炭水化物ダイエットでリバウンドしやすい時期はいつ?

炭水化物ダイエットで痩せたあとがリバウンドしやすい時期です


炭水化物ダイエットのような食事制限の場合、ダイエットの結果が出るのが早いというメリットはありますが、反面リバウンドの可能性も高いというデメリットも持っています。

特にリバウンドしやすい時期はダイエットが成功したあとで、痩せた状態を維持するには1か月ほどの期間が必要ですが、その時ダイエット前のような食事をしてしまうとリバウンドしてしまう可能性があるのです。

そのためダイエットが終わってからも引き続き食事内容や運動に気を付けていくことがリバウンド防止になります。

ダイエット後は体が元に戻ろうとするためリバウンドしやすくなります

人間の体には恒常性というものがあり、これは常に同じ状態でいられるよう保つ働きです。

ダイエットで体重が減ると本人の意識としてはうれしいものですが、体にとっては体重が急に減少することは異常な状態に当たります。

そのため、以前の体重に戻そうと働き、エネルギーを吸収してため込もうとするのです。

それに、急激に体重を落として体に飢餓状態だと感じさせるようなダイエットの仕方では、体に入るエネルギーの量が少なくなるためそれに対応できるよう恒常性が働きます。

その結果体重が減ったとしても、目標体重に達成したあとも体は省エネで動くような仕組みになってしまっており、食事内容をダイエット以前のものに戻すと余分なエネルギーが増えるためリバウンドして太りやすくなるのです。

しかし、恒常性が働き始める体重の減少にも基準があり、1か月で5%以内の体重減少にとどめる緩やかな減量を行う必要があるでしょう。
痩せた状態が体にとって普通の状態となれば、エネルギーが余ってため込もうとする働きも予防できます。

痩せた直後の満腹中枢の変化にも注目しましょう


満腹中枢とは食事をした時に満腹感を得させる、脳の視床下部にある組織です。

食事で血糖値が上がったことを感知するとどれだけのエネルギーが必要かを判断し、必要な量が満たされると満腹を感じさせます。

ダイエット中に食べる量を減らしていると満腹中枢を刺激する成分「レプチン」もだんだんと少ない食事の量で感じられるようになってくるため、自然と食べる量を調整することができてきます。

しかし炭水化物ダイエットで目標体重を達成したあとに食べる量を戻すと、レプチンが少ないために満腹感を得にくくつい食べ過ぎてしまうのです。

するとたちまちリバウンドしてしまうので、痩せたあと最低1か月間は食べる量をそのまま継続して体に定着させるようにしましょう。

炭水化物ダイエットのような食事制限で痩せる方法は停滞期に入って痩せにくくなった時、ダイエットの継続を諦めるとすぐにリバウンドする危険性があります。

短期間で痩せたあと、痩せた状態を維持したいのならたとえ痩せにくい停滞期でもあと1か月間はダイエット中と同じ生活を送ることをおすすめします。

高タンパク低糖質の食事と筋肉を増やす運動を続けましょう

炭水化物ダイエットでは炭水化物の量を制限することが目的ですが、その時はたんぱく質をしっかり取ることを心がけましょう。

体の活動に必要なエネルギーもたんぱく質をたっぷり取っていればそこから得ることができます。

しかし、ダイエットの成果を維持するにはエネルギー消費量を上げるために役立つ筋肉量を増やすことがポイントなので、最低限の糖質も取ることがおすすめです。

高タンパク質低糖質の食事内容

適度に糖質の量を抑えるには、ごはんなど主食の量を減らしてサラダやみそ汁を増やすような方法をとりましょう。

低糖質を心がけるには、コンビニエンスストアや専門店で販売されている専用の食品を利用することもひとつの方法で、忙しい方でも成分に注目する手間がかからず高タンパク低糖質の食品を取ることができ便利です。

筋肉を増やすための運動

筋肉を増やすには運動して刺激を与え続ける必要があるため、デスクワークが多い方は停滞期以降も継続して運動を積極的に行いましょう。

筋肉量の維持やアップが消費エネルギーの増加にもつながるのでリバウンドしやすい時期を上手に乗り越える役に立ちます。

(まとめ)炭水化物ダイエットでリバウンドしやすい時期はいつ?

1.炭水化物ダイエットで痩せたあとがリバウンドしやすい時期です

炭水化物ダイエットは痩せたあとにリバウンドが起こりやすく、痩せた状態をキープするには1か月間はダイエット中のような生活を送ることが必要です。

ダイエット前のような生活スタイルではなく、ダイエット中の食事や運動を続けましょう。

2.ダイエット後は体が元に戻ろうとするためリバウンドしやすくなります

人間の体が持つ恒常性により、体重が減った直後は少ないエネルギーでも活動ができるような状態になっています。

そのため、痩せたすぐあとに元の食事内容に戻してしまうとあまりエネルギーが多くなり脂肪が増えやすく、リバウンドが起こりやすいのです。

3.痩せた直後の満腹中枢の変化にも注目しましょう

満腹中枢が刺激されると満腹感を得ますが、食べる量が制限すると満腹中枢を刺激する成分「レプチン」も次第に減っていきます。

その状態で以前の食事量に戻してしまうとなかなか満腹感が得られず食べ過ぎてリバウンドを招く可能性があるのです。

4.高タンパク低糖質の食事と筋肉を増やす運動を続けましょう

炭水化物ダイエットではしっかりとたんぱく質を取って栄養補給しましょう。

高タンパク質低糖質の食事内容に気を付け、筋肉量の維持とアップにつながる運動を行ってリバウンドしやすい時期を乗り切りましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る