炭水化物ダイエットとインスリンの関係は?

インスリンの分泌量を抑えることが炭水化物ダイエットに繋がります


炭水化物ダイエットではインスリンの分泌量を抑えることで、太りにくい状況を作っていると考えられます。

食後の血糖値を下げるために分泌されるインスリンには、脂肪に糖を取り込ませる作用があるからです。

炭水化物ダイエットでは炭水化物に含まれる糖質の摂取量を減らして、食後の血糖値上昇を抑えます。

その結果、肥満予防やダイエット効果があると考えられています。

インスリンの分泌量を抑えると肥満予防になります

インスリンの分泌量が多いと肥満になりやすいといわれています。

インスリンには脂肪が溜まるのを促してしまう作用があるからです。

インスリンとは炭水化物から分解され作られたブドウ糖を、エネルギーにするのに必要なホルモンの一種で、膵臓から分泌されます。

食事で炭水化物に含まれる糖質を摂取するとブドウ糖となり血液中に取り込まれます。

血液中でブドウ糖の濃度が高くなるというのは、いわゆる血糖値が上がっている状態です。

するとインスリンが分泌され、ブドウ糖を細胞に送り込み、これがエネルギー源として消費されます。

インスリンが分泌されることで、食後に上がった血糖値が下がってくれるのです。

問題となるのは血糖値が急激に上昇したときです。

炭水化物を食べすぎて血糖値が急激に上がると、インスリンの分泌量も増えます。

細胞に必要なブドウ糖を細胞に送っても、まだ血中にブドウ糖が残っていると、インスリンはそれを脂肪細胞に送ってしまいます。

インスリンの分泌量が多いと、脂肪を溜めやすい状況を作ってしまうのです。

また、血中のブドウ糖を先に消費していくため、痩せにくい状態になるとも考えられます。

炭水化物ダイエットでは、炭水化物に含まれる糖質の摂取量を減らすことで、血糖値が急激に上がらないようになります。

それにより血糖値が急激に上がるのを防ぐことができ、ダイエットへと繋げることができるのです。

炭水化物ダイエットは糖尿病のリスクを減らせます


炭水化物ダイエットでインスリンの分泌量を抑えることは、糖尿病のリスクを減らすことにも繋がります。

糖尿病はインスリンの分泌量が少なく、血糖値をうまく下げることができなくなる病気です。

血糖値が高いと、糖尿棒網膜症や心筋梗塞、脳梗塞などいろいろな合併症を引き起こしてしまう可能性があります。

糖尿病には1型と2型があります。

一般的に糖尿病というと2型を指していることが多いようです。

2型糖尿病は遺伝による体質に加えて、食べすぎや運動不足などの生活習慣が大きく影響してくるとされます。

炭水化物や甘いものに含まれている糖質は、食後の血糖値を上昇させます。

食べすぎると急激に血糖値を上げインスリンの分泌量が増えるわけですが、これが膵臓にとって負担となってしまいます。

膵臓を働かせすぎることで、インスリンを分泌に関係している細胞が壊されていきます。

そうするとインスリン分泌量が減ってしまい、糖尿病を引き起こすと考えられています。

炭水化物ダイエットでは食事から摂る糖質の量を減らすことで、食後の血糖値の急上昇を抑えることで、膵臓への負担を減らすことができるとされます。

これが糖尿病予防に繋がるとされる理由です。

ちなみに2型に対して、1型は食事や運動などの生活習慣を正しくしていても、体質としてインスリンの分泌量が少ないことで症状が出てしまう病気です。

1型糖尿病の場合、タンパク質を摂ることでも血糖値が上がってしまいます。

炭水化物ダイエットを考えている場合、一度医師に相談してみると良いでしょう。

炭水化物を減らすことは糖尿病治療にも用いられています

膵臓に負担をかけ続けて糖尿病になってしまうと、インスリンの分泌量が少なくなり食後の血糖値が下がらなくなってしまいます。

そればかりか糖からエネルギーを作れなくなってしまうため、疲れやすくなったり身体がだるくなったり、症状が進行するとさまざまな合併症を引き起こしてしまうといわれています。

そのため糖尿病になると服薬や食事療法、運動が必要になり、改善されない場合はインスリンを注射で補うインスリン療法を行います。

インスリンを補うことで、酷使されてきた膵臓を休めさせ機能回復を目指し糖尿病の改善を目指していきます。

食事から糖質の摂取量を減らすことは、糖尿病の症状改善にも効果があるとして注目されています。

食事から摂る糖質を減らし血糖値上昇を抑えると、少ないインスリンでも対応しやすくなると考えられています。

それにより高くなっていた血糖値を減らすことに繋がり、減量や糖尿病改善に繋がるとされます。

ただし、やり方を間違ってしまうと逆効果になるケースがあります。

極端に炭水化物を減らすと、一時的には血糖値の減少や原料に繋がるものの、後から体調が悪くなる可能性があるとされます。

そのため、自己流で行わず正しい方法で行う必要があります。

糖尿病治療中の場合、一度医師に相談してから炭水化物ダイエットに取り組むようにすると良いでしょう。

もちろん、糖尿病ではない人も過度に炭水化物を減らすことは良くないといえますから、注意しましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットとインスリンの関係は?

1.インスリンの分泌量を抑えることが炭水化物ダイエットに繋がります

炭水化物ダイエットによって、食後の血糖値の上昇やそれに伴うインスリンの分泌量を抑えることができます。

それにより脂肪が付きやすくなることを防ぐことができるとされています。

2.インスリンの分泌量を抑えると肥満予防になります

インスリンは余ったブドウ糖を脂肪細胞に取り込ませてしまう作用があります。

食後急激に血糖値が上昇すると、インスリンの働きで脂肪が蓄積しやすくなるため、それを抑える炭水化物ダイエットは効果的だといえます。

3.炭水化物ダイエットは糖尿病のリスクを減らせます

膵臓を酷使するとインスリンの分泌量が低下するとされています。

炭水化物ダイエットで食後の急激な血糖値の上昇を抑えることによって、インスリンの分泌量を抑えることができるといわれており、糖尿病予防へと繋げることも可能だといわれています。

4.炭水化物を減らすことは糖尿病治療にも用いられています

炭水化物を減らすことで食後の血糖値を下げる方法は、糖尿病治療の現場でも注目されています。

糖尿病は悪化するとインスリン治療なども必要になります。

炭水化物ダイエットを正しく行うことは、糖尿病の改善にも繋がるとされています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る