです。

揚げ物や濃い味付けのものを食べてしまいがちになり、高カロリーで糖質が多い食事になってしまいます。

例えば、豆腐や枝豆など高タンパクのものを最初に食べておくと、アルコールの吸収を抑え空腹も回避できるので、飲み過ぎを抑制する効果があるといわれています。

お酒を飲むときは、ミネラルウォーターを用意し、水分を摂りながら飲む習慣をつけましょう。

アルコールが分解されやすくなり、そうすれば尿になって体外に排出されます。

(まとめ)禁酒して痩せた場合、ダイエット後にリバウンドしますか?

1. 低糖質のお酒を選びリバウンドしない飲み方を意識しましょう

お酒を飲む習慣を持っている方は、リバウンド防止のために無理に禁酒をするのではなく、お酒の量や飲み方、おつまみの種類などに気をつけるとよいでしょう。

ダイエットを機に、飲酒方法を見直し、生活習慣を整えることも大切です。

2. 飲酒とダイエットの関係を知るとリバウンドが予防できます

肝臓がアルコール分解中に、糖質を摂取すると、肝臓にグリコーゲンが貯蔵されなくなります。

体はエネルギー不足と認識し、低血糖状態になり、たくさん食べていても空腹を感じます。

飲酒量と食欲を抑えるために、飲み方を工夫することが大切です。

3. お酒の種類によって糖質が含まれる量は変わります

糖質制限をしている食事に、お酒をプラスすると、食べられる糖質量が変わってくるので注意が必要です。

糖質オフのビールやカクテルなど市販品も取り入れ、糖質量を意識して飲み過ぎない酒量を心がけることがポイントです。

4. 禁酒をしなくてもリバウンドしない飲み方を身につけましょう

勢いでガブ飲みせずに、ウィスキーなどゆっくりと飲めるお酒を選ぶのもおすすめです。

また、高タンパクのものを最初に食べておくと、アルコールの吸収を抑え空腹も回避できるので、飲み過ぎを抑制する効果があるといわれています。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る