炭水化物ダイエットで脂質も減らしたほうがいいの?

炭水化物ダイエットでも脂質を摂りすぎるのは控えた方が良いといえます


炭水化物ダイエットをしているときに、脂質を摂ってもいいのか気になることもあるでしょうが、脂質を摂りすぎてしまうのはよくありません。

炭水化物ダイエット中はタンパク質が多く含まれているお肉を食べますが、お肉には脂が多い部位もあります。

脂が多い部位のお肉ばかりを食べるのはなるべく避けましょう。

脂質が多いものばかり食べると、エネルギーの摂取量が多くなってしまい太る原因になるため気をつけましょう。

身体に良くなさそうだからと極端に制限するのはやめましょう

炭水化物ダイエットだからといって炭水化物に含まれている糖質や脂質が多い食品を極端に制限すると、身体に悪影響を与えることになります。

炭水化物を極端に制限をした場合、血中のアミノ酸がなくなってしまい、その代わりに筋肉を分解してブドウ糖の合成の材料にしてしまうため、一時的に痩せて脂肪が減っても筋肉や基礎代謝量も一緒に減ることになります。

ダイエットしているのにリバウンドしやすい身体になる可能性が高まります。

脂質は、糖や脂質の代謝にも関わる副腎皮膚ホルモンや女性ホルモンエストロゲン、テストステロンの原料となる大切な栄養素でもあります。

必要以上に制限してカットしてしまうと、必要なホルモンが生産されなくなり代謝機能が衰えてしまう可能性が高くなります。

その結果、頑張っているのにダイエットの結果がなかなか出ない原因にもなってしまいます。

炭水化物に含まれている糖質や脂質は極端に制限することはよくありません。

バランス良く栄養素を摂るようにしましょう。

バランスの良い食生活をするように意識しましょう


どのようなことでも、やりすぎはよくありません。

炭水化物ダイエットをしているときの食生活は、栄養素のバランスが良い食事をとるように日々気をつけましょう。

タンパク質と食物繊維の組み合わせ中心の食材を選んで食べるようにしましょう。

タンパク質は、筋肉、臓器、血液、皮膚、爪、髪の毛などの構成をします。

さらに身体を活性化し、外的環境から守る効果があるといわれています。

代表的な食材は、肉、魚、卵、大豆製品です。

食物繊維は乱れた身体環境を整えてくれる効果やお通じを促す効果があるといわれています。

代表的な食品は、季節の野菜、きのこ類、アボカド、海藻などです。

これらの栄養素が高い食材などを使って食事をしましょう。

調理をする際に、シンプルな味付け、調理法で作るといいでしょう。

また、食べる順番にも工夫をしましょう。

最初に野菜を食べるようにすると良いです。

最初に野菜を食べることで、血糖の吸収が穏やかになり血糖値の急上昇しにくくなります。

脂肪も控えめにするように気をつけることが大事です

脂肪を多く摂りすぎてしまうと、中性脂肪になって蓄積されてしまう可能性が高くなります。

炭水化物ダイエット中は、脂肪が多い肉や油の多い料理は控えるように気をつけましょう。

食事を制限しただけでは炭水化物ダイエットは成功しません。

摂取したエネルギーが消費エネルギーを超えないように気をつけましょう。

摂取エネルギーの方が多くなってしまった場合は、使われずに余った糖質は脂肪として蓄積されてしまいます。

食事で摂ったエネルギーよりも消費エネルギーを増やすように生活をすることが大事です。

そこで、毎日、ウォーキングをするようにするといいでしょう。

ウォーキングであれば運動が苦手でも続けられます。

日常の習慣にするようにしましょう。

また、食生活の見直しも大事です。

下記のような生活をしている場合は、改善しましょう。

  • 夕食を21時以降に食べる
  • 夜型の生活をしている
  • 癖で早食いをしてしまう
  • 満腹まで食べてしまう

炭水化物ダイエットでも規則正しい生活と食べる際にゆっくりよく噛んで食べるなどを気をつけることで健康的に痩せることができます。

食事制限の他にも気をつけて炭水化物ダイエットをするようにすることが大事です。

(まとめ)炭水化物ダイエットで脂質も減らしたほうがいいの?

1.炭水化物ダイエットでも脂質を摂りすぎるのは控えた方が良いといえます

炭水化物ダイエット中に脂肪が含まれる食材をある程度食べるのは問題ありませんが、タンパク質が多く含まれている肉を食べる際に脂肪が多い部位ばかり食べないようにしましょう。

脂質を摂りすぎると、エネルギー摂取量を摂りすぎてしまう可能性があります。

2.身体に良くなさそうだからと極端に制限するのはやめましょう

極端に炭水化物に含まれている糖質や脂質を制限すると身体に悪影響を与える可能性があります。

炭水化物を極端に抜いた場合、筋肉や基礎代謝量が減少してしまいリバウンドしやすくなります。

脂質を制限しすぎると、代謝機能が衰える可能性が高くなります。

3.バランスの良い食生活をするように意識しましょう

炭水化物ダイエットをしているときでも、栄養バランスを考えて食べるようにしましょう。

タンパク質と食物繊維が中心の食材を使って食べるといいといえます。

また、食事をするときは、野菜から食べるようにしましょう。

血糖値の急上昇を防いでくれます。

4.脂肪も控えめにするように気をつけることが大事です

炭水化物ダイエットは炭水化物だけではなく、脂肪も多く摂りすぎないように気をつけましょう。

特に脂肪が多い肉や油の多い料理は控えるように気をつけることが大事です。

食事制限の他に運動や、食べ方や生活習慣を見直すことも大事です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る