ダイエットのリバウンドはどんな仕組みで起こる?

ダイエットでリバウンドするのは体が痩せにくい仕組みになってしまったからです


ダイエットで体重が減ったと喜んだ時、体脂肪率が減り筋肉量が上がっているかも確認することがポイントです。

もし体重だけの減少であった場合、リバウンドしやすい体になってしまった可能性があります。

リバウンドしやすい体とは筋肉量が減った状態で基礎代謝が下がり、使わないエネルギーが増えて脂肪が付きやすい状態になっていることです。

そうならないために、ダイエットでは体脂肪率と筋肉量にも注目し生活習慣を見直すことがおすすめです。

体重が減ったことだけを注目せず筋肉量や体脂肪率にも注目しましょう

体重を減らすことだけを目的としたダイエットは、比較的早めに結果が出しやすいというメリットがある反面、その分リバウンドしてしまうという可能性がデメリットとしてあります。

そのため、短期間でダイエットがしやすい食事制限のような方法は、その後のリバウンドが心配されます。

では食事制限をしながら運動を行なえば良いかというと、その場合も必要な栄養素が不足し筋肉を十分につくれないどころか、筋肉を消費してしまうので体重は落ちても脂肪率が上がったという結果になりかねません。

ダイエット後にダイエット前と同じ食生活をしていても、以前より太ってしまったり動きにくさを感じたりすることがあれば、それはリバウンドで痩せにくい体の仕組みになっている可能性があります。

したがって、ダイエットをしながらリバウンドしない体の仕組みをつくり維持するには、体重だけに注目せず、筋肉量や体脂肪率まで配慮した内容のダイエットに取り組む必要があるでしょう。

太りにくい体づくりには食事内容にも気を付けましょう


リバウンドを予防できる体づくりをしながらダイエットを成功させるためには、運動だけでなく毎日の食事にも気を配る必要があります。

この時、単品だけを食べたり1食抜いたりするような食事制限は向いていません。

確かに手軽で体重だけなら短期間でも落としやすい方法ですが、リバウンドの可能性は上がってしまいます。

そこで筋肉量を上げてリバウンドも防ぎたい時におすすめの食事は、たんぱく質をしっかりと取り適度に炭水化物も取ることです。

そしてたんぱく質から筋肉をつくる時には分解などの工程でビタミンB群やミネラルも必要になることを知っておきましょう。

筋肉を成長させるためのエネルギーとして必要な炭水化物ですが、取りすぎればダイエットにならず太る原因を作ってしまいます。

そのためたんぱく質をたっぷりと取って低糖質を心がけた炭水化物を取ることがおすすめです。

最近では、コンビニエンスストアなどでも低糖質の食品が豊富に販売されていますので、ダイエット中の食事もおいしく楽しみやすいものが充実しているため低糖質を心がけた食生活にも取り組みやすくなっています。

リバウンドを防ぐには生活習慣の見直しも必要です

リバウンドを防ぐ体の仕組みをつくるには、食生活に気を配るだけでは万全とは言えません。

ダイエットの成果を維持したい時は、次のような生活習慣のポイントを見直して必要があれば改善しましょう。

運動

日頃デスクワークが多いなどの理由で体を動かす機会が少なければ、運動できる時間を継続してとるようにしましょう。

筋肉は負荷をかけるとその分強くなり筋肉量が増加するため、まずは自分の体の重さ程度の負荷をかけた運動を行ってみましょう。

ジムでしっかり運動に取り組むほどまでしなくても、腕立て伏せや腹筋運動など自宅でも行える内容を継続して行うことが大切です。

生活のリズム

睡眠不足やストレスが大きい生活をしていると、食べ過ぎになりやすいだけでなく、体は疲労感があるため運動をする気力がなかなか出てきません。

食べ過ぎと運動不足ではリバウンドしやすくなるので体はよく休めて生活のリズムを整え、適度にストレス解消をしてリラックスできる生活を心がけることで、運動にも前向きに取り組みやすい心身をつくっていきましょう。

(まとめ)ダイエットのリバウンドはどんな仕組みで起こる?

1.ダイエットでリバウンドするのは体が痩せにくい仕組みになってしまったからです

体重が減ったとしても体脂肪率が上がり筋肉量が下がっていればダイエット成功とはいえません。

これは筋肉による基礎代謝量が減ってエネルギーが余りやすくなり、その分脂肪としてため込みやすくリバウンドの原因をつくっていることになります。

2.体重が減ったことだけを注目せず筋肉量や体脂肪率にも注目しましょう

ダイエットは筋肉量と体脂肪率にも注目して行い、体重の減少だけを目的にしないことです。

筋肉量が増えて体脂肪率が下がれば太りにくい体と言えるので、リバウンドしにくい体の仕組みになっています。

3.太りにくい体づくりには食事内容にも気を付けましょう

筋肉量を上げリバウンドを防ぐための食事は、たんぱく質をしっかりと取り適度な炭水化物を取ることがポイントで、たんぱく質を分解する時に必要なビタミンB群やミネラルも欠かさず取りましょう。

炭水化物は低糖質の食品を上手に利用することがおすすめです。

4.リバウンドを防ぐには生活習慣の見直しも必要です

リバウンドしにくい体の仕組みづくりには、毎日の活動や生活リズムにも配慮することです。

運動不足で筋力が衰えないようにすることや、生活のリズムを整えてストレス解消をし、食べ過ぎや疲労の蓄積を防ぐことなどがおすすめです。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る