炭水化物ダイエットではプロテインを飲んだ方がいいですか?

必要な栄養素の補助として適量を摂りましょう


炭水化物を抜くダイエットでは、食事から摂取するエネルギー量を消費するエネルギー量よりも少なくすることで、体重の減少効果を期待するものです。

体内でエネルギーが不足すると、それを補うために体脂肪や筋肉から糖が生成され、エネルギーとして使用されます。

そのため、体重の減少効果が期待できますが、脂肪だけでなく筋肉や水分も減ってしまいます。

筋肉が減ると、基礎代謝量が減って痩せにくい体になりますし、極端に炭水化物を制限する状態が続くと、疲れやすくなったり、リバウンドを起こしやすくなったりすることも知られています。

筋肉の減少を補うため、運動を行うとともにプロテインとよばれる栄養補助食品を摂ることはそれほど効果が期待できるものではないようです。

ダイエット中も食事内容が偏らないようにし、必要な栄養を摂ることはとても大切ですので、栄養補助としてプロテインを上手に利用し、プロテインにもカロリーがありますので摂りすぎないようにしましょう。

炭水化物は、糖質と食物繊維を合わせたもので、どちらも体にとって大切な栄養素ですが、糖質の摂りすぎが太る原因の一つですので、食品中の糖質に注目し、なるべく控えるようにすることでダイエット効果が期待できます。

ダイエットによるエネルギー不足で筋肉が減ることがあります

炭水化物は、体内で消化されてブドウ糖となり、エネルギー源として使用されますが、使用されずに余った分は、グリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄積されます。

蓄積できる量には限度があり、さらに余ったブドウ糖は脂質となって肝臓や脂肪組織に蓄積されて、肥満や脂肪肝の原因になるといわれています。

体内でエネルギーが不足すると、グリコーゲンが分解されてブドウ糖が生成され、エネルギー源として供給されます。

また、脂肪も必要に応じて分解されてエネルギーとして使用されます。

炭水化物を抜くダイエットにより、体重の減少効果が期待できますが、脂肪だけでなく筋肉や水分が減る場合があるのはこのためです。

筋肉量が減ると、基礎代謝量が減って、かえって痩せにくい体になることがわかっていますので、筋肉をつくるタンパク質などの栄養素が欠けないようにすることが大切です。

脂肪は、有酸素運動とよばれる緩やかな運動を継続して行うことで燃焼が促進されますので、適度な運動を継続して取り入れるようにしましょう。

ダイエットと併行して継続的に運動も行いましょう


長期的なレジスタンス運動(筋肉に抵抗をかける動作を繰り返し行う運動)と併用してプロテインを摂ることで、除脂肪量、筋断面積、筋力の増加に寄与する可能性があるという報告があります。

バランスの取れた食事により栄養素が十分に摂れている条件下で、トレーニングの強度やタイミングを考慮したうえで、プロテインの利用は有効な場合があるようです。

プロテインは、筋肉増量目的のレジスタンス運動を行った後、すぐに食事が摂れない場合に手軽に摂取することができますが、プロテインを飲んだだけで筋肉量が増えるというわけではないようです。

また、プロテインにもいろいろな種類があり、炭水化物を含むものもありますので、摂りすぎには注意しましょう。

糖質制限ではタンパク質を含む肉や魚を摂ることができます

ダイエット中でも、栄養バランスの取れた食事を摂ることはとても大切です。

食事のカロリーを抑えるために、炭水化物を抜いて野菜を中心とした食事を摂る方も多いのではないでしょうか。

野菜中心の献立はとてもヘルシーなイメージがあり、人気があるようですが、タンパク質不足にならないように注意が必要です

また、過剰にエネルギーの摂取量を抑えることで、止めた後にリバウンドが起こり、元の体重以上に体重が増えることもあるようです。

必要な栄養を摂りながら、健康的に痩せるために、糖質を制限するというのも一つの方法です。

糖質を多く含む食品や脂肪分の多い食品を控え、タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心とした献立にすることで、一日三食をしっかり摂りながらもダイエット効果が期待できます。

(まとめ)炭水化物ダイエットではプロテインを飲んだ方がいいですか?

1. 必要な栄養素の補助として適量を摂りましょう

炭水化物を抜くダイエットでは体重の減少効果が期待できますが、脂肪だけでなく筋肉や水分も減ってしまいます。

筋肉が減ると、基礎代謝量が減って痩せにくい体になってしまいますので、運動を継続的に行うことや、プロテインとよばれる栄養補助食品を上手に利用することも一つの方法です。

2. ダイエットによるエネルギー不足で筋肉が減ることがあります

炭水化物は、体内でブドウ糖になり、エネルギー源として使用され、余りはグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄積されます。

蓄積できる量には限度があり、さらに余ったブドウ糖は脂質となって肝臓や脂肪組織に蓄積され、肥満や脂肪肝の原因となります。

体内でエネルギーが不足すると、グリコーゲンからブドウ糖が生成されため、筋肉量が減り、痩せにくくなり、リバウンドの原因となります。

3. ダイエットと併行して継続的に運動も行いましょう

長期的なレジスタンス運動と併用してプロテインを摂ることで、除脂肪量、筋断面積、筋力の増加に寄与する可能性があるという報告があります。

バランスの取れた食事により、栄養素が十分に摂れている条件下で、トレーニングの強度やタイミングを考慮したうえで、プロテインの利用は有効な場合があるようです。

プロテインを飲んだだけで筋肉量が増えるというわけではないようです。

4. 糖質制限ではタンパク質を含む肉や魚を摂ることができます

炭水化物を抜いた野菜を中心とした食事は、ヘルシーなイメージがありますが、タンパク質不足にならないように注意が必要です。

過剰にエネルギーの摂取量を抑えることでリバウンドの原因となることもあります。

必要な栄養を摂りながら健康的に痩せるために、糖質を制限して脂肪分の多い食品を控え、タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心とした食事で、健康的に痩せる効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る