炭水化物ダイエットでは、はちみつを食べてもいいのですか?

はちみつには糖質が多いので、控えた方がいいでしょう


炭水化物ダイエットでは、ご飯やパン、イモ類などを控えてエネルギーの摂取量を減らすことで、ダイエット効果が期待できます。

一般的に炭水化物を多く含む食品は、デンプンを多く含む食品と同じ意味で捉えられることが多いようですが、炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものですので、糖質を多く含む食品を摂ることもダイエット中は控えた方がよいでしょう。

糖質を多く含む食品には、砂糖をはじめ、りんごやバナナなどの果物、にんじんやかぼちゃなどの野菜もあります。

はちみつは、ビタミンやミネラルなどを豊富に含みますので、美容や健康によい食品として知られていますが、糖質も多く含まれています。

糖質は、体内でエネルギーとして消費された後、余った分は脂肪として蓄積され、太る原因となります。

また、糖質が消費されてしまった後に、脂肪がエネルギーとして使用されますので、糖質を控えることが脂肪の燃焼を促進することにつながります。

ところで、食品の糖質に注目して食事を摂るようにすると、カロリーはそれほど気にしなくてもよくなります。

肉や魚なども食べることができるようになりますので、必要な栄養を摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

食品の糖質量に注目し、エネルギー摂取量を減らしましょう

炭水化物は、水溶性の糖質と、不溶性の食物繊維を合わせたものです。

糖質は、体を動かすためのエネルギー源として体内で消費されますが、摂りすぎて余った糖質は脂肪として蓄積されてしまいますので、糖質を摂りすぎることが太る原因といえます。

糖質を多く含む食品は、ご飯やパン、イモ類などのデンプンを多く含む食品がありますが、それだけではありません。

砂糖をはじめ、りんごやバナナといった果物や、にんじんやかぼちゃなどの野菜なども、糖質の多い食品です。

炭水化物ダイエットは、主食を抜くだけで手軽に始めやすいように思われますが、主食以外の食品の糖質量にも注意が必要です。

また、脂質も過剰に摂らないようにして、タンパク質や食物繊維はしっかり摂るなど、栄養バランスのよい食事を摂ることを心がけなければいけません。

はちみつ大さじ1杯あたりの糖質量は約17gあります


はちみつには、ビタミンB群をはじめ、多くのビタミン類や、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル、さらに、アミノ酸やクエン酸などが含まれ、美容や健康によい栄養価の高い食品として知られています。

しかし、はちみつには、糖質も多く含まれますので、炭水化物ダイエット中は控えた方がよいでしょう。

はちみつ大さじ1杯あたり、重さは21gで、62キロカロリーあり、糖質は約16.8g含まれています。

ご飯1膳(160g)の糖質量が58.9gですので、ご飯約1/3膳より少し少ないくらいの糖質量ということになります。

一方、砂糖は大さじ1杯がはちみつよりも軽く9gであり、35キロカロリーで、糖質は8.2gです。

ただ、はちみつは種類によって甘味度が異なるため一概にはいえませんが、はちみつは一般的に砂糖よりも甘味度が高いため、砂糖よりも少ない量で甘く感じられるようです。

糖質を控えることで、健康的に痩せる効果が期待できます

炭水化物ダイエットでは、カロリーの摂取量を控えることでダイエット効果が期待できます。

太る原因となっているのは炭水化物中の糖質で、体内でエネルギー源として消費されずに余った糖質が脂肪として蓄積されます。

また、私たちの体はエネルギー源の消費の仕方に順番があり、糖質が消費された後に、体脂肪が消費されます。

よって、糖質を控えることで脂肪を溜め込まないようにするとともに、脂肪の燃焼が促進されますので、比較的短期間でダイエット効果が期待できます。

糖質を制限するダイエット方法は、食事の中の糖質を多く含む食品を抜き、糖質の少ない食品に置き換えるといった簡単な方法です。

1日3食のうち1食からでも始めることができ、細かいカロリー計算も必要ありません。

カロリーを気にして食べられなかった肉や魚などには、糖質は少ないため、しっかり食べることができます。

(まとめ)炭水化物ダイエットでは、はちみつを食べてもいいのですか?

1. はちみつには糖質が多いので、控えた方がいいでしょう

はちみつは、ビタミンやミネラルなどを豊富に含みますので、美容や健康によい食品として知られていますが、糖質も多く含まれています。

糖質は、体内でエネルギーとして消費された後、余った分は脂肪として蓄積され、太る原因となります。

また、糖質が消費されてしまった後に脂質がエネルギーとして使用されますので、糖質を控えることが脂質の燃焼を促進することにつながります。

2. 食品の糖質量に注目し、エネルギー摂取量を減らしましょう

炭水化物は、水溶性の糖質と不溶性の食物繊維を合わせたものです。

ですから、ご飯やパン、イモ類などのデンプンを多く含む食品だけが、糖質の多い食品というわけではありません。

砂糖をはじめ、りんごやバナナといった果物や、にんじんやかぼちゃなどの野菜なども、糖質の多い食品です。

炭水化物ダイエットは、主食を抜くだけで手軽に始めやすいように思われますが、主食以外の食品の糖質量にも注意が必要です。

3. はちみつ大さじ1杯あたりの糖質量は約17gあります

はちみつには、ビタミン類、ミネラルなどが含まれ、美容や健康によい栄養価の高い食品として知られていますが、糖質も多く含まれますので、ダイエット中は控えた方がよいでしょう。

はちみつ大さじ1杯あたりの重さは21gで、62キロカロリーあり、糖質は約16.8g含まれています。

ご飯1膳(160g)の糖質量が58.9gですので、ご飯約1/3膳より少し少ないくらいの糖質量ということになります。

4. 糖質を控えることで、健康的に痩せる効果が期待できます

炭水化物ダイエットはカロリーの摂取量を控えることでダイエット効果が期待できます。

それは、太る原因は炭水化物中の糖質で、体内で消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるためです。

私たちの体は、糖質をエネルギー源として消費した後に体脂肪が消費されます。

糖質を控えることで、脂肪を溜め込まないようにするとともに脂肪の燃焼が促進されますので、比較的短期間でダイエット効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る