ダイエット後にカロリーを摂りすぎるとリバウンドしますか?

糖質の摂りすぎもカロリーと同様にリバウンドの一因です


炭水化物ダイエットなどの食事制限は、手軽に始めることができて比較的短期間でダイエット効果が現れることも多く、人気があるようです。

過剰な食事制限で体重を減らすことができても、元の生活に戻すとリバウンドが起きて、体重はダイエットを始める前またはそれ以上の体重に戻ることも多いようです。

食事制限では一日のカロリー摂取量を少なくしますので、食事量を元に戻したから体重も戻るというだけではありません。

減った体重は、体の水分や筋肉のことも多いため、筋肉が減って代謝が落ち、痩せにくい体になっていることも一因です。

体が痩せにくい状態になっているのに食事量を元に戻してしまうと、エネルギーを消費しきれずに蓄えることになり、元の体重以上にリバウンドしてしまいます。

体内でエネルギー源となる糖質は、過剰摂取によって消費されずに余ると、脂肪として蓄積されます。

また、糖質を過剰に摂取すると、すい臓からインスリンが分泌されて血液中の糖質量(血糖値)を下げますので、空腹感を覚えます。

インスリンには余った糖質のグリコーゲンや脂肪への合成を促進するはたらきもあります。

糖質の摂りすぎはリバウンドに大きく関わっていますので、リバウンドを防ぐためには糖質を控えることが効果的と考えられます。

糖質を過剰に摂取することが太る一因となります

炭水化物の多い食品といえば、米やパンなどデンプンを多く含む食品が代表的ですが、炭水化物は水溶性の糖質と水に溶けない食物繊維の両方を含みます。

デンプンは多糖類です。

炭水化物中の糖質は、体内でブドウ糖などに分解されてエネルギー源となりますが、消費されずに余るとグリコーゲンとして蓄えられます。

しかし貯蔵量に限界があるため、さらに余ると脂肪として蓄えられます。

また、ブドウ糖は血液中に溶けて各組織に運ばれますが、血液中のブドウ糖量(血糖値)が高くなるとすい臓からインスリンが分泌され、血糖値が一定となるようにコントロールされます。

インスリンには血糖をグリコーゲンや中性脂肪に合成するのを促すはたらきもありますので、糖質の摂りすぎが太る原因となることが多いのです。

摂取カロリーだけでなく食品中の糖質量に注意しましょう


私たちの体は安静にしているときも、呼吸や体温調節などの生命活動を行うためにエネルギーを生成する基礎代謝を行っています。

過剰な食事制限で摂取カロリーが少なくなると、最低限必要なエネルギーが得られなくなりますので、食事制限を長期間続けていると健康を損なう場合もあります。

ダイエット中も基礎代謝以上のカロリーは摂るようにしましょう。

厚生労働省によって設けられた基礎代謝の基準値と体重の関係から、自分の基礎代謝量を知ることができます。

また、体重が減っても、脂肪ではなく水分や筋肉が減っていることも多く、すると代謝量が落ちて痩せにくい体になることもあるようです。

ダイエットの反動で食べ過ぎてしまいますと、過剰にカロリーを摂ることにつながりますので注意が必要です。

食品中の糖質が太る一因となりますので、ダイエット後も糖質を控えることでリバウンドの防止に役立つと考えられます。

糖質制限ではカロリー計算は必要ありません

糖質制限では主食を低糖質の食品に置き換えておかず中心の食事にしますので、必要な栄養素は摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

糖質の量を控えるだけですので、面倒なカロリー計算は必要ありません。

食品によって含まれる糖質量は違いますが、糖質を多く含む食品には、穀類やイモ類、根菜などがあり、果物にも多くみられます。

筋肉をつくるタンパク質を多く含む、肉や魚は、カロリーを抑えるために敬遠されることも多いようですが、糖質はほとんど含まないので、食べることができます。

また、キノコ類や海藻類は食物繊維やミネラルを含みますので、組み合わせて一緒に摂るとよいでしょう。

大豆製品や葉物野菜など糖質の少ない食品は意外と多くありますので、いろいろな食品を組み合わせてバランスよく食べることができます。

糖質を控えた栄養バランスのよい食事で、太りにくい体づくりを目指しましょう。

(まとめ)ダイエット後にカロリーを摂りすぎるとリバウンドしますか?

1. 糖質の摂りすぎもカロリーと同様にリバウンドの一因です

過剰な食事制限で筋肉が減ると、代謝量が落ちて痩せにくい体になることがあります。

体が痩せにくい状態になっているのに食事量を元に戻してしまうと、エネルギーを消費しきれずに蓄えることになり、元の体重以上にリバウンドしてしまいます。

糖質の摂りすぎがリバウンドに大きく関わっていますので、リバウンドを防ぐためにはカロリーを摂りすぎないことと同時に、糖質を控えることも大切です。

2. 糖質を過剰に摂取することが太る一因となります

糖質は体内でブドウ糖などに分解されてエネルギー源となりますが、消費されずに余ると脂肪として蓄えられます。

血液中のブドウ糖量(血糖値)が高くなると、血糖値をコントロールするためにすい臓からインスリンが分泌されますが、インスリンは血糖をグリコーゲンや中性脂肪に合成するのを促進します。

糖質の摂りすぎが太る一因となることは多く、カロリー量よりも糖質量に注意してみるとよいでしょう。

3. 摂取カロリーだけでなく食品中の糖質量に注意しましょう

私たちの体は安静にしているときも、呼吸や体温調節などの生命活動を行うためにエネルギーを生成する基礎代謝を行っていますので、ダイエット中も基礎代謝以上のカロリーは摂るようにしましょう。

ダイエットの反動で食べ過ぎてしまうと、過剰にカロリーを摂ることになるので注意が必要です。

糖質も太る一因となりますので、ダイエット後も糖質を控えることがリバウンドの防止に役立つと考えられます。

4. 糖質制限ではカロリー計算は必要ありません

糖質制限は糖質の量を控えるだけですので、カロリーを抑えるために敬遠されることの多い、肉や魚もしっかり食べることができます。

面倒なカロリー計算は必要ありません。

糖質を控えた栄養バランスのよい食事で太りにくい体をつくり、健康的に痩せる効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る