炭水化物ダイエットはどのくらいの期間で効果がありますか?

3ヶ月以上を目安に、効果が感じられる計画を立てましょう


炭水化物ダイエットで、ごはんやパン、甘味類を控えて糖質制限すると、比較的早く体重が落ちてサイズダウンするといわれています。

しかしながら、急激に炭水化物を断つような食生活を始めると、体調を崩してしまったりイライラしたりと、効果につながりにくくなってしまいます。

主食にあたる炭水化物を、急にすべてなくした食事にすると、確かに短期的には体重を落とすことが可能かもしれません。

ただ、体の活動に必要なエネルギーが不足してしまい、体内に蓄積された脂肪を温存したほうが良いと脳が判断してしまいます。

結果的に、体は飢餓状態が続いてしまい、体内に蓄積された脂肪が燃焼されず、基礎代謝が下がっていきます。

体の活動に必要最低限な糖質、脂質はしっかりと摂取しつつ、タンパク質、ビタミン、ミネラルを多めに補給する献立がおすすめです。

炭水化物ダイエットは、短期間で結果を求めるのではなく、3ヶ月以上かけて長期的なダイエットプランを立てることが重要になります。

長く続けるためには、日々の食生活や体重などについて記録をつけると良いでしょう。

記録することで、時期による体の変化や食生活を確認することができるので、成功に結びつきやすくなります。

炭水化物ダイエットにも停滞期があります

適切な炭水化物ダイエットに取り組んだ場合、最初の1週間で何キロも体重がダウンすることはありません。

糖質依存度が高い食生活を送っていたならば、炭水化物を抑えた食事に慣れるまで時間がかかるでしょう。

ごはん類を食べたい欲求や糖質不足にイライラしている期間は、体重変化も見られないことが多いものです。

急激な糖質制限を行うのではなく、ゆるやかに減らしていくと体の負担は少なくすみます。

例えば、ごはん1膳分(約160g)には、58.9gの糖質が含まれていますが、1回の食事による糖質摂取を20g以上40g以下に設定し、1日の糖質摂取量を120gに抑えるよう献立を作ります。

すると、低糖質な食生活に体が慣れてきた2週間目頃から、ゆるやかに効果がでてくるといわれています。

ただし、炭水化物ダイエットを始めて半年ほどで、体重が減らなくなる時期がきます。

他のダイエットと同様、炭水化物ダイエットにも停滞期があるからです。

炭水化物ダイエットは、効果がでやすいダイエット法ですが、一方で、リバウンドすることも多いといわれています。

体重が停滞したからといって、ダイエット失敗と思い込み、ドカ食いしてしまっては、せっかくの努力が水の泡です。

緩急をつけたダイエット計画を立て、停滞期は無理に厳しくしないことが乗り越えるポイントです。

炭水化物ダイエットは目標を立てると続けられます


炭水化物ダイエットは、短期間で効果がでないため「途中でやめてしまった」「諦めてしまった」という声をきくことがあります。

しかし、その原因は、糖質制限によって、自分自身の体がどのように変化しているか、把握していないことにあるかもしれません。

主食を抑えて低糖質な食事に切り替えると、体重だけでなく様々な体の変化が表れるはずです。

お腹周りのサイズ、便通や肌の状態、心身の調子などにも影響がでることが考えられます。

そんなときに、何をどれだけ食べていたのか、体の状態はどうだったか記録をつけておくと、振り返ることができます。

記録をとっていれば、さらに一歩進めて過去のデータと現状を見比べ、1週間後、1ヶ月後と目標を立てることが可能になります。

データをふまえた目標を立てると、例えば体重が変わらない停滞時期に差し掛かっても、焦ることなく長期的な視野を持つことができます。

自分自身の体と向き合い、負担の少ないダイエット計画を作ることが継続の鍵になり、リバウンドを予防します。

基礎代謝が高い、痩せる体質になるまで続けることが大事です

低糖質の食事に切り替えた初めの1~2週間で、体重がダウンするケースもあります。

しかしながら、それは体内の水分が排出されて体重が減っただけであって、痩せる体質に変化したわけではありません。

炭水化物ダイエットは、低糖質の食事に慣れて、脂肪が燃焼する基礎代謝が高い体質が作られるまでが目標になります。

基礎代謝が高い体を作るためには、栄養バランスの良い食事と適度な運動が必要といわれています。

摂取した糖質を運動で消費できる代謝のサイクルができると、糖質が脂肪になり体内に蓄積されることがなくなります。

また、低糖質な食事に慣れていると血糖値の乱高下がなくなり、食欲が抑えられます。

血糖値が安定すると、ドカ食いすることがなくなり、リバウンドを防ぐ効果も期待できます。

体に合った適切な糖質制限を行うことで、食欲のコントロールが可能になり基礎代謝が高い痩せる体質を作るといわれています。

(まとめ)炭水化物ダイエットはどのくらいの期間で効果がありますか?

1. 3ヶ月以上を目安に、効果が感じられる計画を立てましょう

炭水化物ダイエットは、短期間で結果を求めるのではなく、3ヶ月以上かけて長期的なダイエットプランを立てることが重要になります。

長く続けるためには、日々の食事や体重など記録し、体の変化と食生活を確認すると成功に結びつきます。

2. 炭水化物ダイエットにも停滞期があります

炭水化物ダイエットを始めて半年ほどで体重が下げ止まる時期がきます。

体重が停滞したからといって、ダイエットをやめてしまうと努力が水の泡です。

緩急をつけた食事で、停滞期は無理に厳しくしないことが乗り越えるポイントです。

3. 炭水化物ダイエットは目標を立てると続けられます

何をどれだけ食べていたのか、体の状態はどうだったか記録をつけておくと、振り返ることが可能になります。

過去のデータと現状を見比べたときに1週間後、1ヶ月後と目標を立てることが可能になり、長期的な視野や目標を持つことができます。

4. 基礎代謝が高い、痩せる体質になるまで続けることが大事です

炭水化物ダイエットは、低糖質な食事に慣れて、脂肪が燃焼する基礎代謝が高い体質が作られることが目標になります。

体に合った適切な糖質制限と適度な運動を行うことで、食欲のコントロールが可能になり痩せる体を作るといわれています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る