炭水化物ダイエットは血糖値をコントロールできますか?

炭水化物を控えると血糖値の急上昇を抑えるといわれています


健康だから血糖値は気にしていないという方も多いはずですが、実はその血糖値とダイエットは関係があります。

血糖値を上げやすい食べ物は、炭水化物に含まれる糖質です。

糖質を摂ると、まず、体内では糖質がブドウ糖に変わり、消化吸収され、血液中に溶け出し全身の細胞に送られます。

この血液中に溶け出したブドウ糖を「血糖」と呼び、その濃度を「血糖値」と呼びます。

食後、ブドウ糖はインスリンのはたらきによって、肝臓や筋肉などに運ばれ蓄えられます。

しかし、蓄えられるエネルギー量には限界があり、余ったエネルギーは、内臓や皮下の体脂肪として貯蔵されます。

これが、太る原因です。

血糖値を下げるために、インスリンを生産するすい臓に負担がかかると、代謝機能全体を悪くしてしまいます。

そこで、太る原因を取り除き、代謝を良くするために、血糖値の急上昇を防ぐことが大切になります。

その方法が、炭水化物ダイエットです。

ごはんやパンなどの炭水化物を控える炭水化物ダイエットは、血糖値の急上昇を抑えるのに役立ち、代謝もスムーズにします。

食べ方を見直し、糖質の吸収をゆるやかにして、さらに健康を目指しましょう。

血糖値は体にとって適切な濃度を保つために調整されています

「血糖値が上がる、下がる」という言い方をしますが、これは具体的にどういう意味なのでしょうか。

まず、「血糖値が上がる」というのは、食事をしてブドウ糖が血液中に補給され、血液中のブドウ糖の濃度を上げることをいいます。

一方の「血糖値が下がる」というのは、すい臓から分泌されるインスリンが、血液中のブドウ糖を別の場所に移動させ、血液中のブドウ糖の濃度を下げることをいいます。

さて、この別の場所とは、全身の筋肉や肝臓などの細胞のことです。

ブドウ糖は、細胞のエネルギー源となったり、余った分は体脂肪となって蓄えられたりしています。

このような結果、血糖値は体にとってちょうど良い濃度になるように調整されているのです。

食べ過ぎると太るメカニズム

  1. 食べ過ぎる
  2. 血液中にブドウ糖が補給され、血糖値が急上昇
  3. すい臓でインスリンが大量分泌→【習慣化すると・・・】すい臓が疲れる→インスリンの出が悪くなる→代謝低下
  4. 血液中のブドウ糖が移動し、血糖値が下がる
  5. ブドウ糖が全身の細胞へ
  6. エネルギーとして利用される
  7. エネルギーが余れば、体脂肪になる→【習慣化すると・・】太る原因になる

血糖値を上げやすいのは炭水化物に含まれる糖質です


では、血糖値をコントロールする方法はあるのでしょうか。

そのカギを握るのは、「炭水化物ダイエット」です。

炭水化物ダイエットとは、ごはんやパンなどの炭水化物を控えるダイエット方法です。

炭水化物に含まれる糖質は、血糖値を上げ、余ったエネルギーは体脂肪になるという性質があります。

一方、たんぱく質や脂肪はブドウ糖に変わらないため、血糖値に影響を与えないといわれています。

そこで、炭水化物を控え、他の栄養素を摂り、ブドウ糖を使い切る仕組みをつくるのです。

ブドウ糖を使い切れば、体脂肪として溜めこむこともなく、代謝をスムーズにします。

糖質とは

  • 炭水化物から食物繊維を引いたもの
  • 血糖値を上げる
  • すぐにエネルギーになる
  • 使い切れないと体脂肪になる

炭水化物メインの食事メニューは禁物、食べる順番が大切です

炭水化物ダイエットの基本は、バランスの良い食事とともに炭水化物の摂りすぎに注意することです。

では、まず自分の食事を確認してみましょう。

①ごはん、パンなどが中心&量が多い食事メニュー

②パスタだけ、菓子パンの炭水化物だけの食事メニュー

③ごはん+うどん、パスタ+パンなど、炭水化物が重なる食事メニューなど、当てはまるものはありませんか。

これでは、血糖値を上げてしまいます。

また、たんぱく質やビタミンなど体に必要な栄養素も不足して、ますます代謝が悪くなります。

炭水化物メインの食事にならないように注意して下さい。

また、食べる順番が大切です。

炭水化物を最初に食べると、血糖値が上がり、体脂肪になりやすいため、食べ方に工夫をしましょう。

まず、サラダやスープなど食物繊維を多く含む食品から食べ始め、次に魚や肉などのおかず、最後にごはんやパンと食べるように気を付けましょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットは血糖値をコントロールできますか?

1. 炭水化物を控えると血糖値の急上昇を抑えるといわれています

炭水化物に含まれる糖質を摂ると、血糖値を上げてしまいます。

もし血糖値の急上昇が続くと、太る原因をつくり、代謝の悪い体をつくります。

そこで、炭水化物を控え、血糖値をコントロールすることで代謝しやすい体をつくります。

2. 血糖値は体にとって適切な濃度を保つために調整されています

食事をすると、血液中にブドウ糖が補給され血糖値が上がりますが、インスリンのはたらきにより、ブドウ糖が全身の細胞へ移動し、血糖値が下がります。

この結果、血糖値は体にとってちょうど良い濃度に調整されています。

3. 血糖値を上げやすいのは炭水化物に含まれる糖質です

炭水化物に含まれる糖質は、血糖値を上げ、余ったエネルギーは体脂肪になる性質があります。

そこで、炭水化物を控える炭水化物ダイエットを取り入れて、ブドウ糖を使い切り、体脂肪として溜めこまない仕組みをつくります。

4. 炭水化物メインの食事メニューは禁物、食べる順番が大切です

炭水化物メインの食事メニューでは、血糖値を上げ、体に必要な栄養素も不足します。

食事はバランス良く摂りましょう。

また、血糖値の急上昇を防ぐために食物繊維を多く含む食品から食べ始め、最後に炭水化物を摂るように心掛けましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る