炭水化物ダイエットと老化には関係があるのですか?

炭水化物中の糖質の摂りすぎが老化につながる可能性はあります


炭水化物ダイエットは、カロリーの摂取量を控えることで減量効果が期待できるダイエット方法です。

炭水化物の多い食品には、ご飯やパンなどのデンプンを主成分とする食品がありますが、炭水化物は水溶性の糖質と水に溶けない食物繊維を合わせたものですので、これらの食品を摂らなくても糖質を多く含む食品を摂ると、ダイエット効果が期待できない場合があります。

過剰に摂取された糖質が体内で消費されずに余ると、脂肪として蓄積されて太る原因となりますので、食品中の糖質量に注意して摂りすぎないようにしましょう。

老化は毛髪や顔貌、皮膚のしわなどの外見的なものから、記憶と物忘れ、内臓、血管の老化などいくつもの要素を総合して判別されますので、老化の程度をはかる明確な定義はないようです。

老化の進行についても個人差が大きく、体の場所や臓器によっても一様ではありません。

近年、老化についての研究が進められ、糖質を控えることで老化を抑制できる可能性が示唆されています。

炭水化物のうち糖質量を控えることで、体に必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

インスリンが老化を促進することが示唆されています

近年、老化に関する研究が進められ、多くの研究報告がなされています。

老化には多くの因子が関係しており個人差もありますが、老化のメカニズムについて徐々に解明されているようです。

インスリンは血液中の糖質量をコントロールするはたらきをもつほか、老化を促進することがわかってきました。

糖質の過剰摂取によってインスリンの効き目がなくなってくると、慢性的な高血糖となってインスリンが多量に分泌されるようになり、老化が促進されると考えられます。

また、生活習慣病などによる肥満は、メタボリックシンドロームを引き起こし、血管の老化現象といわれる動脈硬化や高血圧の一因となっています。

そして糖尿病は、認知症の発症リスクとなることも知られています。

炭水化物のなかの糖質の摂取量を控えることでインスリンの分泌を抑え、肥満防止や老化を促進させないことにつながりそうです。

糖質の過剰摂取による糖化が老化を進める一因となります


ほかにも老化の原因には、血液の糖化があります。

血液の糖化は、血糖値が高い状態が続いてヘモグロビンなどの血液成分と血糖が結びつくことです。

その割合が多くなると糖尿病が疑われます。

糖化した血液成分は、全身をめぐって血管を傷付けるため、網膜症、腎症、神経障害などの合併症を引き起こします。

近年、日本人には糖尿病が増え続けていますが、糖尿病の発症リスクを抑えるためには、メタボリックシンドローム(代謝症候群)の原因となる肥満の防止または改善が必要です。

炭水化物のうち糖質を過剰に摂ると、消費されずに余った糖質は脂肪として蓄えられてしまいますので、摂取量を控えることで脂肪を溜めないようにすることが大切です。

また、過食や不規則な生活など生活習慣を見直し、継続的に運動を取り入れるようにしましょう。

糖質を控えた食事で健康的に痩せる効果が期待できます

糖質の多い食品には、穀類やイモ類のほかにも、にんじんやかぼちゃなどの野菜、りんごやバナナなどの果物があります。

また、菓子や甘い飲み物には、糖質が多く含まれますので避けるようにしましょう。

ご飯やパン、イモ類は、炭水化物のほかにもビタミンやミネラルなど代謝や老化に関係する栄養素を含んでいますので、ライフスタイルやダイエットの目標に合わせて摂取量を調整しましょう。

また、炭水化物ダイエット中はカロリーの総摂取量が低くなりすぎる傾向があるといわれています。

基礎代謝量を下回らないように栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

糖質を抑えることを注意しながらでも、肉や魚などタンパク質の多い食品もしっかり食べることができます。

また、きのこ類や海藻類など、炭水化物のうち食物繊維の多い食品は積極的に摂ると良いでしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットと老化には関係があるのですか?

1. 炭水化物中の糖質の摂りすぎが老化につながる可能性はあります

炭水化物は水溶性の糖質と水に溶けない食物繊維を合わせたもので、過剰に摂取された糖質が体内で消費されずに余ると、脂肪として蓄積されて太る原因となります。

近年は老化についての研究が進められ、糖質を控えることで老化を抑制できる可能性が示唆されています。

糖質量を控えることで、体に必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

2. インスリンが老化を促進することが示唆されています

老化には多くの因子が関係していますが、インスリンが老化を促進することがわかってきました。

糖質の過剰摂取によってインスリンの効き目がなくなってくると、慢性的な高血糖となってインスリンが多量に分泌されるようになり、老化が促進されると考えられます。

炭水化物のうち糖質の摂取量を控えることがインスリンの分泌を抑え、老化を促進させないことにつながりそうです。

3. 糖質の過剰摂取による糖化が老化を進める一因となります

血糖値が高い状態が続いてヘモグロビンなどの血液成分と血糖が結びつく血液の糖化も、老化の原因とされています。

糖化した血液成分は全身をめぐって血管を傷付けるため、網膜症、腎症、神経障害などの合併症を引き起こします。

糖化の割合が高くなると糖尿病が疑われますが、近年、日本人には糖尿病が増え続けていて、糖尿病の発症リスクを抑えるためには、肥満の防止または改善が必要です。

4. 糖質を控えた食事で健康的に痩せる効果が期待できます

ご飯やパン、イモ類は、炭水化物のほかにもビタミンやミネラルなど代謝や老化に関係する栄養素を含んでいますので、ライフスタイルやダイエットの目標に合わせて摂取量を調整しましょう。

糖質を抑えることを注意しながらでも、肉や魚などタンパク質の多い食品はしっかり食べることができますので、基礎代謝量を下回らないように栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る