炭水化物ダイエットで栄養不足になることはありますか?

糖質の極端な制限をすると体に必要なエネルギーが不足します


主食のごはんやパン、菓子類など糖質を制限した食事方法で痩せる「炭水化物ダイエット」が注目されています。

炭水化物ダイエットは、細かいカロリー計算や運動をしなくても低糖質高タンパクの食事に切り替えることで体重ダウンにつながるといわれています。

しかしながら無理なダイエットで、極端に炭水化物を減らしたり、食事を抜いたりすると、エネルギーが補給されず栄養不足になってしまいます。

糖質は、体を動かすエネルギー源になる大切な栄養素です。

そのため、糖質が足りなくなると、脳が体内のエネルギーを温存するよう指示を出します。

すると、体に蓄積されているエネルギー「脂肪」が燃焼されにくくなり代謝が下がります。

基礎代謝が低下すると、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

また、栄養不足は脳の働きを低下させ、心身ともにダメージを引き起こす恐れがあります。

集中力低下、イライラ、精神不安、肌荒れ、生理不順など、さまざまなトラブルが考えられるでしょう。

体の活動に必要な栄養をバランス良く補給することが、炭水化物ダイエットの成功につながります。

炭水化物ダイエットで不足しがちな栄養素を知りましょう

炭水化物ダイエット中は、食事制限によって栄養不足がちになります。

体のトラブルの原因になりうる栄養素を把握し積極的に摂取することが、健康的に痩せるためには重要になります。

ビタミンB群やタンパク質、鉄分、カルシウムやミネラルは意識的に摂取すると代謝アップにつながります。

ビタミンB群やタンパク質は、エネルギーの代謝に必要な栄養素の1つです。

赤身部分の肉やレバー、青魚、豆類、玄米などに多く含まれます。

鉄分は、赤血球の働きを助け体の抵抗力を高める栄養素です。

豚レバー、貝類、海藻類などに多く含まれます。

カルシウムやミネラルは、骨や筋肉を維持する栄養素です。

チーズやしらす、ナッツ類などに多く含まれます。

これらの栄養素を含む食材をバランス良く摂取することが大切になります。

ただし、過剰に摂取してしまっては、せっかくのダイエットが台無しです。

体の活動に必要となる適切なカロリー量を意識しながら、栄養不足にならないためのメニューを心がけましょう。

栄養不足は心身にダメージを引き起こします


炭水化物ダイエットで、体に必要な栄養が不足した状態が続くと心身ともに大きなダメージを引き起こすといわれています。

エネルギーが不足すると、体と脳の活動が鈍くなっていきます。

そのため、集中力、記憶力が低下し、無気力で気持ちが落ち込みがちになることがあります。

さらに悪化すると過度のストレスから、鬱状態になり神経症の病気を引き起こす恐れもあります。

また、見た目にも変化があらわれます。

肌荒れ、口内炎、体のむくみ、髪質の劣化なども、考えられます。

女性の場合は、生理不順からくる不妊、便秘や貧血などもおこりえます。

栄養不足の状態が続いてしまうと、内臓器官にも負担をかけることになり、基礎代謝が低下していきます。

代謝が低下することで、体内に蓄積された脂肪が燃焼されにくくなり、糖質制限を続けていても体重が減らない状態になることもありえます。

仮に体重がダウンしても、やつれて疲れた痩せ方をしてしまうと、ダイエットが成功したとはいえません。

健康にリバウンドせずに痩せるためには、しっかりと栄養補給をおこない美しく痩せるための食生活を意識することが大切です。

栄養バランスの良い食生活が痩せる体質を作ります

炭水化物ダイエット中は、1品だけ抜くという方法ではなく、品数は変えず食事全体の量を減らすことがポイントになります。

例えば、「主食のごはんは食べない」という方法は、短期間で体重が落ちるかもしれませんが、栄養不足になりがちで長続きせず、リバウンドしやすいといわれています。

栄養バランスとカロリーバランスを調整しながら、1日3食規則正しく食事を摂ることが代謝の高い体を作るためには大切になります。

中でも、朝・昼・夜の食事では、朝と昼の比重を上げて夜は軽めにすることをおすすめします。

また、野菜や海藻類から食べ始めると、血糖値の上昇を抑えるためにも、早食いやドカ食いを予防することにもつながります。

よく咬んでゆっくりと食事を摂る習慣を作ることも、ダイエットにつながります。

栄養を考えた食事コントロールと併せて、ウォーキングや軽いジョギングなど適度な有酸素運動を組み合わせるとより効果が見込めます。

栄養バランスの良い食事と適度な運動で生活習慣を整えることが、炭水化物ダイエットを成功させるためには重要です。

(まとめ)炭水化物ダイエットで栄養不足になることはありますか?

1. 糖質の極端な制限をすると体に必要なエネルギーが不足します

無理なダイエットで、極端に炭水化物を減らしたり、食事を抜いたりすると、エネルギーが補給されず栄養不足の状態になってしまいます。

栄養不足は脳の働きを低下させ、心身ともに深刻なダメージを引き起こす恐れがあります。

2. 炭水化物ダイエットで不足しがちな栄養素を知りましょう

体のトラブルの原因になりうる栄養素を把握し積極的に摂取することが、健康的に痩せるためには重要になります。

ビタミンB群やタンパク質、鉄分、カルシウムやミネラルは意識的に摂取すると代謝アップにつながります。

3. 栄養不足は心身にダメージを引き起こします

栄養不足の状態が続くと心身ともに大きなダメージを引き起こします。

エネルギーが不足すると、体と脳の活動が鈍くなっていき、やつれて疲れた痩せ方になります。

しっかりと栄養補給をおこない、美しく痩せる食生活を意識しましょう。

4. 栄養バランスの良い食生活が痩せる体質を作ります

炭水化物ダイエット中は、1品だけ抜くという方法ではなく、品数は変えず食事全体の量を減らすことがポイントになります。

栄養バランスとカロリーバランスを調整しながら、1日3食規則正しく食事を摂ることが大切になります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る