炭水化物ダイエット時の空腹感に対処する方法は?

炭水化物ダイエット時の空腹感に対処するには無理のないスケジュールが大切です


ダイエットを心がけている人が真っ先に考えつくのは炭水化物をカットしようというアイデアではないでしょうか。

その場合いつもおいしく食べているご飯や麺類を制限しなければならないので、特に空腹感との戦いが非常に辛いものとなります。

炭水化物を制限してダイエットする場合は空腹感に上手に対処する必要があります。

いきなり極端な方法で始めるのではなくバランスを考えて炭水化物を減らしていき、無理のないスケジュールを立てることが大切です。

いきなり極端な食事制限は失敗する確率が上がってしまいます

多くのダイエットに挑戦する人が失敗する大きな理由は何でしょうか。

それは極端な食事制限から来る空腹感に圧倒されてしまうことではないでしょうか。

今まで好きなものを食べたいだけ食べていた人にとって、少しの空腹を我慢するのにも強い自制心が求められることでしょう。

いきなり極端にお米も麺類も禁止してしまったことで、精神的に苦しくなってしまうというのは、もはやいうまでもないことです。

空腹感に負けてしまい、食べて良い分をはるかに超えて食べてしまったり、ストレスから逆に大食いをしてしまったりする可能性は高いといえるでしょう。

このように極端なダイエット方法に走る主な理由は、とにかく早く結果を出したいというはやる気持ちからではないでしょうか。

確かにインターネット上のダイエットリポートなどを見ていると1ヶ月でものすごく体重を減らした人のブログなどが出てきますので、自分もそれぐらいの勢いでダイエットをしたいと考えるのは無理もないことです。

しかし多くの場合、そのようなハイペースなダイエットはストレスの多い減量方法となるため、あっという間に挫折することや、頑張って減らした後にあっという間にリバウンドを招いてしまうということも多いようです。

減量はある程度の時間をかけて達成していくのがベストなやり方です。


炭水化物を避けることが、短期間で体重を減らすのに効果的だと感じている人は少なくありません。

もちろん炭水化物や糖質を上手に制限してダイエットをし、続いて身体作りをしていくのは決して悪いアイデアではありません。

ですが、あくまでも重要なのはバランスのとれた無理のないスケジュールを立てて減量計画を遂行していくことです。

身体作りやダイエットを心がける人は、みるみるうちに体重を減らしていくことよりも、ある程度の期間をかけて順調に体重を減らしていくことを考えてほしいと思います。

ダイエットはしっかりと続けられることが1番です。

個人のダイエットは、テレビの企画でタレントさんがダイエットに挑戦するのとは違いますから、目標体重までの到達が1ヶ月か2ヶ月ズレたとしても大きな問題にはならないはずです。

中には炭水化物を大幅にカットするというアイデアよりも、糖質を上手に制限することによって空腹感を覚えにくいダイエット実行している人もいるようです。

本格的なダイエットや身体作りはプロのサポートを受けるのが賢明な方法です。

若い女性の方などであまりにスタイルを気にして急なダイエットを敢行したため、本来主食となる炭水化物を完全に抜いてしまうという方法をとってしまう人がいるようです。

中には、テレビで見た芸能人が炭水化物を完全に抜いて身体作りをしているというのを聞いて、自分も真似してみようと思い立つ人も多いようです。

しかしよく考えてみるとそうした芸能人の場合、きちんとした栄養士がついていてバランスのとれた栄養を摂取できるようサポートしているはずではないでしょうか。

一般の方が自分1人でダイエットをする場合、そこまで徹底した栄養管理ができるとは考えにくいので、安易に芸能人の真似をして炭水化物を全く避けるという方法をとらないよう気をつける必要があります。

基本的に炭水化物は人間にとって貴重なエネルギー源であり、欠かすことのできない重要な栄養素です。

バランス良く炭水化物や糖質を制限し、効果的なダイエットや身体作りをしたい場合は専門のトレーナーなどに相談しながらやっていく方が間違いないでしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエット時の空腹感に対処する方法は?

1.炭水化物ダイエット時の空腹感に対処するには無理のないスケジュールが大切です

炭水化物を避けるダイエット方法はメジャーなやり方ですが、空腹感に負けて食べてしまってリバウンドしてしまう人も多いと思います。

無理のないスケジュールで徐々に進めていくことが大切です。

2.いきなり極端な食事制限は失敗する確率が上がってしまいます

ダイエットに何度挑戦しても失敗してしまうという悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

多くの場合いきなり極端に食事制限をしてしまい、そのストレスから大食いをしてしまって、リバウンドに至るというケースが多いのではないでしょうか。

3.減量はある程度の時間をかけて達成していくのがベストなやり方です。

炭水化物ダイエットはテンポ良く体重を減らしていくのに効果的ですが、1ヶ月や2ヶ月で一気に減量しようとするよりも、ある程度の期間をかけてじっくり減量していくほうが、リバウンドしにくい健康的なダイエットをすることができるはずです。

4.本格的なダイエットや身体作りはプロのサポートを受けるのが賢明な方法です。

テレビ番組などで炭水化物を完全に避けるダイエットをしている姿を目にしますが、専門家のサポートなしにそういったダイエットや食事制限をすると、体調を壊してしまうかもしれません。

きちんと専門のトレーナーなどをつけてダイエットに励みましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る