ダイエットのストレスがリバウンドを招くの?

ダイエット中、ダイエット後のストレスがリバウンドを招く


ダイエットのストレスには、食べられないこと、痩せないこと、我慢を続けることがあります。

食べられないことを解決する一つの方法として、幸福感を増してくれる少量の糖を摂ってみる、という方法があります。

炭水化物ダイエットをするというのに、糖とは何事だと思われるかもしれません。

その通り、糖質は、太るもとです。

ただ、糖には、痩せたり、血糖値を下げる働きをする「希少糖」もあるのです。

希少糖とは、自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体としての糖アルコールのことで、キシリトールやエリスリトールも希少糖になります。

また、痩せないことを解決するには、太るプロセスを逆に行くことが大切です。

ミネラルやビタミンを摂るよう食事に気をつけ、これをダイエットのはじめから行いましょう。

そして、ストレスをためないよう、よく眠り、よく動くことも大切です。

我慢を続けることを解決するには、ちがうことに振り向けて我慢をしないことが大切だといわれています。

糖質制限ダイエットであれば、糖質は制限しますが、魚や肉は思うだけ食べることができます。

厚生労働省のまとめた、食事療法に関する学会ガイドライン一覧によると、日本肥満学会や日本動脈硬化学会が、単糖類(や二糖類)の摂取制限を奨めています。

香川県は今、「かがわ希少糖ホワイトバレー」プロジェクトに取り組んでいるそうです。

ダイエット中、ダイエット後とストレスは続きますが、世界の健康や、生命の研究に貢献できる日本の知見を、私たちのリバウンド防止にも利用したいですね。

希少糖を活用してみましょう

自然界で、存在量が圧倒的に多いのは、ブドウ糖(グルコース)ですが、ごくわずか、植物がつくったりして自然に存在する希少糖が50種類以上あります。

希少糖の研究は、香川大学の何森教授が研究していて、いつ研究を止めるかと考えていたところ、ベルギーの教授から連絡があり、その後、フィンランドやイギリスの教授との出会いやNASAの博士との交流があり、現在、このように発展しているそうです。

希少糖の一つに、「D-プシコース」があります。

ブドウ糖は炭素数が6個の糖ですが、分子式は同じで立体構造の異なる糖が24個存在し、D-プシコースはそのうちの一つです。

フルーツに含まれる果糖(フルクトース)も同じ分子式です。

希少糖のなかで研究が進んでいるD-プシコースは、砂糖の70%程度の甘味度がありながら、ゼロキロカロリー、食後血糖値抑制効果、抗肥満効果(体脂肪を減少させる)など生活習慣病予防素材としての生理効果をもつことが明らかにされているそうです。

天然のズイナ(植物)などから抽出する手法や、果糖(フルクトース)を利用する手法、分子式の同じもののどれか(ヘキソース/六炭糖)を利用する手法があります。

安全につくることができ、医薬品や化粧品に利用することができる安心な物質だそうです。

潜在的睡眠不足を解消して、代謝をよくしましょう


太るプロセスを逆に行くには、太るもとである糖質をある程度避けつつ、ミネラルやビタミンを摂ることに気をつけながらバランスよく食べ、強すぎない運動を短時間でもすることが大切です。

そして、よく眠ることです。

国立精神・神経医療研究センターによると、『潜在的睡眠不足』の解消が内分泌機能改善につながることが明らかになったそうです。

健康成人の必要睡眠時間を精密に測定した結果、平均約1時間、自覚していない睡眠不足があり、この潜在的睡眠不足を解消すると、眠気だけでなく、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答などに関わる内分泌機能の改善が認められたということです。

この実験に参加したのは健康な成人男性15名(平均年齢23.4 歳)だったそうですが、睡眠を充足(飽和)させる試験で、睡眠時間の変動曲線から個別に算出した結果、必要睡眠時間の平均は、8時間25分だったということです。

潜在的睡眠不足は、自覚していないだけに、長期間にわたって持続する危険性があります。

ホルモンや代謝に関わる健康障害、肥満や病気が、その1時間の睡眠不足から起きているかもしれないのです。

過剰な糖質は体内に入れず、糖化を抑えましょう

糖尿病にかかる人が増えるにしたがって、大小血管合併症をかかえた患者も激増しています。

そのおもな原因として、タンパク質の終末糖化産物(advanced glycation end-products, AGEs)の関与が注目されているそうです。

なかでも糖代謝の中間体であるグリセルアルデヒドに由来するAGEs(Glycer-AGEs、Toxic AGEs、TAGE)が、その受容体であるRAGE (receptor for AGEs) を介して、糖尿病血管合併症の発症や進展に強く関わっていることが明らかになってきたそうです。

最近では、高血圧症、認知症、癌、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や不妊症など多様な病気に関与していることが分かり、TAGE-RAGE系の影響を抑える、ということが生活習慣病の発症・進展の予防と治療に必要なことが分かってきました。

生活習慣病の発症・進展の予防と治療を考える上で、「糖化」によって体内でつくられる毒性の高いToxic AGEs(TAGE)の生成抑制、それから、つくられた後のTAGEの伝達・受容を抑えることが大切ということです。

糖化を抑えるためには、過剰な糖質を体に入れないことが大切です。

(まとめ)ダイエットのストレスがリバウンドを招くの?

1. ダイエット中、ダイエット後のストレスがリバウンドを招く

ダイエットのストレスには、食べられないこと、痩せないこと、我慢を続けることがあります。

ダイエット中、ダイエット後と、ストレスは続きます。

希少糖、食事、睡眠、運動、糖質制限ダイエット、その他さまざまな日本の知見をリバウンドの防止に利用しましょう。

2. 希少糖を活用してみましょう

自然界で、存在量が圧倒的に多いのは、ブドウ糖(グルコース)ですが、ごくわずか、植物がつくったりして自然に存在する希少糖が50種類以上あります。

ブドウ糖は炭素数が6個の糖ですが、分子式は同じで立体構造の異なる糖が24個存在し、例えば「D-プシコース」はそのうちの一つです。

D-プシコースはゼロキロカロリーで、食後血糖値抑制効果、抗肥満効果など、生活習慣病予防効果をもちます。

医薬品や化粧品に利用することができる安全安心の物質ということです。

3. 潜在的睡眠不足を解消して、代謝をよくしましょう

リバウンドを回避するには、太るもとである糖質をある程度避けつつ、ミネラルやビタミンを摂ることに気をつけながらバランスよく食べ、強すぎない運動を短時間でもすることが大切です。

そして、よく眠ることです。

健康成人には、平均約1時間、自覚していない睡眠不足があり、この潜在的睡眠不足を解消すると、眠気だけでなく、糖代謝、細胞代謝、ストレス応答などに関わる内分泌機能が改善されます。

4. 過剰な糖質は体内に入れず、糖化を抑えましょう

糖尿病にかかる人が増えるにしたがって、大小血管合併症をかかえた患者も激増しています。

「糖化」によって体内でつくられるタンパク質の終末糖化産物(AGEs)、とくに毒性の高いToxic AGEsが糖尿病血管合併症に強く関わっていることが明らかになってきたそうです。

糖化を抑えるためには、過剰な糖質を体に入れないことが大切です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る