炭水化物ダイエットをすると疲れやすいですか?

エネルギー摂取量が不足すると疲れやすくなることがあります


ダイエットの基本はエネルギーの摂取量を消費量よりも少なくすることですので、食事を減らすことからダイエットをスタートする方も多いかもしれません。

特に、炭水化物には太るイメージを持ちやすく、摂取量を制限することで体重を減らすことができると考えられています。

実際、エネルギーの摂取量を減らすと比較的短期間で体重が減ることが多いため、ダイエット効果を実感しやすいようです。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものですので、炭水化物を多く含むご飯やパンなどの主食を控えるかわりに、甘い食べ物や飲み物などの糖質を多く含む食品を摂るとダイエット効果が得られなくなります。

また、糖質がエネルギーとして消費された後に体脂肪が消費されますので、糖質を制限することで脂肪の燃焼が促進されます。

私たちの体は安静にしているときにも代謝や恒常性を維持するためにエネルギーを消費していますので、エネルギーの摂取量が極端に減った状態が長く続けば、疲れやすくなる、集中力が低下するなどの健康障害を引き起こす可能性もあります。

糖質や脂質の過剰な摂取を控えて、タンパク質や食物繊維を多く含む食品を摂るなど栄養バランスに注意を向けることで、健康的に痩せる効果が期待できます。

炭水化物を控えることで体の水分や筋肉が減ることがあります

炭水化物は、体を動かすエネルギー源となるとても重要な栄養素です。

ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることですから、炭水化物の摂取量を控えることで、体重の減少効果が期待できます。

しかし、炭水化物が極端に不足した状態が続くと、疲れやすくなることがあるほか、脳の活動のエネルギー源も不足して集中力が低下することもあるようです。

また、食事の量を減らす状態が続くと体重は減りますが、体脂肪だけでなく、体の水分や筋肉が減ることも多いといわれています。

筋肉が減ると、基礎代謝量が落ちて脂肪が燃焼しにくく痩せにくい体になってしまいます。

ダイエットでは、体脂肪を減らすことが目的ですから、糖質を摂りすぎないように注意し、運動も取り入れることが大切です。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです


炭水化物は、水溶性の糖質と水に溶けない食物繊維を合わせたものです。

糖質は体内で分解されてブドウ糖などの単糖類になり、小腸で吸収されて血液中に溶け、体中に運ばれてエネルギー源となります。

消費されずに余った糖質は肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられ、必要に応じてまたブドウ糖に分解されてエネルギー源となります。

しかし蓄えられる量には上限がありますので、過剰に摂った糖質は脂肪として蓄積され、太る原因となります。

また、血液中のブドウ糖の量(血糖値)を一定に保つために、すい臓からインスリンが分泌されますが、インスリンには糖質を脂肪に変えようとするはたらきもあります。

糖質の摂取量を控えて過剰なインスリンの分泌を抑えることも、脂肪の蓄積を予防することになります。

ダイエット効果を得るためには、炭水化物というよりは、糖質の摂取量を控えて適切に保つことが大切と考えられます。

糖質量に注目して栄養バランスの取れた食事を摂りましょう

炭水化物ダイエットでは、デンプンを多く含むご飯やパンなどを控えるか摂らないことが多いようですが、主食を抜くことで、その他の栄養素が不足することがあります。

食物繊維は、整腸作用のほかにも血糖値の上昇抑制や血中コレステロール低下などの生理機能がありますので、積極的に摂りたい栄養素です。

過剰に摂った糖質が脂肪として蓄積されることが太る原因となりますので、炭水化物だけでなく食事全体の糖質量に注目して、その他の必要な栄養素をバランスよく取り入れた食事内容にすることが大切です。

玄米や胚芽の入ったパンなどを取り入れるのも糖質量を減らすことに大変役立ちます。

また、エネルギー源の消費の優先順位は、糖質の後が体脂肪となりますので、糖質を摂りすぎると体脂肪の燃焼が後回しにされてしまいます。

糖質を控え、タンパク質や食物繊維を多く含む食品などを中心とした栄養バランスの取れた食事で、健康的に痩せることが期待できます。

(まとめ)炭水化物ダイエットをすると疲れやすいですか?

1. エネルギー摂取量が不足すると疲れやすくなることがあります

炭水化物には太るイメージを持ちやすく、摂取量を制限することで体重を減らすことができると考えられています。

実際、エネルギーの摂取量を減らすと比較的短期間で体重が減ることが多いようですが、エネルギーの摂取量が基礎代謝量を下回る状態が長く続くと、疲れやすくなる、集中力が低下するなどの健康障害を引き起こす可能性もあります。

2. 炭水化物を控えることで体の水分や筋肉が減ることがあります

ダイエットで摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることで体重は減少しますが、体脂肪だけでなく体の水分や筋肉が減ることも多いといわれています。

筋肉が減ると、基礎代謝量が落ちて脂肪が燃焼しにくく痩せにくい体になってしまいます。

体脂肪を減らすことが目的ですから、糖質を摂りすぎないように注意し、運動も取り入れることが大切です。

3. 炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたもので、糖質は体内でブドウ糖などになりエネルギー源となりますが、消費されずに余った糖質は脂肪として蓄積されます。

血液中のブドウ糖の量(血糖値)を一定に保つインスリンには糖質を脂肪に変えようとするはたらきもありますので、インスリンの分泌量を抑えることも、脂肪の蓄積予防になります。

炭水化物だけでなく糖質の摂取量を適切に保つことでダイエット効果が期待できます。

4. 糖質量に注目して栄養バランスの取れた食事を摂りましょう

炭水化物ダイエットでは主食を抜くことが多いですが、そのためにその他の栄養素が不足することがあります。

食物繊維は、整腸作用のほかにも血糖値の上昇抑制や血中コレステロール低下などの生理機能がありますので、積極的に摂りたい栄養素です。

炭水化物だけでなく食事全体の糖質量に注目して、必要な栄養素をバランスよく取り入れた食事内容にすることが大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る