ダイエット後にリバウンドをしてしまうきっかけは何ですか?

自己分析の欠如、誘惑、ストレス反応、目標喪失です


人の体は、動き、歩き、走るために最適化されてできています。

無理で過激なダイエットをせずとも、すこしくらい多く食べても、本来は健康的でいられるはずなのです。

ダイエットをしても、リバウンドしてしまうのは、人体にはもともと、生きるために体なりのメカニズムがあるからです。

リバウンドは、食事、運動、社会的因子の(円に内接する)三角形が崩れるような場合に起こります。

食事や栄養素の知識、そして、運動についての知識を多く蓄えておけば、職場・家庭・交通の環境など社会的因子の影響を抑え、不足部分を補うことができます。

その三角形が崩れるきっかけは、客観的な自己分析の欠如(認知の歪み)、日常生活での誘惑、心身の防御機能の結果としてのストレス反応、あるいは目標喪失による孤独感です。

具体的には、満腹感を求めるうちに食べ過ぎた(日常生活での誘惑+ストレス反応)、達成感からホッとして以前のように多めに食べた(客観的な自己分析の欠如+目標喪失による孤独感)などといったことです。

これらを回避して、健康的な食料を食べ、楽しく動き、人間らしくよく笑って過ごしましょう。

リバウンドのきっかけとなる認知の歪み

リバウンドを繰り返す肥満者には、客観的な自己分析の欠如、肥満に対する認知の歪みがあることがいわれています。

この治療には、困難が伴うそうです。

しかし、「自己コントロールできない」、リバウンドはどうしようもない、と思っているならば、ストレス理論を理解することは、リバウンドから抜け出すきっかけになります。

ストレス理論を理解すると、リバウンドは、「自然な反応であり、対処可能であること」と考えることができるようになるので、食べることやダイエット自体への何かしらの悪感情が変化し、脅威でなくなるでしょう。

ストレス状態にある場合は、(1)物事の捉え方に歪や偏りがないか、人と一緒に点検し、(2)歪や偏りがあれば、適切な考え方を検討、(3)より適切な考え方に従って行動することで、次第に適切な物事の捉え方を身につけることができる、といいます。

肯定的、楽観的な思考をし、将来の肯定的な希望・夢・目標を持つことで、困難な状況を乗り切ることができるようになります。

将来の肯定的な希望・夢・目標が持てるよう、周囲から援助することが大切です。

ダイエットの目的は、健康体になって何かをすること


ダイエットをひとまず達成したとき、目標喪失によってリバウンドをすることがあります。

これは、目標喪失により心の向け場がなくなり、そのまま心に穴が開いて孤独感を覚えるため、自分を回復させようと食べることで起こります。

ダイエットの始まりは、やせて、見返してやる・驚かせてやる、そういったものだったかもしれません。

けれども、やはりもちろん、仇討ちのような意気込みで心の中で誰かに向かい、その反照で自分を見ていたなら、海容、寛恕、宥恕(ゆうじょ)の心で過去の自分も見のがしてやり、そっと手放して新しい方向へ進むとよいでしょう。

認識された間違いに対して復讐することはやめ、新しい人間関係に飛び込むのもよいかもしれません。

健康体であれば、人から感謝され生きがいを感じるさまざまなことができます。

ダイエットが軌道に乗ってきたら、ダイエットを行っている間に、家族や友人と相談したり、いろいろな本に尋ねたりして、リバウンドよけの準備を始めてもよいでしょう。

ダイエット後、行動記録のポイントは6つ

ダイエット後の目標がだいたい決まったら、記録して飾るのもよいでしょう。

体は、24時間のサイクルをリズムよく過ごし、休息や睡眠、運動などによって身体機能を正常化されることを喜びます。

運動、仕事、睡眠、休息、食事とバランスが取られていることが必要です。

リバウンドは、持続するストレッサーに対処するために心身の防御機能が過剰に働いた状態です。

本来の代謝の機能が低下しているために、ストレス抵抗力が低下した状態ともいえます。

身体的機能の正常化が、精神機能を安定へと導くものです。

ダイエットが終わっても、身体機能を正常化するために、例えば、次のような活動を日々行うことが重要です。

 

  • 運動:1日15分、体を動かす。歩く・体操。手・足・体を回し、緊張を解く。
  •  

  • 仕事:楽しく働き、働き過ぎない。
  •  

  • 睡眠:毎日、十分な睡眠。不眠時はとくに他の項目を増やし注意する。
  •  休息:活動の合間には休憩。切り替えを大切にする。
  •  

  • 栄養:ミネラルやビタミンの摂取に努め、バランスに留意。よく噛む。
  •  

  • 入浴:心身の新陳代謝を促進。

ポイントを突いてこれらも記録し、自分の成長の記録を将来の自分のために残してあげましょう。

(まとめ)ダイエット後にリバウンドをしてしまうきっかけは何ですか?

1. 自己分析の欠如、誘惑、ストレス反応、目標喪失です

ダイエットをしても、リバウンドしてしまうのは、人体にはもともと、生きるために体なりのメカニズムがあるからです。

その三角形が崩れるきっかけは、満腹感を求めるうちに食べ過ぎた(日常生活での誘惑+ストレス反応)、達成感からホッとして以前のように多めに食べた(客観的な自己分析の欠如+目標喪失による孤独感)などといったことです。

食事、栄養素、運動についての知識を多く蓄えてリバウンドに対抗しましょう。

2. リバウンドのきっかけとなる認知の歪み

リバウンドを繰り返す肥満者には、客観的な自己分析の欠如や、肥満に対する認知の歪みがあることがいわれています。

肯定的、楽観的な思考をし、将来の肯定的な希望・夢・目標を持つと、困難な状況を乗り切ることができるようになります。

希望・夢・目標が持てるよう、周囲から援助することが大切です。

3. ダイエットの目的は、健康体になって何かをすること

ダイエットをひとまず達成したとき、目標喪失によってリバウンドをすることがあります。

ダイエットが軌道に乗ってきたら、ダイエットを行っている間に、家族や友人と相談したり、いろいろな本に尋ねたりして、リバウンドよけの準備を始めてもよいでしょう。

健康体であれば、人から感謝され生きがいを感じるさまざまなことができます。

4. ダイエット後、行動記録のポイントは6つ

ダイエットが終わっても、身体機能を正常化するために、ダイエット後の目標を持ち、次のような活動を日々行うことが重要です。

  運動、仕事、睡眠、休息、栄養、入浴

自分の成長の記録を、ポイントを突いて記録し、将来の自分のために残しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る