炭水化物ダイエットを行う際のストレスを減らすポイントは?

人体が余裕をもてる糖質量1日70gを下回らないのがおすすめ


炭水化物ダイエットをするとき、障壁は、痩せないストレスであったり、何を抜いていいのか自信がなくなり分からなくなることであったり、また、その結果のリバウンドです。

食物繊維の摂取が減ることによる便秘も、ストレスになるでしょう。

急に炭水化物をほぼ全部抜いたなら、疲労感にも襲われるに違いありません。

身体的・精神的に参ってしまわず、そしてリバウンドもしないためには、どうすればいいでしょうか?

人間が、適正に痩せて健康に戻る道筋や方法、体重を保つ機構やシステムは、何通りも用意されているようです。

主要なもの1つ目は、インスリンを利用する方法です。

ミネラルやビタミンが不足すると脂肪になるので、それらを不足させないことで太ることを阻止し、適正に痩せていく方法です。

主要なもの2つ目は、レプチンを利用する方法です。

塩・糖・脂質で調味加工することをできるだけやめて、食欲をなくし、レプチン抵抗性からレプチンを解放してあげ、痩せていく方法です。

いま、ここで考えている炭水化物ダイエットは、1つ目インスリンのしくみを利用するものの変形です。

炭水化物ダイエットの始まりは、19世紀イギリスに生まれた、「砂糖類、でんぷん、ビール、ミルク、バター」を控えるバンティング法であるようで、ダイエットをする、という意味の動詞「bant」が存在します。

人間を心理や肉体いろいろな方面から考え、各種方法の欠点を補えるよう複合技としたものに、糖質制限ダイエットがあります。

危機を切り抜ける方法が何通りも備わっている人体では、炭水化物(糖質)が極端に少なくなっても、他の機構がうまく働けば、それでしっかり生きていくことはできるでしょう。

しかし、人体が余裕をもって活動できるよう、糖質量は1日70gを下回らないタイプのダイエットを行うのがおすすめです。

炭水化物ダイエットの障壁は乗り越えず、付き合うことが重要です

炭水化物ダイエットといっても、炭水化物「抜き」ダイエットや、「低」炭水化物ダイエットといった言い方があります。

最大限に炭水化物を抜いてしまう人から、ほんの気持ち程度、炭水化物を抑えてみる人まで様々です。

炭水化物ダイエットは、例えば、1日4食、食べていたり、間食ばかりだったり、清涼飲料水ばかり飲んでいたりする人が、適正な範囲まで摂取糖質(炭水化物)量を下げるとき、分かりやすい効果が期待できるものです。

しかし、現在、適正量を摂っている人が、糖質(炭水化物)摂取量を下げていっても、分かりやすい効果がすぐに現れるかどうか、もしかしたら現れないかもしれません。

そこには大きな個人差があります。

そうであるので、炭水化物ダイエットの障壁は、痩せないストレスであったり、何を抜いていいのか自信がなくなり、どうしていいか分からなくなることであったり、また、その結果のリバウンドだったり、ということになります。

糖質(炭水化物)で調節するそれ以上の痩身、それ以上の健康を求めるなら、食事ではなく、体を動かす方向で実施するのが賢明でしょう。

過剰な糖質(炭水化物)は控えるべきで、完全に全部抜いてはいけません。

ケトジェニックダイエットや断食などを、ほんの短期間だけ、体の様々な危機管理機構がうまく働くことの確認のため、いわば「防災訓練」として行うことはよいかもしれません。

その際はきちんと医師の指導を仰いでください。

ストレスを楽しんで


糖質(炭水化物)は、重要なおかずです。

もちろん玄米や麦飯を主食と考えて、昔風に、食事の最後に少し食べる、というのもよいですが、白米が恋しくて仕方ないなら、おかずの一品に過ぎない、と考えてみましょう。

おかずと思えば、多種類バランスよく食べなければならない、という意識も働くのではないでしょうか。

ミネラルとビタミンの豊富なおかずを多種類食べて、太るシステムが働かないようにしましょう。

つらいストレスのときには、体にしみわたる滋養の豊富そうな食材、例えば、たこ、かき、あさり、蕎麦、チーズ、大豆、胡麻、かぼちゃ、アーモンドなど、自分の好きな素材を使って、自分の本当に欲するものを好きにつくってみましょう。

料理は自分との対話であり、創造性が呼び覚まされるものだといいます。

いつも時間がないなら炭水化物ダイエットのストレスのときこそ、チャンスです。

よい意味で自分勝手な料理を続けていくことで創造力を育て、自分のなかの変化によってストレスが自然に離れていく状態にしてみましょう。

便秘や肌荒れには1日3食食べること

炭水化物ダイエットをすると、便秘や肌荒れに見舞われることがあります。

食べ物での一番の解決法は、食物繊維やビタミンBの多い玄米や麦飯を、少量ずつでも1日3食、食べることです。

とにかく食事は1日3食きっちりととり、できるだけ間食は食べないこと。

強制的にメリハリをつける、これだけでも、腸内環境の日周リズムが整います。

また、きちんと睡眠をとることも大切です。

それから意外と、便秘に悩んでいるのに、自分の腸をマッサージしたり、スクワットや腹筋運動などで腸の動きを補助してあげたり、といったことをする人は少ないものです。

長い間かけてつくってきた自分を変化させようというのですから、ゆったり構えて、丁寧に着実に、より健康になってゆきましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットを行う際のストレスを減らすポイントは?

1. 人体が余裕をもてる糖質量1日70gを下回らないのがおすすめ

人間が、適正に痩せて健康に戻る道筋や方法、体重を保つ機構やシステムは、何通りも用意されているようです。

危機を切り抜ける方法が何通りも備わっている人体では、炭水化物(糖質)が極端に少なくなっても、他の機構がうまく働けば、それでしっかりいけます。

しかし、人体が余裕をもって活動できるよう、糖質量は1日70gを下回らないタイプのダイエットを行うのがおすすめです。

2. 炭水化物ダイエットの障壁は乗り越えず、付き合うことが重要です

炭水化物ダイエットの障壁は、痩せないストレスであったり、何を抜いていいのか自信がなくなり、どうしていいか分からなくなることであったり、また、その結果のリバウンドだったり、といったことです。

糖質(炭水化物)で調節するそれ以上の痩身、それ以上の健康を求めるなら、食事ではなく、体を動かす方向で実施するのが賢明です。

過剰な糖質(炭水化物)は控えるべきで、完全に全部抜いてはいけません。

3. ストレスを楽しんで

つらいストレスのときには、体にしみわたる滋養の豊富そうな食材、例えば、たこ、かき、あさり、蕎麦、チーズ、大豆、胡麻、かぼちゃ、アーモンドなど、自分の好きな素材を使って、自分の本当に欲するものを好きにつくってみましょう。

料理は自分との対話であり、創造性が呼び覚まされるものだといいます。

よい意味で自分勝手な料理を続けていくことで創造力を育て、自分のなかの変化によってストレスが自然に離れていく状態にしてみましょう。

4. 便秘や肌荒れには1日3食食べること

とにかく食事は1日3食きっちりととり、できるだけ間食は食べないことが大切です。

強制的にメリハリをつける、これだけでも、腸内環境の日周リズムが整います。

また、きちんと睡眠をとることも大切です。

長い間かけてつくってきた自分を変化させようというのですから、ゆったり構えて、丁寧に着実に、より健康になってゆきましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る