炭水化物ダイエットでリバウンドしない方法とは?

炭水化物ダイエットでリバウンドしない方法はバランスが大切です


炭水化物ダイエットをして、リバウンドしない方法としては、いくつかの面でバランスをとるという方法があげられます。

まずは体重を落とす速度に関してバランスの取れた見方をする必要があります。

さらに炭水化物以外の食事や間食の摂り方に関してもバランスを取る必要があるでしょう。

そして食事以外の部分、特に運動に関してバランスのとれた生活を送ることが大切になってきます。

ダイエットの大敵ともいえるリバウンドを避けるために注意するべき点を意識しましょう。

減量の速度に関してバランスの取れた見方が必要です

そもそもダイエットをしてリバウンドしてしまう主な理由とはどのようなものなのでしょうか。

シンプルに考えると「消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ってしまう」ことが原因ですが、そのような状態になってしまう大きな理由の1つに「ダイエット中のストレス」というものがあります。

極端に食べたいものを自制してダイエットをしてしまうと、空腹感とストレスで、ある時点でドカ食いしてしまうというのがお決まりのパターンになっている人も多いのではないでしょうか。

このようなダイエットのやり方を繰り返していると、結局はダイエットを志した最初の段階よりも体重が増えているということにもなりかねません。

体重が変わらないどころかますます増えてしまう負のサイクルに陥らないためにも、ダイエットのスピードと食事の制限方法にバランスをもたらすことが大切です。

1ヶ月か2ヶ月で目標体重までどんどんと体重を落とすことを目標にするのではなく、半年や1年かけて徐々にダイエットを進めていくことを目標にするならリバウンドを避けやすくなることでしょう。

炭水化物以外の食べ物にも十分に注意を払うことが必要です


炭水化物ダイエットをやっている人にとってありがちな落とし穴の1つは、炭水化物以外の食事や間食の摂り方に無頓着になってしまうという点です。

現代社会の日本人にとって、白米や麺類さらにはパンなどを我慢するというのは難しいことでしょう。

また、そのようにおいしい炭水化物を我慢しているのだから他のものはいくら食べても良いだろうという考えに陥ってしまうかもしれません。

しかし、デザートを含めお肉や野菜にも当然カロリーは含まれていますので、炭水化物は避けているからといって他のものを過剰に摂取するならば、脂質などを取りすぎてダイエットの妨げになってしまう可能性もあるのです。

そのため、リバウンドしてしまわないためには適切なレベルで炭水化物を減らし、同時に他の食べ物に関しても総カロリー量などをよく計算し、健康的に減量していくということが重要なポイントであるといえるでしょう。

筋肉量を保つこともリバウンドを防ぐのに大切です

炭水化物だけを極端に減らしてダイエットしていくと、体重の減少とともに筋肉量も減ってしまうという可能性が高いようです。

筋肉量が減ってしまうと代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい体質になってしまう可能性があります。

もちろんダイエットの一環として炭水化物を減らすという方法は効果が高く、体重の減少とともに健康や美容にもメリットがあるといわれています。

ですから、理想的には筋肉量を減らさないように生活に運動を取り入れ、太りにくく痩せやすい身体作りを目指したいものです。

しかし炭水化物を減らす程度と、運動のバランスを保ち、エネルギーが不足しないバランスの良いダイエットするためには知識が必要です。

自分1人でそうしたダイエットに取り組んでいると難しくてくじけてしまいそうになることも多いと思いますし、間違ったやり方でダイエットしてしまっている場合、途中で自分を正すことも難しくなっていくかもしれません。

ですので、リバウンドしない方法でしっかりと炭水化物ダイエットするためには、プロのトレーナーに指導をお願いする方が間違いないでしょう。

ダイエットは基本的に根気と知識がいる事柄です。できれば専門的なサポートをつけて、焦らずじっくりと続けていくようにしましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットでリバウンドしない方法とは?

1.炭水化物ダイエットでリバウンドしない方法はバランスが大切です

炭水化物ダイエットを成功させるためには、減量のスピードや食事の摂り方、さらには生活全般の習慣に関してバランスの取れた味方を身につける必要があります。

そうすればリバウンドを避けられるでしょう。

2.減量の速度に関してバランスの取れた見方が必要です

ダイエット中のストレスから結局ドカ食いをしてしまい、リバウンドに至ってしまうというケースは多いでしょう。

あまりに速いスピードでの減量を目指して無理なダイエットをするとストレスも大きくなると思います。

3.炭水化物以外の食べ物にも十分に注意を払うことが必要です

炭水化物ダイエットをしていると、炭水化物以外の食べ物に関してはあまり我慢せずたくさん食べてしまうという罠に陥ってしまう人もいます。

せっかく炭水化物を減らしているのに他のものを過剰に摂取してしまうと結局ダイエットの妨げになることがあります。

4.筋肉量を保つこともリバウンドを防ぐのに大切です

身体の筋肉量が減ってしまうと代謝が悪くなり、太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。

その状態でもしダイエットを解禁してたくさん食べてしまうと、一気に太ってしまう可能性もあるのです。

筋肉量を保つように努力することが大切です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る