炭水化物ダイエットに、ビタミンBの摂取が必要ですか?

食べ物からエネルギーを生み出すのにビタミンB群が必要です


ごはんやパン、甘味類を制限した炭水化物ダイエットでは、とくに、摂取した少ない糖質をエネルギーに変える働きを持つビタミンB群は、不可欠といわれています。

ビタミンB群は生命活動に関わる補酵素の合成原料ですので、体内の物質代謝になくてはならないものです。

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、B12+葉酸、ビオチンを指します。

ビタミンB群の栄養素は、単独で作用するものではなく、お互いの栄養素を一緒に摂取することで効果を発揮するといわれています。

ただし、水溶性のビタミンのため、水と混ざり体の外に排出されやすい特徴があります。

調理前の水洗いや下茹でだけでも、ビタミンが流れてしまうことも多く、適量を補給し続けることは難しい栄養素です。

ですが、ビタミンB群の栄養素が不足すると、代謝が低下して、さまざまな体のトラブルが引き起こされます。

例えば、内臓機能の低下、脂質の活性酸素による酸化、疲労感、心疾患、皮膚トラブル等、重篤な症状の原因になることもあり得ます。

少ない摂取量の糖質を効率的にエネルギーにするためにも、炭水化物ダイエットでは、とくに、ビタミンB群の栄養素は必須といえるでしょう。

ビタミンB群の栄養素の役割を理解しましょう

ビタミンB群の栄養素は、それぞれ異なる特徴を持っています。

ビタミンB1は、主に、糖質をエネルギーに変える役割を担い、疲労が溜まったときなどに出る乳酸を分解する働きを持っています。

ビタミンB2は、主に脂質をエネルギーに変える役割を担い、皮膚や粘膜の代謝に関わり、口内炎や目の充血などを防ぐ作用があります。

ビタミンB6は、タンパク質をエネルギーに変える役割を担い、免疫機能を維持し肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎます。

ナイアシンは、脂質、糖質、タンパク質の代謝に関わり、神経症状を防ぎます。

パントテン酸は、脂質、糖質、タンパク質の代謝を助け、善玉LDLコレステロールを増やす作用があります。

ビタミン12+葉酸は、2つの栄養素で赤血球の形成に関わり、神経系や脳の発育を助けます。

ビオチンは、皮膚の代謝を助け、白髪・薄毛を予防します。

ビタミンB群は、それぞれ関与しながら体内で作用する栄養素なので、どれかひとつを摂取すれば良いというものではありません。

それぞれの栄養素が含まれたバランスの良い食材選びが重要です。

ビタミンは普段の食事で不足しがちな栄養素です


炭水化物ダイエットに効果が高いビタミンB群を多く含む食材として、肉類、魚介類、豆類があげられます。

肉類であれば、赤身部分の多い豚ヒレ肉やレバーがおすすめです。

魚介類であれば、青魚のカツオやサンマ、アサリやウナギもおすすめです。

豆類であれば、納豆やピーナッツも良いでしょう。

米は、精米する前の玄米の状態であれば、ビタミンB1を多く含みます。

炭水化物ダイエットの鍵になるビタミンB群ですが、ビタミンC、ビタミンEも併せて摂取すると糖質制限の効果が発揮しやすいと考えられています。

野菜や果物に多く含まれるビタミンCは、むくみの解消に、魚卵に多く含まれるビタミンEは、血行促進や冷え性改善に効果があるといわれています。

ただし、ビタミンEは脂溶性ビタミンであるため、1日摂取量の目安である7~9 mgの範囲を超えて過剰摂取にならないよう気をつけましょう。

ビタミンは、現代の食生活で不足しやすい栄養素です。

理由のひとつに、見栄え重視のきれいなパッケージで食材が販売されるため、水洗いや精製、加工などの工程でビタミンが減少していることがあげられています。

野菜類や米などは、調理前に洗い過ぎないよう意識しましょう。

ただ、ビタミン量が豊富であっても低糖質な食材ではないこともあります。

炭水化物ダイエット中であれば、低糖質で効率的にビタミンを摂取できる食材を選ぶことも大切です。

ビタミン不足が引き起こす体のトラブル症状

炭水化物ダイエットでビタミンが不足した場合、どのような影響を及ぼすのでしょうか。

ダイエット中でなくても、ビタミンが不足すると基礎代謝が低下し、疲労感や皮膚炎など体のトラブルを引き起こすといわれています。

ビタミンが不足すると、乳酸が分解されにくくなり、疲れやすく、強い倦怠感を抱く症状があらわれることがあります。

また、脳の働きに作用するので、集中力が低下し、イライラすることが増えるでしょう。

皮膚炎、口内炎などのトラブルが発生することも考えられます。

体全体の血行が悪くなるため、肩こりや下肢のしびれを感じることもあります。

炭水化物ダイエットを成功させるためには、低糖質な食生活に適度な運動をプラスし、体の代謝を高めることが必要です。

代謝が下がると、心身ともに疲弊し、ダイエットを続ける体力や気持ちを維持することが難しくなることもあります。

カロリー・糖質カットだけを意識するのではなく、ビタミンやミネラルなどを適切に補給し、美しく健康的な痩せる体質作りを目指しましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットに、ビタミンBの摂取が必要ですか?

1. 食べ物からエネルギーを生み出すのにビタミンB群が必要です

炭水化物ダイエットでは、摂取した糖質をエネルギーに変える働きを促すビタミンB群が必要不可欠といわれています。

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、B12+葉酸、ビオチンの7種類を指します。

2. ビタミンB群の栄養素の役割を理解しましょう

ビタミンB群の栄養素は、それぞれ異なる特徴を持っています。

これらは単独で作用するものではなく、お互いの栄養素を一緒に摂取することで効果を発揮します。

それぞれの栄養素が含まれたバランスの良い食材選びが重要になります。

3. ビタミンは普段の食事で不足しがちな栄養素です

ビタミンB群を多く含む食材として、肉類、魚介類、豆類があげられます。

しかし、ビタミンは、現代の食生活で不足しやすい栄養素です。

炭水化物ダイエット中であれば、低糖質で効率的にビタミンを摂取できる食材を選ぶことが大切です。

4. ビタミン不足が引き起こす体のトラブル症状

ビタミン不足は、基礎代謝が低下し、疲労感や皮膚炎など体のトラブルを引き起こすといわれています。

カロリーや糖質カットを意識するだけでなく、ビタミンやミネラルなどを適切に補給し、健康的な痩せる体質作りを目指しましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る