炭水化物ダイエット中のグリコーゲンのはたらきとは?

グリコーゲンは、糖質が不足したときの非常用エネルギーです


ダイエットをしているとき、「炭水化物や糖質」、「グルコースやグリコーゲン」など、わかりにくい用語に出会うことがあります。

これらの用語は、炭水化物ダイエットをするうえで押さえておきたい大切なキーワードです。

しっかり理解して、ダイエットに役立てましょう。

まず、炭水化物についてです。

炭水化物と糖質は、同じ意味で使われる場合もありますが、正確には、炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものです。

糖質、タンパク質、脂質は、3大栄養素といわれ、どれも、人が生きていくために欠かせない栄養素です。

なかでも、脳の唯一のエネルギー源と称される糖質は非常に重要です。

実際、糖質が完全になければ、脳の動きはストップしてしまうでしょう。

もし食事で糖質が足りない場合には、肝臓にストックされた非常用エネルギーのグリコーゲンを使います。

それでも足りなければ、筋肉からエネルギーを取り出して、脳を動かそうとするといわれています。

そのぐらい大切なのが糖質です。

炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットをするときでも、極端に糖質を減らすことは危険です。

どんなダイエットも、言葉を正しく理解し、健康的なダイエットをしましょう。

糖質には、いくつか種類があります

糖質は、その言葉から砂糖をイメージするかもしれません。

しかし、糖質を含む食品は、砂糖のように甘いものだけはなくて、ごはんやパン、イモ類などにも多く含まれています。

糖質にはいくつか種類があります。

まずは、「単糖類」です。

これは、それ以上、分解できないくらい小さな構造をしている糖です。

単糖類には、「ブドウ糖(グルコース)」含まれており、エネルギーをつくるためには欠かせない物質です。

次に、「二糖類」です。

これは、単糖が2から10個結びついた糖です。

そして、「多糖類」です。

これは、単糖が多数結びついた糖です。

多糖類には、でんぷんやグリコーゲンなどが含まれます。

糖質の種類
  1. 単糖類

    グルコース(ブドウ糖)

  2. 二糖類(砂糖、牛乳など)

    スクロース

  3. 多糖類(ごはん、野菜類、果物など)

    でんぶん、グリコーゲン

グリコーゲンは、ブドウ糖の塊のようなものです


「グリコーゲン」と「グルコース」、似ている用語ですが、その形に違いがあります。

グリコーゲンとは、ブドウ糖(グルコース)の塊のようなものです。

たくさんのブドウ糖がくっついた構造をしています。

筋肉や肝臓には、このグリコーゲンがストックされています。

肝臓は、ブドウ糖をグリコーゲンの形に変えてストックするはたらきがあります。

また、ストックされたグリコーゲンを必要に応じて、ブドウ糖に分解して、エネルギーするはたらきもあります。

たとえば、糖質を摂ると、消化酵素のはたらきで糖質はブドウ糖の形に変わります。

その後、ブドウ糖はエネルギー源として利用されます。

しかし、食べ過ぎなど過剰分ができると、グリコーゲンや脂肪となって体内にストックされるのです。

炭水化物や糖質は、決して悪いものではありません

疲れたとき、チョコレートやアイスなど甘い食べ物が欲しくなったことはありませんか。

これは、脳が糖質を欲しがっているからです。

糖質が不足すると、体にエネルギーが行き渡らず、体がだるくなったり集中力がなくなったりしてしまうのです。

最近、スーパーやコンビニに行けば、低糖質、糖質ゼロと書かれた商品がたくさん並んでいます。

しかし、糖質は決して悪いものではありません。

むしろ、必要な栄養素です。

もし、食事をしても糖質が補えない場合、非常用として肝臓にストックしてあるグリコーゲンをエネルギーとして使うようになります。

それでも足りない場合はどうするのでしょうか。

それは、筋肉のタンパク質を使うのです。

これを、「糖新生」といいます。

具体的には、筋肉のなかにあるアミノ酸のひとつが材料となり、肝臓でブドウ糖をつくる体のシステムです。

つまり、極端に炭水化物や糖質を減らし続けると、体重だけはなく筋肉までどんどん減り、基礎代謝まで減り、結果的に、やせにくい体になってしまうのです。

急激に体重を落とすようなダイエットはやめましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエット中のグリコーゲンのはたらきとは?

1. グリコーゲンは、糖質が不足したときの非常用エネルギーです

肝臓にストックされたエネルギーをグリコーゲンといいます。

脳は、糖質がなければ動きがストップしてしまうため、常に糖質を必要としています。

そのため、糖質の形をグリコーゲンという形に変えて、非常用のエネルギーとしているのです。

2. 糖質には、いくつか種類があります

「単糖類」は、それ以上、分解できないくらい小さな構造をしている糖です。

「二糖類」は、単糖が2から10個結びついた糖です。

「多糖類」は、単糖が多数結びついた糖です。

上記のように、糖質にはいくつか種類があります。

3. グリコーゲンは、ブドウ糖の塊のようなものです

グリコーゲンは、たくさんのブドウ糖がくっついた構造をしています。

糖質を摂ると、体のなかでは糖質はブドウ糖に形を変えます。

その後、ブドウ糖は、エネルギー源になったり、筋肉と肝臓でグリコーゲンとしてストックされたりします。

4. 炭水化物や糖質は、決して悪いものではありません

店頭には、低糖質、糖質ゼロと書かれた商品がたくさんあります。

しかし、糖質は悪いものではありません。

脳のエネルギー源にもなる糖質は、非常に重要なはたらきがあります。

極端に炭水化物や糖質を減らすことはやめましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る