ダイエットのリバウンドを防ぐにはお菓子はやめるべき?

甘いお菓子は控えて低糖質の食品を間食にするとよいでしょう


炭水化物ダイエットなどで白米とパンを抜いて食事のカロリーを減らしていると、それだけで安心してしまって甘いお菓子を食べてしまうことがあるかもしれません。

炭水化物の多い食品というと、白米やパンなどのデンプンを多く含む食品をイメージするかもしれませんが、炭水化物は糖質と食物繊維に分けられ、太る原因となるのは糖質です。

糖質は、体内で分解されてエネルギーとなりますが、過剰にとると余った分が脂肪として蓄積されてしまいますので、ダイエット中は糖質を控えることが大切です。

お菓子を食べた分を、他の食品を減らすことで一日のカロリー摂取量を調整しても、甘いお菓子には糖質が多く含まれていますのでダイエットの効果が減ってしまうこともあります。

また、ダイエットで一時的に体重が減った後に、安心感からついお菓子を食べてしまうと、リバウンドの原因ともなりますので避けた方がよいでしょう。

食事制限などによるダイエット中は、空腹を我慢することがストレスにつながりやすいこともありますが、そんなときは、お菓子の代わりに糖質の少ない食品を間食にするとよいでしょう。

ナッツ類やゆで卵、寒天などは、糖質が少ないのでお勧めです。

最近では糖質控えめのお菓子なども市販されているようですので、利用するのもよいでしょう。

急激な体重の減少の後にお菓子を食べるのは避けましょう

炭水化物ダイエットなどの食事制限ダイエットは、普段の食事から炭水化物を抜くだけ、または、食事回数を減らすだけでいいので、手軽にダイエットを始める方が多いのではないでしょうか。

食事制限で一日に摂取するカロリーが減ると、比較的短期間で体重を減らすことができるようです。

しかし、体重が減っても、脂肪が減っただけではなく体の水分や筋肉も一緒に減っていることがあります。

筋肉が減ると、代謝量も減ってしまいますので、ダイエット後は痩せにくい体になっていることがあり、元の食事に戻した後にカロリーを消費しきれなくなり体重が戻りやすくなるのです。

急激な体重の減少はリバウンドを招きやすくなりますので、体重が減ったからといって安心して、甘いお菓子を食べることは控えた方がよいでしょう。

間食には甘いお菓子ではなく低糖質の食品をとりましょう


食事制限をしていると空腹を我慢することがストレスになって、その反動で食べてしまうことがあるかもしれません。

また、私たちの体は、極端な食事制限によって空腹の状態が長く続くと飢餓状態にあると感じて、エネルギーを消費しないように節約遺伝子がはたらくようにプログラムされているといわれています。

その他にも、空腹になると、インスリンが分泌されて空腹感を覚えることもあります。

これらのことはいずれも、リバウンドの一因となる場合が多いのです。

適度に間食を補うことで、空腹を避けることは、リバウンド防止に役立ちますが、糖質が多く含まれる甘いお菓子は逆効果になりますから控えた方がよいでしょう。

ダイエットとリバウンドを繰り返していると、だんだん食事制限に対して体が反応しなくなり、痩せなくなってくるということも知られています。

間食を上手に取り入れることで、我慢できないほどの空腹の時間を作らないようにしましょう。

糖質を控えて一日三食をとり、空腹を避けることも有効です

食事制限で偏った食生活が長く続くと健康被害を起こす場合もありますので、ダイエット中も食事をきちんととることはとても大切です。

食事の量やカロリーだけでなく、食事内容に注目した糖質制限なら、一日三食栄養バランスのよい食事をとりながら、健康的に痩せる効果が期待できます。

糖質制限では、糖質を多く含む食品を、低糖質な食品に置き換えたり避けたりしますが、タンパク質を多く含む肉や魚は食べることができますし、キノコや海藻類、野菜など食物繊維を多く含む食品を組み合わせて、しっかりと食事をとることができます。

面倒なカロリー計算も必要ありません。

糖質の多い根菜や果物などは注意が必要ですが、低糖質の食品は意外と多いので、続けやすく、減量した後の体重を維持しやすくなります。

食事をしっかりとることで、空腹の時間を減らし、併せて運動を継続的に取り入れて痩せにくい体を作ることもリバウンド防止に効果的です。

(まとめ)ダイエットのリバウンドを防ぐにはお菓子はやめるべき?

1. 甘いお菓子は控えて低糖質の食品を間食にするとよいでしょう

炭水化物ダイエットなどの食事制限で体重が減っても、脂肪が減っただけではなく体の水分や筋肉も一緒に減っていることがあります。

筋肉が減ると代謝量も減り、ダイエット後に痩せにくい体になっているかもしれません。

急激に体重が減った後は、リバウンドを招きやすくなりますので、お菓子を食べるのは控えましょう。

2. 急激な体重の減少の後にお菓子を食べるのは避けましょう

炭水化物ダイエットや食事制限で摂取カロリーを減らして、一日のカロリー摂取量を調整しても、甘いお菓子には、太る原因となる糖質が多く含まれていますので、ダイエットの効果が減ってしまうでしょう。

お菓子の代わりに糖質の少ない食品を間食にするとよいでしょう。

ナッツ類やゆで卵、寒天などは糖質が少ないのでお勧めです。

3. 間食には甘いお菓子ではなく低糖質の食品をとりましょう

私たちの体は、極端な食事制限によって空腹の状態が長く続くと飢餓状態にあると感じて、エネルギーをため込むようになります。

その他にも、空腹になるとインスリンが分泌されて空腹感を覚えることもあり、いずれもリバウンドの一因となります。

適度に間食を補うことはリバウンドの防止に効果的ですが、甘いお菓子は糖質が多いので控えた方がよいでしょう。

4. 糖質を控えて一日三食をとり、空腹を避けることも有効です

食事制限で偏った食生活が長く続くと健康被害を起こす場合もありますので、ダイエット中も食事をきちんととりましょう。

食事の量やカロリーだけでなく糖質量に注目した糖質制限なら、栄養バランスのよい食事を一日三食とることができます。

空腹の時間を減らし、運動も継続的に取り入れて痩せにくい体を作り、リバウンド防止に役立てましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る