ダイエットでリバウンドするのはホメオスタシスが働くから?

リバウンドにはホメオスタシス機能が関係しています


途中からやせなくなった、急に体重が増え始めた、といったダイエット時のリバウンドには、人間の体の重要な機能の1つである、ホメオスタシスが関係しています。

ホメオスタシス機能とは、体温を一定に保ったり、血糖値などを正常値に保ったりして、体内環境を一定に保つ働きのことです。

食べる量だけを極端に減らす、あるいはやせる効果を期待して「○○だけを食べる」生活を続ける、といった、いわゆる食事制限ダイエットを続けると、体の活動に必要な栄養素が不足した状態を体が察知して、このホメオスタシス機能のスイッチが作動します。

このホメオスタシス機能により、「リバウンド」が起こるといわれています。

リバウンドは、「食べない」「○○だけ」といった極端な食事制限を避け、健康な体の維持に必要な栄養素をきちんと摂取しながらダイエットをおこなうことで、防ぐことが可能です。

また、適度な運動をおこなって筋肉をつけることで、日常的なエネルギー消費量が増え、太りにくい体になります。

糖質制限ダイエットは、必要な栄養素を体に取り入れながら、適度な運動を続けて太りにくい体に変えていく、持続可能なダイエットといえるでしょう。

体の「省エネモード」が「リバウンド」を引き起こす

食べる量だけを極端に減らす、あるいはやせる効果を期待して「○○だけを食べる」生活を続ける、といった、いわゆる食事制限ダイエットでは、体の活動に必要な栄養素が不足する恐れがあります。

食事制限ダイエットによる栄養不足を察知した体は「省エネモード」となり、少ないエネルギーで体が維持できるように、体全体のエネルギー消費量が減少するのです。

これが、ダイエット時におけるホメオスタシス機能です。

極端な食事制限を続けている時にこの機能が働くと、日々のエネルギー消費量が少ないので、ダイエットを続けているのに体重は減らなくなる恐れがあります。

また、ホメオスタシスの状態で、ダイエットを終了して食事量を元に戻すと、過剰となったエネルギーが蓄積されてしまい、「リバウンド」状態となることがあるのです。

体の代謝をあげるための栄養素をきちんと摂取しましょう


リバウンドは、健康な体の維持に必要な栄養素をきちんと摂取しながらダイエットをおこなえば、防ぐことが可能です。

私たちの体のエネルギー消費は、1.糖質、2.体脂肪、3.タンパク質、の順番で消費される仕組みになっています。

そこで、摂取する糖質を制限して体内の糖質を減らし、エネルギー消費に体脂肪が常に優先される体に改革すれば、リバウンドを防ぎながら持続的な「太りにくい体質」になれるということです。

糖質の多いご飯やパンなどの主食を、タンパク質を中心とした低糖質の内容に置き換えることで、体の維持に必要なエネルギー量が確保され、ホメオスタシス機能の働きは緩やかになるでしょう。

また、体の機能を整えてくれるビタミン・ミネラル類が不足しないよう、野菜・海藻・キノコ類なども積極的に食事に取り入れましょう。

適度な運動で筋力アップをはかりましょう

体が必要とする栄養素をきちんと摂取しながら、エネルギーをしっかり消費できる基礎代謝力のある体にしたいものです。

そのためには、適度な運動を継続し、筋肉をつけていくことが重要です。

エネルギーは筋肉の維持や運動で消費されるので、筋肉量が増えれば基礎代謝も高まり、よりやせやすい体になって、リバウンド予防にもつながります。

筋肉は肝臓とともに、体内で必要な糖を生成する働きがあり、この機能が健全に働けば不必要な低血糖は起こりにくくなるため、ダイエット中の「食べたい欲求」も緩やかにできるかもしれません。

適切な食事と運動を継続することで、「太りにくくやせやすい体」づくりをおこない、ダイエット中だけでなく、将来にわたって健康的な体を維持していきましょう。

(まとめ)ダイエットでリバウンドするのはホメオスタシスが働くから?

1. リバウンドにはホメオスタシス機能が関係しています

ホメオスタシス機能とは、体内環境を一定に保つ働きのことで、極端な食事制限ダイエットを続けると、栄養素が不足した状態を体が察知して、この機能のスイッチが作動します。

この機能により、「リバウンド」が起こるといわれています。

2. 体の「省エネモード」が「リバウンド」を引き起こす

体の「省エネモード」であるホメオスタシス機能が働くと、体全体のエネルギー消費量が減少し、ダイエットを続けているのに体重は減らなくなる恐れがあります。

またダイエットを終了して食事量を元に戻すと、過剰なエネルギーが蓄積されて「リバウンド」につながることがあるのです。

3. 体の代謝をあげるための栄養素をきちんと摂取しましょう

摂取する糖質を制限して体内の糖質を減らし、エネルギー消費に体脂肪が優先される体に改革すれば、リバウンドを防ぎながら持続的な「太りにくい体質」にすることができます。

また、体の機能を整えてくれるビタミン・ミネラル類も積極的に食事に取り入れましょう。

4. 適度な運動で筋力アップをはかりましょう

エネルギーをしっかり消費できる基礎代謝力のある体にするためには、適度な運動を継続し、筋肉をつけていくことが重要です。

筋肉量が増えれば基礎代謝も高まり、よりやせやすい体になって、リバウンド予防にもつながります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る