炭水化物抜きダイエットのリバウンド対策は必要ですか?

炭水化物抜きダイエットをやめても食事に注意が必要です


炭水化物を抜いたダイエットで、せっかく体重が減ったとしても、急に元の食事に戻してしまうとリバウンドしてしまう恐れがあります。

炭水化物を抜くダイエット方法は、主食である米やパン、甘味類などを控え低糖質の食事にすることで血糖値の乱高下を抑制し、過食を防ぐ効果があります。

そのため、体重が落ちて結果が出たからといって、ダイエット前の食事量にすぐに戻してしまうと、血糖値が急激に上昇し食欲をコントロールすることが難しくなるといわれています。

「今まで我慢していたから食べても大丈夫」と気持ちが緩んでしまうと、ドカ食いや過食に走ることになり、糖質の過剰摂取につながります。

リバウンドせずに、ダイエットを卒業するためには、段階を踏むことが重要です。

糖質摂取量は、いきなり増やすのではなく徐々に戻していくことがポイントになります。

また、摂取した糖質が、エネルギーとして燃焼し、脂肪として蓄積しないための基礎代謝アップを目指しましょう。

燃えやすい体を作るために、軽いジョギングなどの有酸素運動だけでなく、筋トレを取り入れると体質改善につながりやすいものです。

ダイエット終了後も糖質の過剰摂取を防ぐ意識を持ちましょう

炭水化物を抜いたダイエット中は、主食の米やパン、甘味類だけでなく、イモ類や果物など糖質を多く含む食材を意識して、摂取を控える注意をしてきたと思います。

現代の食生活は、糖質を多量に含む食品にあふれていて、過剰摂取しやすい傾向にあります。

そのため、食品に含まれる糖質量を意識するのをやめてしまうと、あっという間に過剰摂取になってしまいリバウンドしてしまうでしょう。

ダイエット前の食生活に戻すときは、糖質摂取量を調整しながら少しずつ増やしていくことをおすすめします。

ダイエットにかけた期間と同じくらいの期間をかけて、少しずつ増やしていくと、体に負担をかけません。

例えば、2ヶ月かけて炭水化物ダイエットに取り組んだのであれば、2ヶ月かけて糖質の摂取量を増やすという考え方です。

血糖値の上昇を緩やかに抑えるので、過食を防ぐ効果があります。

糖質の過剰摂取は、ドカ食いにつながり、食欲コントロールが難しくなるといわれています。

食べる順番も、野菜→汁物→主菜→副菜→主食にし、ゆっくりよく噛むことがよく、炭水化物を食べる前に満腹感を得られる順番で食事をすることも有効です。

基礎代謝を高める運動を取り入れて体質改善を目指します


炭水化物ダイエット中は、脂肪が落ちるのと同時に筋肉も痩せてしまう傾向があります。

筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が低下しエネルギーが燃焼されず、糖質が脂肪になって体内で蓄積されやくなります。

そのため、ダイエット中は糖質制限と併せて適度な有酸素運動や筋トレを取り入れると、健康的に、きれいに体重を落とすことを可能にします。

ウォーキングなどの軽い有酸素運動と、筋肉を維持するためのトレーニングを取り入れると、炭水化物ダイエットが終了したあとででも太りにくい体質を維持できるようになります。

しかし、運動のやりすぎは、体への負荷がかかり過ぎてしまい、逆効果になってしまうこともあります。

激しい運動のせいで体がオーバーワーク状態になると、ストレスで免疫力が低下し、慢性疲労や肥満の原因になるともいわれています。

リバウンドを防ぐためには、運動量を増やすほうが痩せる体型をキープできると考えがちですが、適度な運動量に留めましょう。

バランスのよい食事が継続的に痩せる体質を作ります

リバウンドしないで体重をキープするためには、ダイエット前とダイエット後の食生活を比較して
食事の変化を把握することが大切です。

栄養バランスが整ったメニューで糖質やカロリーが過剰摂取にならないための食事量を意識することがポイントです。

ダイエット中も積極的に摂取していた、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多く含む食品を選び、主食の量を増やさなくても満腹感を得られる工夫をすれば、過食を防ぐ効果があります。

ダイエットを終えたからといって、米やパンなど、炭水化物の量を急に増やすとリバウンドしやすくなるので注意しましょう。

ダイエット終了後のリバウンドを恐れて、食事を抜いたり、1品だけを食べる〇〇ダイエットをしたりする、不規則な食事を取り入れても効果は期待できません。

1日3回きちんと食事を摂り、バランスよくしっかりと栄養補給することが体型維持につながります。

(まとめ)炭水化物抜きダイエットのリバウンド対策は必要ですか?

1. 炭水化物抜きダイエットをやめても食事に注意が必要です

体重が落ちたからといってダイエット前の食事量にすぐに戻すと、血糖値が乱高下し食欲コントロールが難しくなります。

リバウンドせずにダイエットを卒業するためには、糖質摂取量を急に増やすのではなく徐々に戻していくことが重要です。

2. ダイエット終了後も糖質の過剰摂取を防ぐ意識を持ちましょう

食品に含まれる糖質量を意識するのをやめてしまうと、あっという間に過剰摂取になってしまい、リバウンドしてしまうでしょう。

ダイエット前の食生活に戻すときは、糖質摂取量を調整しながら少しずつ増やしていくことをおすすめします。

3. 基礎代謝を高める運動を取り入れて体質改善を目指します

筋肉が落ちてしまうと、基礎代謝が低下しエネルギーが燃焼されにくくなり、糖質が脂肪になって体に蓄積されやくなります。

ダイエット終了後も適度な有酸素運動や筋トレを取り入れると、健康的に、きれいな体型キープを可能にします。

4. バランスのよい食事が継続的に痩せる体質を作ります

リバウンドしないで体重維持するためには、ダイエット前後の食生活を比較して、食事の変化を把握することが大切です。

栄養バランスが整ったメニューで、糖質やカロリーが過剰摂取にならないための食事量を意識しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る