炭水化物ダイエット中も食べられるデザートはありますか?

寒天やナッツ類、糖質オフのデザートを選ぶと良いでしょう


ダイエット中は、カロリーの高いデザートは摂らないことが望ましいですが、食欲を我慢することも辛いものです。

炭水化物抜きダイエットでは、炭水化物を多く含む食品を避けてカロリーの摂取量よりも消費量を大きくすることで、体重の減少効果が期待できます。

炭水化物を多く含むデザートといえば、ケーキ、菓子パン、クッキー、まんじゅうなど、小麦粉や米を主原料としたものを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

炭水化物には、糖質と食物繊維があり、糖質は体内でエネルギー源として使用されますが、余ると脂肪となって蓄積されてしまいます。

摂りすぎると太る原因となるのは糖質ですから、体重の減少効果を維持するためには、食品に含まれる糖質の量に注目し、摂りすぎないようにすることが大切です。

寒天を使用したデザートやナッツ類など糖質の少ないデザートを選ぶ他、糖質オフのデザートなども市販されていますので、上手に利用すると良いでしょう。

炭水化物に含まれる糖質の量に注目してみましょう

炭水化物が多いデザートといえば、一般的に、ケーキ、菓子パン、クッキー、まんじゅうなど小麦粉や米粉、もち米などを使用した菓子などがあげられます。

炭水化物には、消化吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があり、糖質は体内でエネルギー源として使用されますが、余った分は脂肪として蓄積されてしまいますので、摂りすぎると太る原因となります。

菓子類には炭水化物を多く含むものが多いですが、太る原因となるのは糖質ですから、糖質の量に注目することが大切です。

炭水化物=デンプンということではありませんので、飴や甘い飲み物などは、炭水化物のイメージはあまりなくても、糖質の含量が多いため摂りすぎると太る原因となります。

デザートには寒天やナッツなどの低糖質の食品を選びましょう

炭水化物抜きダイエットなどで、カロリーの摂取量を極端に控える状態が続くと筋肉量が減ることがあり、基礎代謝量が減って、痩せにくくなることがあります。

また、ダイエット中にデザートを我慢することが辛く、ストレスに感じてしまう方は、ダイエット中も少量のデザートなどを摂ることは効果的かもしれません。

糖質が多く含まれる甘いデザートを避けて、代わりに果物を食べる方も多いかもしれません。

果物には、ビタミン類やミネラルも多く含まれますので、美容や健康に良いことはよく知られていますが、糖質も多く含まれていますので、ダイエット中は摂りすぎないようにすることが大切です。

糖質が少なく間食に向く食品では、寒天を使用したところてんやナッツ類があります。

糖質制限によってダイエット効果が期待できます


糖質を多く含む食品を控えたり、低糖質の食品に置き換えたりすることで、ダイエット効果が期待できます。

和菓子は、脂肪分が少ないためダイエット中も口にしやすく、小豆には整腸効果があり健康に役立つ面もありますが、糖質が多く含まれています。

その他にも、せんべいやポテトチップスなども主原料が米やじゃがいもですので糖質が多く、摂りすぎないようにすることが望ましいといえそうです。

最近では、糖質オフの甘味料やデザートも市販されていますので、上手に利用するのも一つの方法です。

炭水化物ダイエットとちがい、糖質制限ダイエット法では一日3食をしっかり摂ることができますので、食後についつい甘いものを食べてしまうことを抑えられる可能性もあります。

バランスの取れた食事で、必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せることが期待できます。

(まとめ)炭水化物ダイエット中も食べられるデザートはありますか?

1. 寒天やナッツ類、糖質オフのデザートを選ぶと良いでしょう

炭水化物には、消化吸収されるもの(糖質)とされないもの(食物繊維)があり、糖質は体内でエネルギー源として使用されますが、余ると脂肪となって蓄積されてしまいます。

摂りすぎると太る原因となるのは糖質ですから、寒天を使用したデザートやナッツ類など糖質の少ないデザートを選ぶ他、糖質オフのデザートなども市販されていますので、上手に利用すると良いでしょう。

2. 炭水化物に含まれる糖質の量に注目してみましょう

炭水化物が多いデザートといえば、一般的に、ケーキ、菓子パン、クッキー、まんじゅうなど、小麦粉や米粉、もち米などを使用した菓子があげられます。

炭水化物=デンプンということではありませんので、飴や甘い飲み物などは、炭水化物のイメージはあまりなくても、糖質の含量が多いため摂りすぎると太る原因となります。

3. デザートには寒天やナッツなどの低糖質の食品を選びましょう

デザートを我慢することが辛く、ストレスに感じてしまう方は、ダイエット中も少量のデザートなどを摂ることは効果的かもしれません。

果物には、ビタミン類やミネラルも多く含まれ、美容や健康に良いことはよく知られていますが、糖質も多く含まれていますので、ダイエット中は摂りすぎないようにしましょう。

糖質が少なく間食に向く食品では、寒天を使用したところてんやナッツ類があります。

4. 糖質制限によってダイエット効果が期待できます

和菓子や、せんべいやポテトチップスなどにも糖質が多いので、摂りすぎないようにしましょう。

最近では、糖質オフの甘味料やデザートも市販されていますので、上手に利用するのも一つの方法です。

糖質を制限するダイエット方法では、一日3食をしっかり摂ることができますので、食後についつい甘いものを食べてしまうことを抑えられる可能性があります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る