ダイエット後にリバウンドで体重が増えないようにできるの?

はい、ダイエット後の規則正しい生活にかかっています


ダイエットをやめたからといって、せっかく取り入れたバランスのよい食生活、運動習慣を全て元に戻してしまっては、リバウンドが起こってしまいます。

だからといって厳しい食事制限や糖質制限をずっと続ける必要があるわけではなく、規則正しい生活を無理なく続けることでリバウンドを防ぎましょう。

まずは、ダイエット後も消費エネルギー以上に食べ過ぎてしまわないように心がけることが大切です。

早食いは満腹感が得られにくいため、食べ過ぎの原因になります。

食事の際には栄養バランスを意識して、タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり取り入れられるよう、肉・魚介・卵・大豆製品に野菜・海藻・キノコなどをたっぷり組み合わせましょう。

また、無理なく継続できるような運動やストレッチを生活に取り入れ、摂取したカロリーを積極的に消費するようにしましょう。

さらに、糖質制限の手法のポイントをいかして、一部の食品を低糖質食品に置き換えることもよいでしょう。

ダイエット後は、ダイエット中のように厳しい条件で取り組む必要はありませんが、ダイエット中に身につけたよい生活習慣を維持して、リバウンドを防ぎ、健康を維持しましょう。

消費カロリー以上に食べ過ぎないようにしましょう

摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうと、余剰分は体に蓄えられてしまいます。

満腹感がしっかり得られるように、よく噛んで食べ、腹8分を心がけて食べ過ぎを防ぎましょう。

また、日中はよく活動するので朝食と昼食はしっかりとる一方で、夜は消費エネルギーが小さいので軽めの食事をとるようにしましょう。

特に夜9時以降に食事をとると、そのカロリー分を寝るまでに消費することは難しいので、食事の時間が遅くなったら食事をとらないようにするか、夕方の早い時間におにぎりなどの軽食をとるようにするとよいでしょう。

仕事上、断ることのできない会食や忘年会、歓送迎会などではカロリーオーバーになりがちです。

一時的に食べ過ぎてしまったことを神経質に気にするのではなく、その後、数日かけて食事の量を調整して体重を元に戻すイメージを持つとよいでしょう。

長期的な展望を持って食事のバランスをとることが、リバウンドを防ぐためのコツです。

無理なく続けられる運動習慣と規則正しい生活習慣を維持しましょう


摂取カロリーを抑えるだけではなく、消費カロリーを増やすために、日常生活の中に無理なく運動を取り入れましょう。

ウォーキングや階段の上り下り、ストレッチなどの運動を積極的に行いましょう。

1日の活動量を増やすことで消費カロリーを増やすことができます。

また、筋肉が落ちてしまうと、代謝も落ちてしまいます。

ダイエット中に取り組んでいた運動程の負荷でなくても構わないので、せっかく得た筋肉を維持できるように運動を続けましょう。

また、早寝・早起きを心がけ、夜型の生活をやめることも効果的です。

胃腸のはたらきがよくなり、体調もよくなるので活動的になることができて、消費カロリーを増やすことにつながります。

リバウンドの防止だけではなく、健康の維持のためにも適度な運動と規則正しい生活を心がけましょう。

低糖質食品を上手に取り入れましょう

体を動かすための消費エネルギー源、優先順位は、1.糖質、2.体脂肪、3.タンパク質 です。

そのため、糖質を制限した食事をとることは、体脂肪を落とす手助けとなり、リバウンドを防ぐことができます。

ご飯やパン、麺類などの主食には、多くの糖質が含まれています。

例えば、朝食のトーストを低糖質パンに替える、昼食のパスタを低糖質パスタに替える、夕食の主食を抜いておかずを中心に食べるなどの工夫を行うことで、1日にとる糖質の量を無理なく減らすことができます。

最近は低糖質食品の種類も増えていますし、バラエティに富んだ献立を考えることができるので、一般的な食事制限よりもストレスなく3食食べることが可能です。

低糖質スイーツを自分へのご褒美として活用することもおすすめです。

ダイエットを終えたというのに食事に対して無理をすることは大きなストレスです。

低糖質食品への置き換えを取り入れることで無理なくリバウンドを防ぎましょう。

(まとめ)ダイエット後にリバウンドで体重が増えないようにできるの?

1. はい、ダイエット後の規則正しい生活にかかっています

ダイエットをやめたからといって、習慣を全て元に戻してしまっては、リバウンドが起こってしまいます。

ダイエット中のように厳しい条件で取り組む必要はありませんが、よい食生活習慣、運動習慣を維持してリバウンドを防ぎましょう。

2. 消費カロリー以上に食べ過ぎないようにしましょう

摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうと、余剰分は体に蓄えられてしまいます。

満腹感がしっかり得られるようによく噛んで食べ、腹8分を心がけて食べ過ぎを防ぎましょう。

長期的に摂取カロリーをコントロールしましょう。

3. 無理なく続けられる運動習慣と規則正しい生活習慣を維持しましょう

ウォーキングや階段の上り下り、ストレッチなどの運動を積極的に行い、消費カロリーを増やしましょう。

代謝を落とさないために、ダイエット中につけた筋肉を維持する必要があるので、運動習慣と規則正しい生活を心がけましょう。

4.低糖質食品を上手に取り入れましょう

低糖質食品を取り入れることで、バラエティに富んだ献立をたてることができ、一般的な食事制限よりもストレスなく3食食べることが可能となります。

低糖質食品への置き換えを取り入れることで無理なくリバウンドを防ぎましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る