食事制限でダイエットするとリバウンドしやすい?

短期間に痩せる食事制限でのダイエットはリバウンドしやすくなります


食事制限でも単品だけを食べる方法や食事抜きでダイエットした場合、短期間で成果が出しやすいものの、その後リバウンドの可能性が高くなります。

これは食事を制限することで体に入るエネルギーの量が減ったため、体は省エネの状態に切り替わり、少ないエネルギーでも生きられるよう調整をするからです。

そして、目標体重を達成したあとダイエット前の食事に戻すと、省エネ状態の体にとって余分なエネルギーが多くなるため、脂肪として蓄積されリバウンドしてしまうのです。

食事制限は消費エネルギー量が減ってしまいます

単品だけに絞ったり食事を抜いたり食事制限でのダイエットでは、体に取り込むエネルギー量がそれまでよりも大きく下がり、脂肪などを燃焼させることから短期間で体重を落としやすい方法です。

しかし、体が食事の少ない状態に慣れてくるとその状況でも生命を維持できるように使うエネルギー量を減らすよう調整するようになります。

すると、食べる量が同じでも消費するエネルギー量が少なくなり余るエネルギーが増え、その分が脂肪として蓄積されてしまいます。

これがリバウンドになるのです。

リバウンドを防ぐには、1か月当たの体重減少を体重の5%以下に抑えることがポイントです。

それに食事制限だけで運動を行わなかった場合、脂肪よりもエネルギーにしやすい筋肉から先に消費されてしまうため体重が減ったとしても体脂肪率が上がってしまったという状況になりかねません。

運動を行いながらであれば筋肉量を維持しつつ脂肪を落とすことも期待できるため、食事制限をするのなら筋力維持のための運動も合わせて行いましょう。

満腹感がリセットされるまでには時間がかかります


極端な食事制限をして食べる量を減らしていると、それに合わせて満腹中枢は少ない食事でも満腹感が得られるように調整をします。

すると満腹中枢を刺激する成分「レプチン」の量も少なくなり、食事による大きな満足感を得ることが難しくなります。

しかし、体重が落ちたり諦めたりしたために食事をダイエット以前の内容に戻しても、レプチンの分泌量はすぐには変わらないためたくさん食べてもなかなか満足しない状態になり、つい食べ過ぎることが出てきます。

ダイエット後にリバウンドするのは、この食べ過ぎも原因のひとつと言われているのです。

レプチンの分泌量が元に戻るために必要な期間は1か月と言われており、その間はダイエット中の生活を続けておくことがリバウンド防止につながるとされています。

ダイエット中にはエネルギー摂取の仕方を糖質少な目に変えましょう

食事制限をする時は短期間で行わず、少しずつ行って体に飢餓状態ではないことを認識させることがポイントです。

そのためには偏った食事にするよりも、栄養バランスの良い食事内容を心がけその中で食べ過ぎやカロリーの高いものを控えるといったポイントを押さえていきましょう。

そして筋肉が増えるとエネルギー消費量のアップにもなるため、筋力の維持をしながら食事制限を行う必要があり、継続して筋肉を刺激する運動を続けることがおすすめです。

例えば自分の体重を使っての筋力トレーニングやストレッチなどを行ってはいかがでしょうか。

低糖質の食事を取り入れる

糖質はエネルギーの元になりますが、余れば脂肪としてため込まれてしまう栄養素です。

そのため、必要最低限の糖質を取るようにすると余分な脂肪がつくことを防ぐのに役立ちます。

この点に気を付けた食事内容で、筋肉をつくるために欠かせないたんぱく質をしっかり取れるようにすると、筋肉量を維持または増やしながら体重と体脂肪率のダウンに取り組めます。

たんぱく質は筋肉をつくるだけでなく、エネルギー源としても使える栄養素のため糖質の量をセーブしてもたんぱく質をきちんと取っていれば、エネルギー不足になることもないでしょう。

そして取ったたんぱく質を筋肉にするためにも継続して運動をするようにしましょう。

(まとめ)食事制限でダイエットするとリバウンドしやすい?

1.短期間に痩せる食事制限でのダイエットはリバウンドしやすくなります

単品ダイエットや食事抜きのダイエットを行うとリバウンドの可能性が高いです。

体に入るエネルギー量が少ないと、体はそれでも生きられるよう消費エネルギー量を減らすため、ダイエット前の食事量では余分が生じてリバウンドしてしまいます。

2.食事制限は消費エネルギー量が減ってしまいます

食事制限でのダイエットは短期間で体重が落ちやすいものの、筋肉量も減りリバウンドが起きやすくなります。

そのため食事制限をする時は1か月で体重の5%までの減量にし、筋力維持の運動もあわせてすることがおすすめです。

3.満腹感がリセットされるまでには時間がかかります

満腹感は満腹中枢をレプチンという成分が刺激することで感じるものですが、ダイエット中はその量が少なくなっています。

その状態でたくさん食べてもなかなか満足できないことから食べ過ぎてリバウンドしてしまいます。

4.ダイエット中にはエネルギー摂取の仕方を糖質少な目に変えましょう

食事制限でダイエットを成功させるコツは体に飢餓状態を認識させないことで、そのためには栄養バランスのとれた食事や運動が必要です。

また脂肪の元になる糖質の量を減らす方法もあり、この場合たんぱく質をしっかり取って運動も欠かさないようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る