炭水化物ダイエットと糖質ダイエットは違いますか?

はい、炭水化物に含まれる糖質を摂りすぎると太る原因に


ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くすることですので、ダイエット中はなるべく低カロリーの食品を摂るようにするとよいと一般的に考えられています。

ダイエットの中でも、食事を抜く方法や単品の食品のみを摂るダイエット方法は、手軽に始めやすく、比較的短期間で減量効果が出やすいといわれています。

食事のカロリーを抑えるダイエット方法の一つが、炭水化物を少し抜くダイエット方法です。

これは、ご飯やパンなどの炭水化物を多く含む食品を控えて、食事によるカロリーの摂取量を少なくし、減量効果を期待するものです。

炭水化物を多く含む食品といえば、ご飯やパン、イモ類などのデンプンを多く含む食品が挙げられますが、体内でおもにエネルギー源となるのはデンプンが分解されてできる糖質です。

そして、消費されずに余った糖質が、脂肪として蓄積されて太る原因となります。

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものですので、炭水化物を多く含む食品を控えるというより、糖質の多い食品を意識して控えることが大切です。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです

炭水化物には消化・吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があり、エネルギーとして消費されるのは糖質です。

ご飯やパンに多く含まれているデンプンは、体の中で分解されてブドウ糖などの単糖類になり、血液に溶けて体全体に運ばれ、エネルギー源として利用されます。

この他に、グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄積されて、必要なときに分解されエネルギー源として利用されますが、貯蔵できる量には限界があるため、余った分が脂肪として蓄えられて、太る原因となります。

炭水化物ダイエットは、炭水化物を多く含む食品を避けるダイエット方法ですので、ご飯やパンなどを食べなくても糖質の多い食品を代わりに摂ってしまうと、摂取する糖質の量は減らないため、ダイエット効果が期待できない可能性があります。

糖質の大量摂取による血糖値の乱高下に注意しましょう


食事をして摂取した糖質は、体の中で分解されてブドウ糖に変わり、小腸で吸収されて血液中に溶けて全身に送られます。

血液中のブドウ糖(血糖)が増えると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を一定に保つようにはたらきます。

ところが、インスリンはまた、余った糖質を脂肪に変えるはたらきもありますので、糖質の多い食事を摂り続けることは脂肪が蓄積される原因となります。

また、大量に糖質を摂ることで血糖値が急上昇すると、インスリンも大量に分泌されて血糖が減りすぎてしまって空腹を感じるようになります。

そして、血糖値が乱高下することになり、これは、動脈硬化の原因となります。

肥満防止と健康面の両方から、糖質を摂りすぎないことは大切です。

糖質ダイエットで健康的に痩せる効果が期待できます

炭水化物ダイエットや糖質ダイエットでは、主食を抜く場合や低糖質の食品に置き換えることが多くなるため、食事から摂取するカロリーが少なくなる傾向にあるようです。

エネルギー不足によって疲れやすくなることがありますので、食事の量を極端に減らさないようすることが大切です。

食事中の糖質の摂取量を抑えるという考え方なら、それほどカロリーを気にする必要はありませんので、たっぷり食べることができますし、面倒なカロリー計算も不要です。

主食となる食品以外にも、野菜や果物にも糖質を多く含むものがありますので、食事内容には注意が必要です。

にんじんなどの根菜類や、かぼちゃやトマトなどはなるべく避けたい食品です。

ダイエット中には、ほうれん草などの野菜や、肉や魚などタンパク質を多く含む食品、キノコや海藻など食物繊維を多く含む食品、そして大豆製品などを摂るようにするとよいでしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットと糖質ダイエットは違いますか?

1. はい、炭水化物に含まれる糖質を摂りすぎると太る原因に

食事からのカロリー摂取量を抑えるダイエット方法の一つに炭水化物ダイエットがあります。

炭水化物を多く含む食品は、ご飯やパン、イモ類などのデンプンを多く含む食品ありますが、体内でおもにエネルギー源となるのはデンプンが分解されてできる糖質です。

消費されずに余った糖質が脂肪として蓄積されて太る原因となります。

2. 炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです

炭水化物には消化・吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があります。

摂りすぎて消費されずに余った糖質は、脂肪として蓄えられ、太る原因となります。

炭水化物ダイエットでご飯やパンなどを食べなくても、糖質の多い食品を代わりに摂ると、摂取する糖質の量は減らないため、ダイエット効果が期待できない可能性があります。

3. 糖質の大量摂取による血糖値の乱高下に注意しましょう

糖質は体内でブドウ糖に変わり、小腸で吸収されて血液中に溶けて全身に送られます。

血液中のブドウ糖(血糖)を一定に保つはたらきを持つインスリンには、余った糖質を脂肪に変えるはたらきもあり、脂肪が蓄積される一因となります。

また、大量に糖質を摂ることによる血糖値の乱高下は、動脈硬化の原因となります。

肥満防止と健康面の両方から、糖質を摂りすぎないことが大切です。

4. 糖質ダイエットで健康的に痩せる効果が期待できます

ダイエット中に、エネルギー不足にならないよう、食事の量を極端に減らさないようすることが大切です。

糖質の摂取量を抑えるという考え方なら、あまりカロリーを気にしないでたっぷり食べることができます。

主食となる食品以外にも、野菜や果物にも糖質を多く含むものがありますので、食事内容には注意が必要です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る