炭水化物ダイエットの原理とは?

炭水化物ダイエットの原理は、糖質を減らして血糖値の急上昇を防ぐことです


炭水化物は糖質と食物繊維が含まれており、糖質を大量に摂取すると、血糖値が急激に上がって、それに反応したインスリンが大量に分泌され余った糖質を脂肪に変える働きをします。

炭水化物ダイエットの原理は、炭水化物を制限することで、血糖値が急上昇することを防ぐことです。

糖質ではなく脂質がエネルギーとなって体脂肪が燃えやすくなります。

炭水化物ダイエットは制限が少ないため続けやすいといえます

人間に必要な栄養素のなかでも重要なのは「炭水化物、タンパク質、脂質」で、これらのことを三大栄養素と呼ばれます。

そのなかに炭水化物が含まれているのです。

そして炭水化物には、糖質と食物繊維という栄養素が含まれているのです。

身体を動かすエネルギー源の消費には優先順位があります。

はじめに糖質、次に体脂肪、タンパク質の順番で消費されるようになっています。

炭水化物に含まれている糖質を大量に摂ることで、体脂肪の燃焼が後回しにされ、いつになっても脂肪は減らないのです。

そして、糖質を摂ることで分泌されるインスリンは余った糖質を脂肪に変えてしまう働きがあります。

つまり、知らない間に脂肪を貯蓄していることになります。

それを解消するためにも、炭水化物ダイエットで糖質の制限をして、余った糖質が脂肪に変わらないように糖質量に気をつけたり、摂取エネルギーより消費エネルギーを増やしたりするようにしましょう。

炭水化物ダイエットのメリットは、下記のことがあります。

難しいカロリー計算がないため続けやすい

炭水化物が含まれている主食や砂糖などを控える以外は、他のダイエットのようにカロリー計算がないため他のダイエットと比べて続けやすいことです。

食欲を我慢しなくていい

ダイエットといえば、食事の量や種類が制限されているものが大半ですが、炭水化物ダイエットは、炭水化物が多く含まれている食材や主食を避ければ、他のものなら食べることができます。

低糖質の食材は意外にも豊富ですし、量も食べ過ぎなければ問題ありません。

そのため、空腹感などのストレスを感じることが少ないのです。

簡単に始められ、続けることも難しくないのは、かなり大きなメリットです。

炭水化物を抜くことで身体に様々な悪影響を与えることがあります


炭水化物ダイエットの原理である炭水化物を極端に抜きすぎてしまうと、様々なことに支障を与える場合があります。

炭水化物を摂らない代わりに肉を多く摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレストロールを促し、身体にとって大事なエネルギー源になる飽和脂肪酸の摂りすぎに繋がります。

また、炭水化物を摂らない食生活をしていると、血糖値が低くなります。

血糖値が低い状態が続くと、炭水化物を摂取した際に血糖値が急激に上昇し、その血糖値を下げるためにインスリンが大量に分泌されます。

そのことが原因で、以前より糖質を吸収しやすくなり、水分と脂肪を一気に蓄積してしまうことになるのです。

そして、日本人は、約6割が炭水化物からなる米を主食としており、そこから糖質を摂取しています。

炭水化物は、糖質と食物繊維が含まれていることを先ほど紹介しました。

完全に主食を抜いてしまうと、炭水化物に含まれている食物繊維不足や、おかず中心の食生活になることで塩分やタンパク質が過多になり、臓器や腸に負担がかかる可能性があります。

炭水化物を極端に抜いて、脂肪は減りますが、減って欲しくない筋肉や基礎代謝量まで減ることになります。

その結果、せっかく痩せてもリバウンドする可能性があるのです。

糖質の多い炭水化物を低炭水化物に変えることが大切です

炭水化物の多い食べ物は糖質が多く含まれています。

主食は炭水化物が多く含まれる傾向があるため、主食を低炭水化物に変えましょう。

下記の食材は血糖値を上げる糖質が多く含まれているため避けましょう。

  • ご飯、パンなどの穀物
  • さつまいも、ジャガイモなどのイモ類
  • 砂糖
  • トマト
  • 春雨

低糖質のおかずを中心に食べるようにしましょう。

おかずは、タンパク質が多い野菜、海藻、きのこなどのビタミンやミネラルが多く含まれているものを組み合わせて、シンプルな調理をして食べると効果があるといわれています。

低糖質の食事を毎日3食続ける必要はありません。

1日のうち1食または1品を低糖質の食事にすることで、今まで摂取してきた糖質量を減らすことができるのです。

自分の目標やペースに合わせて糖質制限したバランスの良い食事を取り入れてきましょう。

すぐにダイエットの結果を出したい方は、例えば1日3食低糖質の食事をしたり、外食した次の日は1日3食を低糖質の食事にしたりするなどの工夫をすると良いでしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットの原理とは?

1. 炭水化物ダイエットの原理は、糖質を減らして血糖値の急上昇を防ぐことです

炭水化物は糖質と食物繊維が含まれています。

炭水化物ダイエットの原理は、炭水化物を制限することで血糖値の急上昇やインスリンの大量分泌を防ぎ、糖質を脂肪に変える働きを防ぐことでダイエットしようというものです。

2.炭水化物ダイエットは制限が少ないため続けやすいといえます

炭水化物に含まれている糖質を大量に摂ることで、体脂肪の燃焼が後回しになります。

そこで、炭水化物を制限することで、糖質が脂肪に変わらないようにするのが炭水化物ダイエットです。

簡単で実行しやすく食欲を特に抑えなくていいことがメリットです。

3.炭水化物を抜くことで身体に様々な悪影響を与えることがあります

炭水化物を極端に抜きすぎると、炭水化物に含まれている食物繊維不足になる可能性があります。

また、炭水化物を摂らない代わりに肉を多く摂りすぎてしまうと、飽和脂肪酸の摂りすぎにつながります。

4.糖質の多い炭水化物を低炭水化物に変えることが大切です

主食は炭水化物の含まれている食べ物が多いです。

穀物、イモ類、砂糖、トマト、春雨を多く食べるのは控えましょう。

低糖質でタンパク質が多い野菜、海藻、きのこなどのビタミンやミネラルが多くまれている食材を使った料理を食べるといいです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る