炭水化物ダイエットの正しいやり方とは?

炭水化物ダイエットの正しいやり方はバランスのとれた食生活をすることです


炭水化物ダイエットで正しいやり方をする際に大切なことは、栄養バランスがしっかりとれた食生活をすることです。

炭水化物ダイエットで極端に栄養素を摂りすぎたり摂らなかったりすると、栄養バランスが崩れます。

炭水化物ダイエットで炭水化物の食べ物を一切摂らない、または偏って食べてしまうと食物繊維不足になる可能性がありますので気をつけましょう。

それだけではなく、食事の仕方や生活習慣も改善することが大事です。

そして運動をするとさらに効果があるので適度な運動をしましょう。

食事をするときはタンパク質と食物繊維を組み合わせましょう

炭水化物ダイエットでは、主食を低糖質に置き換えるだけではなく、食事をする際にタンパク質と食物繊維の組み合わせを意識することが理想的です。

タンパク質は、主に筋肉や臓器、皮膚、爪、髪の毛などの身体の組織を構成する際に重要な成分なのです。

タンパク質を摂ると、身体を活性化し外的環境から守ってくれる効果があるといわれています。

タンパク質が多く含まれている食材は、肉、魚、卵、大豆食品です。

このような食材を使った料理を食べましょう。

ただし、肉は脂肪が含まれています。

脂肪を多く摂りすぎてしまうと中性脂肪になって体内に蓄積されてしまうことになります。

肉類は脂肪の少ないところを選ぶようにするといいです。

タンパク質を十分に摂らないと身体づくりがうまくいかなかったり活力低下になったりする可能性があるといわれています。

タンパク質を摂るように心がけましょう。

食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類があります。

「水溶性食物繊維」は水に溶けるのが特徴で、腸内からのコレステロールを抑えたり、糖質の吸収を抑えてくれたりする効果があるといわれています。

さらに、乱れた身体の環境を整えて満足感を与えてくれます。

主にきのこ、大根、海藻、アボカドなどに含まれています。

「不溶性食物繊維」は水に溶けなくて、腸を刺激し便通を改善する効果があるといわれています。

どちらの食物繊維も摂りたい場合は、どちらの食物繊維も含まれている納豆を食べるといいでしょう。

調理法や味付けはシンプルにするといいです。

食事をする際に偏って食べないようにビタミンやミネラル分の栄養を考えて食べましょう。

今までの食べ方や生活習慣を改善することが大事です


炭水化物ダイエットを正しいやり方でするには、日頃している食べ方や生活習慣を改善することが必要になります。

下記のように改善をすることが大切になってきます。

野菜から食べるようにする

野菜を一皿分先に食べることで血糖の吸収が穏やかになる効果があるといわれています。

血糖値が急上昇してしまうと、インスリンも大量に分泌され、血糖を筋肉、肝臓、脂肪組織などに一気に送り込んでしまうため空腹を感じるのですが、野菜を先に食べることで血糖値が急上昇するのを防いでくれるのです。

下記の順番で食べると効果があります。

  1. 野菜(サラダ、漬物、海藻の酢の物など)
  2. スープや味噌汁
  3. 肉、魚
必ず1日3食摂る食生活をしましょう

炭水化物ダイエットでも1日1食を抜いたり、短期間絶食をしたりすることは逆効果になります。

食事を1回抜くことで身体が飢餓状態と勘違いし、防衛本能が働きます。

このことが影響して、本来は吸収されない脂肪まで過剰に吸収してしまう可能性があります。

そのため1日3食を食べるようにしましょう。

食事のボリュームは昼>朝>夜の順がいいでしょう。

毎回の食事は腹八分目で抑えることが大事です。

夜の食事では、21時以降の食事は避けましょう。

早食いをしないように気をつける

食べるのが早いと、満腹感を得る前に必要以上の食べ物を食べてしまい、食べ過ぎの原因になります。

よく噛んで食べるようにしましょう。

よく噛んで食べることで唾液が分泌され、脳の満腹中枢も刺激され、たくさんの量を食べなくても満足できる効果があるからです。

無理をしないで腹八分目の量にできます。

これらのことを実践して、自分の生活を改善し正しい炭水化物ダイエットで健康的に痩せましょう。

ダイエット計画を立てるようにしましょう

炭水化物ダイエットでも、ダイエット期間を決めるのは自分自身です。

まずはどのくらいの期間でどれくらい痩せたいか目標を立ててから、無理をしない計画を立てるようにすることが大事です。

短期間でダイエットの成果を出したいと考えている方は、1日3回主食を低糖質の食材に変えるようにしましょう。

早く痩せたいからと糖質を極端に制限して急激に体内の糖質が減少すると、脂肪だけではなく筋肉が痩せたり基礎代謝量も落ちたりしてしまう恐れがあります。

そのことが原因で、痩せにくくリバウンドしやすい身体になってしまうので気をつけましょう。

摂ってもいい糖質量は、1日30〜50グラムが目安といわれています。

ゆっくり体重を落としたいと考えている方は、1日1食のみ主食を低糖質の食材に変えることだけでも効果があります。

食生活だけではなく、適度にカロリー制限やウォーキングなどの運動もするとさらに効果があるといわれています。

無理せずに炭水化物ダイエットを進めることが大事です。

(まとめ)炭水化物ダイエットの正しいやり方とは?

1.炭水化物ダイエットの正しいやり方はバランスのとれた食生活をすることです

炭水化物ダイエットでも大切なことは栄養バランスを考えた食生活をすることです。

極端に炭水化物を抜いてしまうと食物繊維不足になる可能性があります。

食生活以外にも、生活習慣の改善や適度な運動をするように生活することが正しいやり方です。

2.食事をするときはタンパク質と食物繊維を組み合わせましょう

炭水化物ダイエットはタンパク質と植物繊維が多く含まれている食材を組み合わせて摂りましょう。

タンパク質は身体の活性化を促し外的環境から守る効果があり、食物繊維には腸内からのコレステロールや糖質などの吸収を抑えてくれる効果があります。

3.今までの食べ方や生活習慣を改善することが大事です

炭水化物ダイエットを正しくやるには、日頃の食べ方や生活習慣を改善する工夫をしましょう。

野菜から食べるように意識をすることで、血糖の吸収が穏やかになる効果があるといわれています。

その他に1日3食を摂ることや早食いしないように心がけましょう。

4.ダイエット計画を立てるようにしましょう

炭水化物ダイエットをする前に、どれぐらいの期間でどれぐらい痩せるかの目標を立ててから計画を立てましょう。

短期間で痩せたい場合は1日3食主食を低糖質の食材に変えましょう。

時間をかけて痩せたい場合は、1日1食主食を低糖質にしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る