リバウンドしないダイエットにはタンパク質が重要?

リバウンド防止のためにはタンパク質の摂取が重要です


リバウンドは、食事を抜いたり減らしたりするダイエットや、やせる効果があるといわれる食品だけを食べ続けたりするダイエットで起こりやすいようです。

このような食事制限ダイエットでは、その人の年齢や性別に応じたエネルギー量や栄養素が不足する恐れがあります。

栄養不足となってしまった体は、現状を一種の飢餓状態と判断して、自ら基礎代謝を低下させることがあります。

特にタンパク質は、代謝や筋力の維持に欠かせない栄養素です。

タンパク質が不足して筋力低下に陥ると、日常の活動によるエネルギー消費量が減ります。

全身の機能も低下するので、体内で糖を作る機能が低下し、低血糖を起こしやすい状況となります。

これらが原因となり、「やせなくなった」「急にドカ食いしたくなった」という状況を経て、いわゆるリバウンドに陥るといわれているのです。

リバウンドを防ぐためには、筋力や体の機能を低下させないために、タンパク質を中心とした適正なエネルギー量を摂取すること、しっかり基礎代謝をあげて「太りにくい体」にしていくことが大切です。

糖質制限ダイエットは、ただ食事を抜いたり減らしたりするのではなく、糖質を制限する代替として、高タンパク、ビタミン、ミネラルといった栄養素をきちんと摂取する方法です。

適切な糖質・カロリー制限をおこないながら、体の基礎代謝をあげるよう適度な運動をおこなうことで、ダイエットの成功はもちろん、リバウンドも防ぐことが可能です。

リバウンドは極端な食事制限から起こる恐れがあります

「1食抜く」「カロリー摂取を極限まで減らす」といった、いわゆる食事制限ダイエットは、ある時期まではやせたとしても、体にとっては必要なエネルギーや栄養が不足し続ける状態となります。

そうなると、体を維持していくためにエネルギーを消費する基礎代謝の活動が低下し、エネルギーが消費されないまま体内に蓄積されてしまいます。

筋肉も落ちていき、日常的な活動で消費されるエネルギー量が減少するため、エネルギー消費がされにくい体質へと変化してしまうのです。

ダイエット中に「最初は効果があったのに、途中からやせなくなった」と感じるのはそのためです。

さらに、この「省エネモード」の時期にダイエットを中止したり、食事を元に戻したりすると、リバウンドを起こす恐れがあるのです。

体の代謝が低下している時期は、体内で糖を生成する機能も落ちているため、本来ならないはずの低血糖状態にも陥ることがあります。

そういう時に、「食べたい欲求」が著しく高まり、「ダイエットの挫折」や「ドカ食い」にすすんでしまうことがあるのです。

糖質制限ダイエットでリバウンドしにくい体を作りましょう


私たちの体のエネルギー消費は、1.糖質、2.体脂肪、3.タンパク質、の順番で消費される仕組みになっています。

糖質の多い食事をとり続けると、体内では糖質ばかりが消費にまわり、脂肪の消費にまで至らない、という状況が日常的になってしまいます。

そこで、摂取する糖質を制限して体内の糖質を減らし、エネルギー消費に体脂肪が優先される「リバウンドしにくい体」に変えていくのがよい、ということになります。

糖質が多い食品の代表は、ご飯やパンなどの「穀物」つまり主食となるものですから、糖質制限にはまず主食を低糖質の内容に置き換える、というのが一般的な方法です。

3食ともに主食を低糖質に置き換える「スーパー糖質制限」をハードだと感じる方には、夕食のみ主食を置き換える「プチ糖質制限」や、昼食は普通にとる「スタンダード糖質制限」もおすすめです。

自分に合ったペースで始めてみてはいかがでしょうか。

タンパク質・ビタミン・ミネラルの補給でリバウンドを予防

糖質制限ダイエットによって、かなり効果が現れる方も多いようです。

しかし、「糖質制限」ばかりに気をとられていると、単なる「食べない」食事制限ダイエットと同じように、栄養バランスが崩れ、基礎代謝低下や筋力低下、体の機能低下による低血糖に陥ってしまうこともあります。

ここで重要なのがタンパク質の摂取です。

基礎代謝を維持し、予想外の低血糖を防ぐためには、筋力の維持・増加を目指すことが重要です。

筋力維持に欠かせない栄養素であるタンパク質は、1日当たり体重×1~2 g程度の摂取が必要といわれています。

また、体の機能を整えてくれるビタミン・ミネラル類が不足しないよう、野菜・海藻・キノコ類なども積極的に食事に取り入れましょう。

そして適度な運動を継続することで、筋力向上とともに基礎代謝をあげて「リバウンドしない体作り」を継続していきましょう。

(まとめ)リバウンドしないダイエットにはタンパク質が重要?

1. リバウンド防止のためにはタンパク質の摂取が重要です

食事制限ダイエットでは、その人の年齢や性別に応じたエネルギー量や栄養素が不足し、基礎代謝や筋力低下、低血糖を起こしやすい体となる恐れがあるといわれています。

これらがリバウンドの原因とも考えられています。

リバウンドを防ぐためには、タンパク質を中心とした適正なエネルギー量を摂取することが大切です。

2. リバウンドは極端な食事制限から起こる恐れがあります

エネルギーや栄養が不足し続けると、基礎代謝が低下し、エネルギーが体内に蓄積されるようになります。

筋肉も落ちていき、エネルギー消費がされにくい体質へと変化してしまいます。

この時期にリバウンドを起こす恐れがあるのです。

3. 糖質制限ダイエットでリバウンドしにくい体を作りましょう

糖質の多い食事をとり続けると、体内では糖質ばかりが消費にまわり、脂肪の消費にまで至らない、という状況になってしまいます。

そこで、摂取する糖質を制限して、エネルギー消費に体脂肪が優先される体に変えていくのがよい、ということになります。

糖質が多い代表は主食ですから、糖質制限にはまず主食を低糖質の内容に置き換える、というのが一般的な方法です。

4. タンパク質・ビタミン・ミネラルの補給でリバウンドを予防

基礎代謝を維持し、予想外の低血糖を防ぐためには、筋力の維持・増加を目指すことが重要です。

筋力維持に欠かせない栄養素であるタンパク質は、1日当たり体重×1~2 g程度の摂取が必要といわれています。

また、体の機能を整えてくれるビタミン・ミネラル類が不足しないよう、野菜・海藻・キノコ類なども積極的に食事に取り入れましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る