炭水化物ダイエットでは、どんなおかずが良いでしょうか?

タンパク質や食物繊維を中心としたおかずにしましょう


炭水化物ダイエットでは、炭水化物の多い食品を摂らないようにしてエネルギーの摂取量よりも消費量を少なくすることで、体重の減少効果が期待できます。

ご飯やパンなどの主食を抜くことが多く、手軽に始めることができ、比較的短期間で結果が出やすいようです。

炭水化物といえば穀類やイモ類を中心とした食品をイメージしやすいですが、炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたものと定義されています。

炭水化物中の糖質は体内でエネルギーとして使用されますが、使用されずに余った糖質が脂肪として蓄えられ、太る原因となります。

糖質を多く含む食品は、野菜や果物にも意外と多く、ご飯やパン、イモ類などを抜いたとしても、おかずに含まれる糖質の量が多いと、ダイエット効果が得られにくくなる場合があります。

炭水化物ダイエットでは、おかずにも糖質の少ない食品を選ぶようにし、その他にも必要な栄養素が不足しないように注意することで健康的に痩せる効果が期待できます。

炭水化物中の糖質量に注目しましょう

炭水化物は、タンパク質、脂質とならぶ三大栄養素で、体にとって欠かせない栄養素です。

炭水化物のうち、消化吸収されるものを糖質、されないものを食物繊維とよんでいます。

糖質は体内でエネルギー源として使用されますが、同じようにエネルギー源として使用される脂質よりも燃焼が早いので、体に吸収されるとすぐにエネルギーとなります。

過剰に摂取すると余った糖質は脂肪として蓄積されるため、太る原因となります。

ダイエットでは、摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを多くすることが大切ですので、炭水化物中の糖質を控えることで減量効果が期待できます。

また、脂質は摂りすぎると中性脂肪となって体内に蓄積されますので、やはり控えるようにしましょう。

炭水化物抜きダイエットでは、主食を抜いておかずだけを食べる場合が多いようですが、おかずも糖質や脂質の少ないものを選ぶようにしましょう。

食品に含まれる糖質の量にも注意が必要です


一般的にダイエット中のおかずには、サラダなどの野菜を中心とした献立が多くみられます。

おかずに使う食材として、イモ類やかぼちゃなどは主食と同様に摂らないことが多いのではないでしょうか。

それ以外にも、野菜や果物には糖質を多く含む食品があり、にんじんやごぼうなどの根菜や、トマト、りんご、バナナなどは控えめに摂るほうが良いでしょう。

糖質が少なく、おかずにおすすめの食材には、ほうれん草、きゅうりなどの野菜や、もやし、アボカドなどがあります。

また、炭水化物を抜くことで食物繊維が不足しないように、食物繊維を多く含むキノコや海藻、大豆製品も摂るようにしましょう。

肉や魚は糖質が少ないですが、甘辛い味付けや市販のたれを付けて食べるなどすると糖質が多くなる場合もあります。

また、ハムやソーセージ、つくだ煮やさつま揚げなども、糖質の多い食品です。

糖質制限で一日三食を摂りながら痩せる効果が期待できます

ダイエット中の食事で大切なことは、必要な栄養素が不足しないようにすることですので、バランスの取れた食事を心がけましょう。

炭水化物抜きダイエットは、主食を抜くだけの手軽なダイエット方法と思われているようですが、減量効果を期待するなら、おかずも糖質の多い食品を控えるようにするほうが良いですね。

タンパク質や食物繊維を中心とした、糖質の少ない食品を組み合わせた食事なら、一日三食をしっかり摂ることができますので、健康的に痩せる効果が期待できます。

タンパク質の多い食品には、肉、魚介、卵、大豆などがあり、食物繊維の多い食品には、野菜、キノコ類、海藻など、いろいろな食品がありますので、偏った食品を摂らないようにすることができます。

調理もなるべくシンプルに、味付けにも糖質を使わないようにすることもポイントです。

(まとめ)炭水化物ダイエットでは、どんなおかずが良いでしょうか?

1. タンパク質や食物繊維を中心としたおかずにしましょう

炭水化物には糖質と食物繊維があり、体内でエネルギーとして使用されずに余った糖質が脂肪として蓄えられ、太る原因となります。

糖質を多く含む食品は、野菜や果物にも意外と多く、おかずに含まれる糖質の量が多いと、ダイエット効果が得られにくくなる場合があります。

おかずにも糖質の少ない食品を選ぶようにしましょう。

2. 炭水化物中の糖質量に注目しましょう

炭水化物のうち、消化吸収されるものを糖質、されないものを食物繊維とよんでいます。

ダイエットでは、摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーを多くすることが大切ですので、炭水化物中の糖質を控えることで減量効果が期待できます。

また、脂質は摂りすぎると中性脂肪となって体内に蓄積されますので、やはり控えるようにしましょう。

3. 食品に含まれる糖質の量にも注意が必要です

野菜や果物には、糖質を多く含む食品があり、にんじんやごぼうなどの根菜や、トマト、りんご、バナナなどは控えめに摂るほうが良いでしょう。

糖質が少なく食物繊維を多く含むキノコや海藻、大豆製品をおかずに取り入れ、糖質の少ない肉や魚は、味付けやたれに気をつけましょう。

4. 糖質制限で一日三食を摂りながら痩せる効果が期待できます

ダイエット中も必要な栄養素が不足しないように、バランスの取れた食事を心がけましょう。

炭水化物抜きダイエットでは、おかずも糖質の多い食品を控えるようにして、タンパク質や食物繊維を中心とした食材を組み合わせて、味付けもシンプルに、糖質を使わないようにすることもポイントです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る