ダイエット中は生理前になるとリバウンドしやすい?

ダイエット中に生理前になるとリバウンドしやすいのは女性ホルモンと関係があります


生理がある女性は周期的に女性ホルモンの分泌量が変化するため、体のあらゆる働きもその周期によって変化します。

炭水化物ダイエットで食事制限を続けていたとしても、生理前には痩せにくくなり逆に生理後には痩せやすくなるというサイクルが生じます。

痩せにくい時期にダイエットを諦めがちですが、そのままの生活を続けることでその後の痩せやすい時期を迎えることができるのです。

生理前はホルモン分泌量が変化し痩せにくくなります

生理前になると食欲が増したり体がむくみがちになったりという変化を感じる女性は少なくありません。

そのためダイエットを続けていても、ひどく食欲が出て我慢できなくなった、むくんで体重が増えてしまったということもあるのです。

しかしこれらの変化は女性ホルモンの分泌によって引き起こされている可能性が高く、生理後には食欲やむくみなども落ち着き、再びダイエットに取り組みやすい状態が訪れると期待できます。

女性ホルモンの中でもプロゲステロンは、排卵後から生理が起こるまでの生理前に当たる時期に分泌されるホルモンで、強い食欲やむくみなどを引き起こす原因とされています。

水分を体内にとどめようとする働きがあるため、便が硬くなり便秘がちになることもあります。

この時期には妊娠に備えて子宮内膜を厚くし、胎児と母体のためにしっかり栄養を蓄える目的で食欲が増大されるのです。

無理のないダイエットを生理前も継続しましょう


生理前になったからといって、それまでのダイエットの成果が全てムダになるわけではありません。

なぜそうなっているかという体の状態を把握して上手に生理前を乗り切ることで、再びダイエットで痩せることができるようになります。

生理前に行えるダイエットの仕方

妊娠に備えた体の状態にあることから、無理に食事量を減らしたり偏った栄養バランスになったりしているとさらに食欲が増す可能性があります。

そのため、必要な栄養素をバランスよく取れる食事を適度に食べて生理前を過ごしましょう。

炭水化物ダイエットの場合は、全く炭水化物を取らないのではなくこの時期には少量でも取ることで体を落ち着かせてあげましょう。

食欲に負けてお菓子に手が伸びてしまう時期でもありますが、お菓子を食べる位なら食事の満足感をアップさせるために、ダイエット中に我慢してきた食べ物を少し解禁するのもひとつの方法です。

例えば揚げ物を1品だけ食べる、味付けをやや濃いめにするなどのやり方で、その分たっぷりの野菜を取ることを心がけましょう。

そして、運動はそれまでのダイエットと同様に行うようにし、体を動かすことはイライラや不安になりやすい生理前の気分転換にもなるのでおすすめです。

食欲に負けそうな時は豆乳を飲んで乗り切りましょう

食欲が増してしまう生理前の時期に無理して食欲を抑え込もうとすると、我慢しきれずリバウンドを招く恐れがあります。

しかし食べてしまうと我慢ができなくなりそうという時は、豆乳を活用して乗り切る方法を試してみましょう。

豆乳は女性ホルモンを補う働きが期待されている「イソフラボン」を含んだ飲み物なので、ダイエット中だけでなく生理前など女性のあらゆる悩みにうれしい働きを持つと言われています。

この豆乳をダイエット中の生理前に飲むには、数ある豆乳飲料の中でも「無調整豆乳」を選びましょう。

甘く味が付いた飲みやすいタイプの豆乳も多数ありますが、糖分が多く含まれておりカロリーが高いためダイエット中にはおすすめしません。

豆乳の濃度も薄い可能性があるので、選ぶなら無調整豆乳にしましょう。

そして飲む量は1日200mlが適量で、飲みすぎると体にとって好ましくないためこの量を守るようにすることが大切です。

食欲を抑えるために飲む時は一気に飲んでしまいそうになりますが、小分けにして飲むなどして飲みすぎには注意しましょう。

(まとめ)ダイエット中は生理前になるとリバウンドしやすい?

1.ダイエット中に生理前になるとリバウンドしやすいのは女性ホルモンと関係があります
女性は生理周期によって体内のホルモンバランスが変化し、生理前には痩せにくく生理後には痩せやすいというサイクルがあります。

そのため痩せにくいからとダイエットを辞めずそのまま継続することがおすすめです。

2.生理前はホルモン分泌量が変化し痩せにくくなります

生理前になると分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」は、妊娠に備えて子宮内膜を厚くし胎児と母体のためにしっかり栄養を蓄えようとする働きがあります。

そのため食欲が増し、むくみがちになるため痩せにくくリバウンドしやすい時期と言えます。

3.無理のないダイエットを生理前も継続しましょう

生理前の時期を上手に乗り切るには、栄養バランスのとれた食事を適度にとって体を満足させてあげることです。

継続して運動も行えば、生理前のイライラや不安が生じがちな時期の気分転換もできおすすめです。

4.食欲に負けそうな時は豆乳を飲んで乗り切りましょう

生理前で食欲が増した時は、豆乳を適度に飲んでみましょう。

無調整豆乳を1日200ml程度飲むと、生理前の不調にもうれしい働きが期待でき、ダイエットの辛さを緩和してくれるはずです。

ただし豆乳の飲みすぎには注意して適量を守るようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る