ダイエットでリバウンドするのは基礎代謝が低いから?

基礎代謝が低いとダイエットでリバウンドしやすくなります


ダイエットで無理な食事制限を行うと、栄養が少なくなり、脂肪も落ちますが筋肉も落ちていくと考えられます。

何もしなくても消費されるエネルギーのことを基礎代謝と呼びますが、筋肉は基礎代謝の元になっているといいます。

食事制限で筋肉が減ってしまうと、基礎代謝も低くなり、食事量を元に戻した時にリバウンドしやすい体になってしまうのです。

過度な食事制限は筋肉を落とすため、基礎代謝が下がると考えられます

ダイエットをするにあたり、過度な食事制限は逆効果になる可能性があるという話を聞いたことがありませんか?
実は、その話にはちゃんとした裏付けがあるのです。

人間が生きていくため使われるエネルギーのことを「基礎代謝」といいますが、これは、言い換えれば「何もしなくても消費されるエネルギー」のことでもあるといいます。

一般的な人の場合、1日の活動で消費されるエネルギーのうち、70%程度が基礎代謝によるものだと考えられています。

つまり、基礎代謝が高ければ高いほど1日に消費されるエネルギーは多くなりますし、低ければ低いほど少なくなるといえます。

基礎代謝以外のエネルギー消費は、生活活動による代謝が20%程度、食事(噛んだり消化したりする行為)にともなう代謝が10%程度だといわれています。

基礎代謝の内訳は脳が20%、肝臓・腎臓・心臓が40%程度、筋肉が40%程度だと考えられています。

つまり、体重は同じでも、筋肉量が多い人と少ない人では、前者の方が圧倒的に痩せやすいといってもよいです。

ダイエットで過度な食事制限を行うと、脂肪だけでなく筋肉も落ちていくと考えられます。

筋肉が落ちた体は基礎代謝が低くなった状態ですから、食事の量を戻した時にエネルギーの消費率が悪く、リバウンドしやすいといえるのです。

健康的に痩せるためには、有酸素運動や筋トレが効果的です


食事制限だけでは、一時的に脂肪を落とすことができたとしても、リバウンドしやすい体質になってしまい、健康的とは言い難いです。

健康的に、基礎代謝を維持しながらダイエットするには、適度な食事制限と有酸素運動、筋力トレーニングが必要だと考えられています。

基礎代謝量や日常生活と運動で消費するエネルギー量よりも食事で摂取するカロリーが上回ってしまうと、体重が増えてしまいますから、もちろん、食べ過ぎはよくないといえるでしょう。

しかし、大切なのは食事制限でカロリーを減らすことではなく、基礎代謝量+日常生活と運動で消費するエネルギー量を増やすことなのです。

効果的に脂肪を燃焼するためには、有酸素運動がよいとされています。

例えば、ジョギングや水泳、エアロビクスなどが挙げられますが、ウォーキングやストレッチ、エクササイズなど簡単なものから始めても良いでしょう。

また、筋肉トレーニングは筋肉を維持または増やすのに有効であり、結果的に基礎代謝量のアップにつながるため、積極的に行っていくと良いでしょう。

スクワットを毎日15~20回ずつ行うだけでも、十分な筋肉トレーニングになるといわれています。

糖質制限ダイエットは基礎代謝を落とすことなく痩せる効果が期待できます

リバウンドしにくいダイエットの方法として、一般的な食事制限とは異なる「糖質制限ダイエット」というものがあります。

糖質とは炭水化物から食物繊維を引いたもののことを指し、エネルギー消費の最優先となる栄養素だと考えられています。

ダイエットをする方のほとんどが、脂肪を落としたいと考えているはずですが、糖質は脂肪よりもエネルギー消費で優先度が高いため、糖質を多く摂りすぎると、なかなか脂肪が燃焼されないことになってしまいます。

また、糖質を摂りすぎると、インスリンと呼ばれる物質が分泌されるのですが、この物質には糖質を脂肪に変える働きがあるとされています。

このことを踏まえた、糖質の摂取量を減らす食事方法が「糖質制限ダイエット」だと考えてください。

糖質制限ダイエットでは、糖質の多い食品の代わりにタンパク質の多い食品を食べるのが基本で、過度な食事制限は行わないことが推奨されています。

そのため、食べるのを我慢する必要もなく、筋肉の元になるタンパク質を多く摂ることで基礎代謝を上げる効果も期待できます。

(まとめ)ダイエットでリバウンドするのは基礎代謝が低いから?

1.基礎代謝が低いとダイエットでリバウンドしやすくなります

基礎代謝は、筋肉があることによって何もしなくても消費されるエネルギーのことを指しますが、食事制限を行うことで筋肉の量も減ってしまうと考えられています。

過度なダイエットでリバウンドしやすくなるのは、基礎代謝が低くなるからだといえるでしょう。

2.過度な食事制限は筋肉を落とすため、基礎代謝が下がると考えられます

なにもしなくても消費されるエネルギーを基礎代謝といい、基礎代謝が高ければ高いほど痩せやすいと考えられています。

基礎代謝の元になっている筋肉が落ちると、結果的に基礎代謝が低くなり、リバウンドしやすくなってしまうとされているのです。

3.健康的に痩せるためには、有酸素運動や筋トレが効果的です

リバウンドしにくく、健康的に痩せるためには、食事制限よりも有酸素運動や筋肉トレーニングを行って脂肪を燃焼させたり、基礎代謝量をアップさせたりすることが大切だと考えられます。

ウォーキングやストレッチ、スクワットなどを積極的に行いましょう。

4.糖質制限ダイエットは基礎代謝を落とすことなく痩せる効果が期待できます

エネルギー消費の優先度が高い糖質の摂取量を抑える「糖質制限ダイエット」では、糖質の代わりにタンパク質をメインにした食事を摂ります。

脂肪の燃焼を促進し、筋肉を増やし、基礎代謝を上げる効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る