炭水化物ダイエットはいつまで続けたらいい?

炭水化物ダイエットはいつまで続けても良い方法です


炭水化物ダイエットは長期間続けることが理想的と考えられます。

食事全体の糖質摂取量を制限する糖質制限が長期間続けるのが良いとされているため、炭水化物ダイエットにも同様のことがいえるでしょう。

炭水化物の摂取量を抑えることでダイエット効果を得るため、痩せたからといってすぐに元の食生活に戻すとリバウンドするリスクがあることも覚えておく必要があるでしょう。

炭水化物ダイエットは長期的な健康効果が期待できます

炭水化物ダイエットのように、糖質の摂取量を制限する食事方法は、長期的に続けることで健康への効果を得られる方法だといわれています。

糖質の摂取量を抑えることで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

食後の血糖値の急上昇は、インスリンが過剰に分泌されることに繋がり、太りやすくなるばかりか、将来的な糖尿病発症のリスクを高めると考えられています。

炭水化物は食物繊維と糖質からなる栄養素です。

炭水化物ダイエットは糖質の摂取量を減らすことで、糖尿病の予防にも繋がるといえるでしょう。

ダイエットとしては、身体を動かすエネルギー源である糖質の摂取量を減らすことで、蓄積した脂肪を消費しやすい状態を作ります。

過度な肥満は健康にとって良くありません。

炭水化物ダイエットは健康的な体重の維持に役に立つと考えられていますし、突然やめてしまえば、リバウンドしてしまう可能性もあります。

糖質制限は長期的に続けて良いとされていますから、炭水化物ダイエットも無理なく続けられるのであれば、いつまでと考えずに続けていって良いと考えられます。

炭水化物ダイエットで痩せすぎる心配はありません


炭水化物ダイエットを続けることで、体重が落ちすぎてしまうという心配はないとされています。

糖質制限では肥満体重から健康体重までの減量効果が期待できるものの、それだけでは美容体重までの減量は難しいと考えられています。

BMIの値でいうと、20~22くらいまで痩せることはできても、それ以上の体重減量はないとされています。

炭水化物ダイエットでも同様のことが考えられるため、健康的な体重までの減量やその後の体重維持には効果があっても痩せすぎるということはないと考えられます。

反対に、美容体重までの減量を目指す場合には炭水化物ダイエットだけではいつまで続けても難しいということができます。

炭水化物ダイエットをより効果的に行うためには、ある程度のカロリー制限や、適切な運動との組み合わせが必要になるでしょう。

適度な運動を行えば消費カロリーを上げることができ、体重が落ちやすくなります。

さらに運動を行うことで筋肉量アップに繋がります。

筋肉量が多いと代謝が良く、同じ運動量でも消費できるカロリーが増えるとされていますから、炭水化物ダイエットをやめたあとのリバウンドを予防するためにも、運動は効果的だといえるでしょう。

炭水化物ダイエットを行いながら運動を行うときには注意点があります。

それは運動前には糖質の摂取量を減らしすぎないことです。

炭水化物に含まれる糖質は身体を動かすエネルギー源となり、不足すると筋肉や脂肪からエネルギーを取り出します。

つまり、運動前に糖質摂取量が少ないと筋肉が痩せてしまう可能性があるのです。

それを防ぐために、運動前にバナナを食べたり、運動後にタンパク質を補える牛乳を飲んだりすると良いという考えもあります。

極端な炭水化物ダイエットはいつまでも続きません

炭水化物ダイエットというと、炭水化物摂取量をゼロにするイメージがある人もいるかもしれませんが、これは間違いです。

糖質制限の場合でも糖質をゼロにするということはありません。

ある程度の炭水化物は身体に必要なので、あくまでも炭水化物の摂取量を減らすだけです。

極端に炭水化物摂取量を抑えるという方法は、いつまでも続けられる方法ではありません。

白米やパンなど、主食の多くは炭水化物です。

主食を食べない食事によるストレスが溜まり、反動で食べすぎてしまう可能性があります。

リバウンドを起こしやすいといえるでしょう。

炭水化物ダイエットではタンパク質や脂質の摂取量は減らしません。

しかし炭水化物を減らしすぎて、その分タンパク質や脂質の摂取量を増やしてしまうのは栄養バランスが崩れて良くないとされます。

タンパク質を過剰に摂ることは腎臓機能を悪くし、脂質は摂りすぎると動脈硬化を起こしやすくなると考えられています。

また、炭水化物には食物繊維も含まれています。

他の食事からも食物繊維を摂りますが、炭水化物の摂取量を減らしすぎると食物繊維の摂取量が足りなくなってしまう可能性もあります。

食物繊維が不足すると便秘になりやすく、便秘になることで肌が荒れたり体臭がきつくなってしまったりすることもあります。

きれいに痩せるために、炭水化物を減らしすぎるのは良くないといえるでしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットはいつまで続けたらいい?

1.炭水化物ダイエットはいつまで続けても良い方法です

糖質を制限する食事制限は、長期的な継続を前提として考えられています。炭水化物ダイエットにも同様のことが考えられるので、炭水化物ダイエットはいつまで続けても良い方法といえるでしょう。

2.炭水化物ダイエットは長期的な健康効果が期待できます

炭水化物摂取量を控えることは、肥満予防・糖尿病予防に繋がり健康にとっても良いと考えられます。

いつまで続けるというよりも、無理なく長期的に続けていくのが良いといえるでしょう。

3.炭水化物ダイエットで痩せすぎる心配はありません

炭水化物ダイエットをいつまでも続けると痩せすぎるという心配はありません。健康体重からさらに美容体重までの減量を目指すなら、運動やカロリー制限なども組み合わせる必要があるといわれています。

4.極端な炭水化物ダイエットはいつまでも続きません

炭水化物ダイエットでは炭水化物をゼロにする必要はありません。

極端な制限をいつまでも続けるのは難しく身体にも良くないといえますし、リバウンドのリスクを高めることにも繋がってしまうでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る