炭水化物ダイエットでリバウンドの兆候を疑うのはいつ?

ダイエット後に目標体重をキープできないと注意が必要です


ごはんやパンなどの主食や甘味類を我慢する炭水化物ダイエット。

頑張って乗り越えて目標体重まで減らせると嬉しいものです。

しかし、痩せたからといって油断してしまうと少しずつリバウンドが始まってしまうことがあります。

炭水化物ダイエットは、減量中よりも目標体重をキープするほうが難しいといわれています。

減量に成功して急にダイエット前の食生活に戻してしまうと、あっという間にリバウンドしてしまい、せっかくの努力が台無しになることもあります。

減量成功後であっても、1日に1回は体重計に乗りリバウンドの兆候がないか確認することをおすすめします。

また、体重をキープするためには、ダイエットにかけた期間くらいの時間を使って、ゆっくりと元の食生活に戻していくとリバウンドしにくいとわれています。

2ヶ月で痩せたのであれば、食事も、2ヶ月かけて炭水化物の量を増やしていくと良いでしょう。

リバウンドの兆候を感じることがあれば、運動や食事内容など生活習慣を整えることで体重管理を意識しましょう。

リバウンドの兆候は早めにキャッチしましょう

ダイエットの解放感から、急に元の食事や生活習慣に戻してしまい、気がつくとダイエット前の体重になっていたなんてことがよくあります。

目標体重に達成した油断から、「少しくらいなら大丈夫」とリバウンドに対する意識が低くなっていることもあるでしょう。

リバウンドの兆しを早めに感じ取り、対応策をとることが大切です。

例えば、「今まで我慢できていたものが、たまらなく食べたくなる」などは、リバウンドのサインかもしれません。

白米や麺類、甘味類などの炭水化物は、急激に摂取すると、血糖値が乱高下を起こし食欲のコントロールが難しくなるといわれているからです。

一度にたくさんの量を食べてしまうと止まらなくなる傾向があるので注意が必要です。

そして、糖質の摂取を控えていたダイエット中は、栄養補給が少ない状態に体が慣れています。

「今日だけなら」と、ドカ食いしてしまうと一気に糖質を吸収してしまい体に溜め込んでしまうのでリバウンドにつながりやすいといわれています。

また、目標体重をキープするためには、ダイエット中ほどではないにしろ食事管理に対する意識を持つことが重要です。

食べる順番を、野菜→汁物→主菜→主食にするなど、ゆっくり時間をかけて満腹感が得られるような工夫も効果が期待できます。

目標体重をキープするためには、ゆるやかに元の食事に戻し、食欲を制御する努力が必要です。

ダイエットで低下した代謝をアップすることが大切です


糖質の摂取を控えていたダイエット中は、栄養補給が少ない状態に体が慣れています。

そのため、飢餓状態になっている体を維持するために、少ない糖質摂取量でもエネルギー不足にならないよう、消費するカロリーが少なくなり体にエネルギーを温存しようとします。

結果的に、体の活動に必要なエネルギーとして脂肪が蓄積されてしまい、燃焼しにくい代謝の低い体質になってしまいます。

また、炭水化物ダイエットは、糖質制限により体重が比較的落ちやすいといわれていますが、同時に筋肉も痩せてしまいます。

筋肉は、体内の糖質や脂肪をエネルギーにして活動します。

それゆえ、筋肉量が少ない体は、エネルギーが燃えにくく活動代謝が低い状態になっています。

筋肉が少ない体は、脂肪を溜め込みやすいのでリバウンドにもつながりやすいです。

体重キープのためには、適度な運動を取り入れ筋肉量を増やすことも必要です。

繰り返しダイエットをおこなうと痩せにくい体質をつくります

ダイエットに一度成功すると、リバウンドの兆しを感じても「また痩せられる」と思い食べてしまうことがあるかもしれません。

しかしながら、ダイエットを繰り返すことはとても危険を伴います。

ダイエットにより筋肉が落ちている状態で体重が増加しているのは、脂肪が増えて太ってきている状態です。

すると、体内に蓄積されて脂肪により血圧や血管にダメージを与え、動脈硬化や心筋梗塞など重篤な病気になる可能性が高くなるといわれています。

ダイエット成功後に、蓄積された脂肪を落とすことは、とても大変なことといえます。

一時的に痩せたからといって太りにくい体質になったわけではないのです。

リバウンドの兆候を感じたら、運動と食事制限で早めに取り戻すことが大切です。

体重だけでなく体脂肪率のチェックもおこない、脂肪量と筋肉量のバランスも意識して代謝の高い痩せやすい体質を目指しましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットでリバウンドの兆候を疑うのはいつ?

1. ダイエット後に目標体重をキープできないと注意が必要です

炭水化物ダイエットは、減量中よりも目標体重をキープするほうが難しいといわれています。

リバウンドの兆候を感じることがあれば、1日に1回は体重計に乗り、運動や食事内容など生活習慣を整えることで体重管理を意識しましょう。

2. リバウンドの兆候は早めにキャッチしましょう

「今まで我慢できていたものが、たまらなく食べたくなる」などは、リバウンドのサインかもしれません。

炭水化物は、急激に摂取すると、血糖値が乱高下を起こし食欲のコントロールが難しくなるといわれているため制御する努力が必要です。

3. ダイエットで低下した代謝をアップすることが大切です

体重が減ったダイエット中は、筋肉量が落ち、脂肪を蓄積する活動代謝が低い状態になっています。

体重キープのためには、適度な運動を取り入れて筋肉量を増やし、エネルギーを燃焼する痩せる体質になることが重要です。

4. 繰り返しダイエットをおこなうと痩せにくい体質をつくります

ダイエットに成功すると、リバウンドの兆しを感じても「また痩せられる」と思ってしまうかもしれません。

しかし、ダイエットを繰り返すと、痩せにくくなっていきます。

リバウンドの兆候を感じたら、運動や食事で早めに取り戻すことが大切です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る