炭水化物ダイエットでリバウンドしない栄養摂取方法は?

タンパク質を中心にした栄養バランスの良い食事が大切です


炭水化物ダイエット中は、糖質を制限した食生活で食事量が少なくなり栄養不足を引き起こすことがあります。

そこで、糖質を控えていても体の活動に必要なエネルギーが不足しないために、ダイエット中でも摂取可能な食材を選び積極的に食べることが大切です。

主食であるごはんやパン、麺類などの炭水化物を控え目にする代わりに、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含むおかず中心の献立を意識すると良いでしょう。

特に、糖質を制限しているときはタンパク質が不足しがちになるといわれています。

タンパク質が不足して筋肉量が減ってしまうと、体の代謝が低下していきます。

すると、脂肪や糖のエネルギーが燃えにくくなり太りやすい体質になってしまうため、目標体重のキープが難しくなりリバウンドしてしまいます。

タンパク質は、筋肉や内臓、皮膚や髪の毛を形成する栄養素なので、不足すると美しく健康的に痩せることが難しくなります。

リバウンドせずに目標体重をキープするためには、ダイエット中でも栄養バランスの良い食事を摂り、体の活動に必要なエネルギーをしっかりと補給することがポイントになります。

おかず中心の献立で栄養バランスを整えます

糖質制限をおこなう炭水化物ダイエットでは、主食であるごはんやパン、麺類などの摂取量を減らし、おかずを増やす食事を心がけます。

例えば、朝食、昼食の主食の量を半分にして、夕飯は主食を抜くといった方法です。

そして、減らした炭水化物を補うために、おかずの量を増やします。

糖質や脂質が少ない食材を選び、主菜、副菜2品、汁物を組み合わせるのがおすすめです。

赤身肉や青魚の主菜、野菜や海藻の副菜を2品、野菜や豆腐の味噌汁などをつけると、栄養バランスも整い満腹感も得られます。

単純に食べる量を減らしてした場合、一時的に痩せるかもしれませんが、目標体重をキープすることは難しいといわれています。

体と脳は、充分な栄養補給がされていると感じていなければ、食欲が強くなる傾向があります。

その結果、ドカ食いに走ってしまい、あっという間にリバウンドをしてしまうのです。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含む食材で、おかずの品数を増やし、栄養バランスを整えながら満腹感を味わうことも、リバウンドを防ぐためには大切になります。

リバウンド防止にはしっかりと食べることも大切です


「ダイエット中だから食事やおやつを極力食べない」という方法をとる方がいます。

このような極端なダイエットをおこなうと、一時的に痩せることはできても長期的な体重キープは難しく、リバウンドしやすくなるといわれています。

リバウンドしないダイエットのためには、栄養バランスの良い食事をしっかりと摂取し、筋肉を増やすために適度な運動を取り入れると効果が期待できます。

筋肉は、体のエネルギー源である糖質と脂質を燃やして代謝を高める役割を担っています。

そのため、ダイエットによって筋肉量が減ると、代謝も当然低下してしまい、燃焼しにくい体になっていきます。

すると、体に蓄積されている脂肪がエネルギーとして消費されることなく、貯まっていくため太りやすくなってしまいます。

リバウンドをしない痩せる体質を作るためには、タンパク質をしっかりと補給し筋肉量をキープしながら代謝の高い活動的な体を作ることが重要になります。

また、空腹を我慢しすぎると血糖値の乱れにつながります。

ナッツや市販されている糖質オフスイーツなどを活用すると、気持ちに余裕ができるためダイエットのイライラも軽減し過食防止につながります。

ダイエットで栄養不足になると健康を損ねることもあります

「短期間のダイエット中だから食べなくても大丈夫」と思い、極端なダイエットに取り組む人が意外と多いです。

一品だけを食べ続ける○○ダイエットや、食事抜きダイエットなど、過度な食事制限をおこなっても痩せる体質を作ることは難しいでしょう。

炭水化物ダイエットの目的は、一時的な体重減少ではなく、代謝の高い痩せる体質を作ることにあります。

そのためには、栄養バランスの良い食生活で、健康的に美しく目標体重を目指すことがポイントになります。

ダイエットのせいで栄養不足に陥ると、心身ともに不調を招き健康を損ねる場合があります。

肌荒れや髪のパサつきなど見た目がやつれた感じになっていき、便秘や慢性的な疲労感を引き起こします。

また、ダイエットによるストレスでイライラしたり、眠れなくなったりすることも考えられます。

単純に体重を減らすことを目指すのではなく、健康的に美しく理想の体重を目標にするダイエットを実践しましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットでリバウンドしない栄養摂取方法は?

1.タンパク質を中心にした栄養バランスの良い食事が大切です

主食の炭水化物を控え目にする代わりに、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含むおかず中心の献立を意識すると良いでしょう。

特に、タンパク質が不足して筋肉量が減ってしまうと、体の代謝が低下していくので注意が必要です。

2. おかず中心の献立で栄養バランスを整えます

炭水化物ダイエットでは、主食の摂取量を減らしおかずを増やす食事を心がけます。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含む食材で、おかずの品数を増やし、栄養バランスを整えながら満腹感を味わうこともリバウンドを防止につながります

3.リバウンド防止にはしっかりと食べることも大切です

リバウンドしないためには、栄養バランスの良い食事をしっかりと摂取し適度な運動を取り入れると効果が期待できます。

また、ナッツや糖質オフスイーツなどをおやつに取り入れると、ダイエットのイライラも軽減し過食防止につながります。

4. ダイエットで栄養不足になると健康を損ねることもあります

ダイエットのせいで栄養不足に陥ると、心身ともに不調を招き健康を損ねる場合があります。

肌荒れや髪のパサつきなど見た目がやつれていき、便秘や慢性的な疲労感を引き起こし、ストレスによるイライラや不眠になることもあります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る