炭水化物ダイエットで糖質の最低摂取量はどれぐらい?

炭水化物ダイエットでの糖質の最低摂取量は1日(1食)30〜50グラムが目安といわれています


炭水化物ダイエットで炭水化物に含まれている糖質の最低摂取量は1日(1食)30〜50グラムが目安となっています。

しかし、この数値はひとつの目安であり、身体の状態、環境によって違います。

炭水化物ダイエットだからと糖質を極端に制限するのは止めましょう。

糖質の最低摂取量はしっかり摂るようにしてください。

そして正しく健康的に炭水化物ダイエットを行うようにしましょう。

栄養バランスを考えて食事をしましょう

同じ食材ばかり食べたり、極端に炭水化物や糖質を制限したりするのは身体やダイエットにもよくありません。

栄養が偏ってしまったり、筋肉や基礎代謝量が減ったりする原因になります。

栄養バランスを考えた食事をすることが大事です。

料理を作る際や食事をする際に理想的な栄養素の組み合わせを覚えておくといいでしょう。

理想的な栄養素の組み合わせとは、タンパク質と食物繊維です。

タンパク質は、身体を活性化し外的環境から守ってくれる効果があるといわれているからです。

タンパク質が多く含まれている食材は、肉、魚介、卵、大豆製品などです。

食物繊維は、水に溶ける「水溶性食物繊維」は乱れた身体環境を整えて満足感を与えてくれる効果があるといわれています。

水に溶けない「不溶性食物繊維」は朝からお通じを促す効果があります。

食物繊維が多く含まれている食材は、季節の野菜、海藻、きのこ、アボカドなどです。

タンパク質と食物繊維が多く含まれた食材を使って、料理のレパートリーを増やして食べることを楽しみましょう。

糖質の最低摂取量を摂ることも忘れないようにしましょう。

糖質には甘いものとそうでないものがあります


糖質というと、はちみつ、砂糖など甘いものに多く含まれているイメージがありますが、甘くないもののなかにも糖質が多く含まれているものがあるのです。

主食であるご飯、パンなどの穀物や、ジャガイモなどのイモ類に含まれているデンプンは、実は糖質なのです。

野菜は糖質が少ないイメージがありますが、野菜のなかにも糖質が多く含まれています。

糖質が多い野菜は、ごぼう、れんこん、にんじんなどの根菜類です。

また、火を通すと甘みが出る野菜は糖質が多い傾向があるといわれているため、食べる際は食べ過ぎないように気をつけましょう。

市販の食品の糖質量を知りたいときは、パッケージ裏に載っている「栄養成分表」の「炭水化物」の欄を見て、そこから食物繊維を引くと糖質量が分かります。

炭水化物ダイエットをしているときは買い物で食品を買う際に食品裏の「栄養成分表」を見る癖をつけ、糖質が多い食材や食品をなるべく選ばないようにすることや、栄養バランスを考えることが大切です。

食事の際に食べる順番や食べ方には気をつけましょう

炭水化物ダイエットでも大事なことは、食べるときの順番です。

最初に野菜から食べるようにしましょう。

野菜を最初に食べることで、血糖値の上昇を防ぎ、糖質が身体の中で中性脂肪に変わりにくくなる効果があるといわれています。

そして、野菜には食物酵素が多く含まれているため体内に入ると消化活動をサポートしてくれるといわれています。

野菜を食べた後は以下の順番で食べるといいでしょう。

スープや味噌汁、肉や魚などのメインになるタンパク質が多い食べ物、そして主食などの炭水化物が多く含まれているものがある場合は最後に食べるようにします。

もし主食のご飯やパンを食べる場合は少なめにして食べると糖質量がセーブされます。

また、早食いや満腹になるまで食べないようにしましょう。

食事をし始めて15分経つと脳が満腹だと感じます。

しかし早食いをして、満腹だと感じない前に食べ終わってしまうと余分なカロリー摂取に繋がる可能性があります。

食事をするときは、よく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。

そうすることで、食べ過ぎを防ぐことができるといわれています。

このような習慣が早く身につくように毎回の食事の際は忘れずに実行することが大事です。

(まとめ)炭水化物ダイエットで糖質の最低摂取量はどれぐらい?

1.炭水化物ダイエットでの糖質の最低摂取量は1日(1食)30〜50グラムが目安といわれています

炭水化物に含まれている糖質の最低摂取量の目安は1日(1食)30〜50グラムといわれています。

これは身体の状態、環境によって違いがあるため注意しましょう。

極端に炭水化物や糖質が含まれているものを制限するのはしないようにしましょう。

2.栄養バランスを考えて食事をしましょう

偏って食べたり、極端に糖質制限したりするのは身体やダイエットにもいい影響を与えません。

理想的な栄養素であるタンパク質と食物繊維を組み合わせて栄養バランス良く食事をしましょう。

糖質の最低摂取量を摂るのも忘れずに摂りましょう。

3.糖質には甘いものとそうでないものがあります

糖質は甘いものだけではなく甘くない食材にも多く含まれていることがあります。

ジャガイモなどのイモ類や、ごぼう、れんこん、にんじんなどの根菜類にも糖質が多く含まれています。

火を通すと甘みが出る野菜は糖質が多い傾向があるので気をつけましょう。

4.食事の際に食べる順番や食べ方には気をつけましょう

食事をする際に食べる順番を忘れないようにしましょう。

最初に野菜を食べてから、スープや味噌汁、魚、肉などタンパク質が多いものの順番で食べましょう。

炭水化物が多く含まれた主食を食べる場合は、量を少なめにして最後に食べるようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る