炭水化物ダイエットに良い炭水化物の1日の摂取量は?

炭水化物ダイエット中に適した炭水化物の1日の摂取量は個人差があるものです


炭水化物ダイエットを試したいと考えている人の中には、あらゆる炭水化物を徹底的に抜くことを考えている人もいるかもしれません。

しかし実際には炭水化物の摂取量をゼロにするというよりも、1日の摂取量を減らす方法の方が賢明です。

大まかな目安としては軽くご飯1膳を1日の摂取量と考えることができるようです。

しかし明確な摂取量に関しては個人差があることなので、正しい知識を身に付けて取り組むことが大切です。

本来1日に必要な炭水化物の摂取量を理解することは大切です

男性であればダイエットしようと考えた場合に、単に食事を減らすことだけでなく、エクササイズを生活に取り入れることも同時に考える人が少なくないようです。

一方、女性の場合はなかなか運動を始めるところまでは腰が上がらない人が多いようで、食事制限によってダイエットしようとする人が多いように見受けられます。

当然多くの人が炭水化物を減らすことに着目するわけですが、そもそも成人した女性が1日にどれほどの炭水化物を摂取するのが妥当なのかわかっていない人も多いのではないでしょうか。

日本人女性の平均身長や体重を考慮に入れると20歳の女性の場合1日に必要なカロリーは約2000キロカロリーといわれています。

そのうち炭水化物によって摂取すべきカロリー量は5割から7割といわれていますので約1400キロカロリーまでとなります。

これはお茶碗でご飯を食べる場合5~6杯程度となりますので、皆さんの感覚からすると「女性でそんなにたくさん食べても体型の維持ができるのか」と不思議に思うかもしれません。

しかしこれは20歳という若さで、適度の運動をしているという理想的な条件のもとでの数字です。

デザートなどをたくさん食べ、運動はあまりしないという環境の場合、摂取すべき炭水化物の量はもっと少なくなると考えるべきでしょう。

各個人の生活スタイルによって適切なダイエット方法は違ってきます


実際20歳くらいのときは何も考えなくてもそれほど体重が増加することもなかったという人が少なくないのではないでしょうか。

若いときは代謝が良いのでたくさん食べても太らないという感覚があったと思います。

しかし年齢を重ねるにつれ基礎代謝が減って、運動する機会も少なくなれば、話は変わってきます。

若い頃と同じように食べているだけなのに、なぜか体重が増えやすくなってしまったという経験に心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

本格的にダイエットをしようと考えた場合、炭水化物の1日の摂取量はご飯をお茶碗に軽く1杯程度に抑えるのがベストといわれています。

ただしどのくらいの摂取量が最適なのかは個人の体格や体質、そして生活環境や運動の量によっても違ってきますので、プロのトレーナーなどに診てもらいながら行うのが賢明でしょう。

また仕事の内容によっても1日の消費カロリーは違ってきます。

かなり歩くような仕事の人と、1日座っているオフィスワークの人ではかなりの差があるでしょう。

女性でも本格的な身体作りをするのがおすすめです

女性の場合極端にダイエットを成功させようとして、炭水化物の摂取量をゼロにしてしまう人がいるかもしれません。

確かに炭水化物の摂取を全く止めると、どんどん体重が減っていくように感じるかもしれません。

しかし炭水化物ダイエットは炭水化物を「減らす」という方法で考えた方が良いでしょう。

本来炭水化物から得られるはずの糖質やエネルギーを全く摂取しなくなると日常生活で集中力が低くなってしまったり、体力が落ちてしまったりするかもしれません。

また体重とともに筋肉量も著しく減ってしまい、ますます代謝が落ちてしまう可能性もあります。

代謝が落ちた状態で、ダイエットのストレスから逆に食べすぎてしまったりすると、身体は痩せにくく太りやすい状態になっているため、ダイエット前よりも体重が増えてしまうという展開になりがちです。

炭水化物を減らすという方法だけでダイエットをする場合でも、1日の摂取量に気をつけながら極力バランスの良い食事を心がけることが必要です。

タンパク質や食物繊維も過剰摂取することなく良い量に保つようにしてください。

最近では女性であってもジムに通いながら身体作りをしている人も多いようです。

そうしたジムでは知識のあるトレーナーが運動だけではなく食事のことに関してもアドバイスをくれますので、プロトレーナーのサポートのもと、健康的な身体作りを目指してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)炭水化物ダイエットに良い炭水化物の1日の摂取量は?

1.炭水化物ダイエット中に適した炭水化物の1日の摂取量は個人差があるものです

炭水化物ダイエットでは、完全に炭水化物をカットするのではなく、摂取量を減らすという方法が賢明でしょう。

軽くご飯1膳が最適といわれていますが、実際には適切な量は人によって違ってくるものです。

2.本来1日に必要な炭水化物の摂取量を理解することは大切です

女性の方の場合なかなか本格的な運動を生活に取り入れるということに難しさを感じる人も少なくないようです。

炭水化物を減らすことによるダイエットを試みる場合でも、どのくらいの量の炭水化物は摂取しなければいけないのか理解しておくことが大事です。

3.各個人の生活スタイルによって適切なダイエット方法は違ってきます

年齢を重ねていくと若い時よりも太りやすくなるといわれています。

炭水化物ダイエットをする場合、1日の摂取量はお茶碗に軽く1杯程度の白米に抑えるのが適量といわれていますが、その人の仕事や生活スタイルによって、適正な量は違ってくるでしょう。

4.女性でも本格的な身体作りをするのがおすすめです

ダイエットの際、体重を落とすのと同時に筋肉量を減らしてしまう人は多いようです。

しかし、筋肉量が減ってしまうとその後リバウンドする可能性も高くなるので、できればジムなどに通いながらプロのトレーナーの協力を得て身体作りをするのがおすすめです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る