ダイエット後のリバウンドにはどのような対処法があるの?

ダイエット法を振り返り、無理ない範囲にして継続しましょう


まずは自分が取り組んだダイエットについて振り返りましょう。

目標体重に早く近づきたくて、短期間に無理な食事制限をしていませんでしたか?

〇〇だけ食べるというような偏った食生活や、食事を抜く生活によるダイエットを行うと筋肉量が減ってしまうため、代謝が落ちてしまいます。

代謝が落ちると、ダイエット前と同じ食生活をしていても、摂取したカロリーを消費しきることができないため残った分は体脂肪として体に蓄えられてしまいます。

このため、今まで以上に太りやすくなるのです。

リバウンドを防ぐためには、短期間の急激なダイエットをしないことが大切です。

ダイエット中には正しい食生活と運動習慣を身につけ、それを、ダイエット終了後も、無理のない形で継続していくことがリバウンドを防ぐために必要だからです。

そうはいっても、リバウンドが起きてしまった場合には、まずは基礎代謝を上げるため、運動量を増やして筋肉をつけるように心がけましょう。

また、ダイエット終了後も、毎日の体重計測の習慣は維持して、体重の増加傾向が感じられたら早めに対処していくことが肝心です。

気づいたときには3キロも増えていた、となってから減量に取り組むことはとても大変です。

早めの対処で、リバウンドしはじめを乗り切りましょう。

ダイエット法を振り返り、ダイエット終了後も無理なく継続できる正しい食生活、運動習慣によってリバウンドに対処することが大切です。

筋肉を増やして代謝を上げることがリバウンド対処法の第一歩

体重が目標まで落ちてダイエットを終えたとしても、全てを元の生活に戻してしまっては、すぐにリバウンドしてしまいます。

ダイエット終了後3ヶ月間程度、体重維持することができて初めて、ダイエット成功といえます。

それには、急激に体重を減らすのではなく、緩やかに目標体重を目指すダイエットを行うことが大切です。

無理な食事制限を行うと短期間で目標体重に近づくことができるかもしれませんが、筋肉量が減ってしまうため、代謝が落ちてしまいます。

リバウンド傾向が感じられたら、まずは運動負荷を上げて、筋肉を増やすことを目指しましょう。

筋肉が増えれば代謝が上がるので、消費カロリーを増やすことができます。

ダイエットを終えたからといって運動も一切やめてしまうのではなく、日常生活の中にウォーキングやストレッチなどの習慣を上手に取り入れて、リバウンドに対処しましょう。

無理なく継続できる正しい食生活を身につけましょう


心身ともにストレスのかかる食事制限では、ダイエット終了後も同じ食生活を送ることは不可能なので、ダイエット前の元の食生活に戻ってしまいリバウンドが起きます。

また、ストイックすぎる食事制限によって体の筋肉量が減ってしまうと、代謝が落ちてしまいます。

継続した運動習慣を取り入れて代謝を上げたら、タンパク質と食物繊維、ビタミン、ミネラルをしっかりとれるバランスのよい食生活を心がけることで健康的に体重維持していきましょう。

ダイエット中ではないのでストイックな食事制限の必要はありませんが、今日は食べ過ぎてしまったなと感じたときにはその後、数日かけて食事の量を調整するなど、長期的な視点で取り組みましょう。

1食毎に神経質になりすぎてストレスをためると、その後の過食の原因にもなりますから、無理のない食生活を心がけましょう。

低糖質食品でストレスなく3食食べることを継続しましょう

やっとダイエットを終えて目標体重になったのですから、ストレスなく生活したいとは誰もが思うところです。

そこで、低糖質食品による置き換えを行って、ダイエット前の食生活と大きな差をつけないで糖質の量を減らしてリバウンドに対処してみましょう。

糖質をとりすぎてしまうと体脂肪の燃焼が後回しになってしまうため、体脂肪が減りません。

また、摂取した糖質によって上がる血糖値を下げるために分泌されるインスリンは、余った糖質を体脂肪にかえるはたらきがあるため、リバウンドの原因にもなってしまいます。

毎日の食事で低糖質食品の置き換えを行うと、血糖値の急上昇とインスリンの過剰分泌を抑えることができるので、リバウンドの原因を取り除くことにつながります。

低糖質食品は種類も多く、献立の選択肢も広がるので、無理なく3食食べることができます。

また、複雑な計算をしなくても、主食を低糖質食品に置き換えるだけで効果があるのでとても簡単です。

しっかりバランスよく様々な栄養を摂取しながら、満腹感を得ることができるため、ストレスを感じないで継続することができるでしょう。

(まとめ)ダイエット後のリバウンドにはどのような対処法があるの?

1. ダイエット法を振り返り、無理ない範囲にして継続しましょう

ダイエット中には正しい食生活と運動習慣を身につけ、それをダイエット終了後も無理のない形で継続していくことがリバウンドを起こさないために大切です。

しかし、リバウンドが起きてしまった場合には、運動量を増やして筋肉をつけ、代謝を上げることを心がけましょう。

2. 筋肉を増やして代謝を上げることがリバウンド対処法の第一歩

リバウンドしてしまったら運動負荷を上げて筋肉を増やすことを目指しましょう。

筋肉が増えれば代謝が上がるので、消費カロリーを増やすことができます。

ダイエット終了後もウォーキングやストレッチなどの運動習慣を維持しましょう。

3. 無理なく継続できる正しい食生活を身につけましょう

ダイエット後はストイックな食事制限までの必要はありませんが、食べ過ぎには気をつけて、バランスのよい食生活を心がけることで健康的に体重維持していきましょう。

1食毎に食べたものに神経質になるのではなく、数日単位で調整するようにしましょう。

4. 低糖質食品でストレスなく3食食べることを継続しましょう

低糖質食品による置き換えを行って、摂取する糖質の量を減らしてリバウンドに対処してみましょう。

栄養バランスのよい食事を3食満足に食べることができるので、ストレスなくリバウンドを防ぐことが期待できます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る