炭水化物ダイエットでイライラするのは本当ですか?

極端な炭水化物ダイエットはイライラを引き起こします


炭水化物ダイエットで、ごはんやパン、甘味類を控えて糖質制限すると、体重が落ちて痩せやすい体質を作るといわれています。

しかしながら、急激に炭水化物を減らし糖質制限した食生活を続けていると、自分ではコントロールできないイライラを感じることがあるのです。

糖質は、ごはんやパン、うどんなど主食だけでなく、甘味やお酒、イモ類、フルーツなどにも多く含まれています。

日常的に糖質を多量に摂取する食生活を送っていると、糖分の刺激により脳が快感を覚え「糖質依存状態」になっていると思われます。

そんな食生活から炭水化物ダイエットを始めて、急激に糖質を断ってしまうと、欲求を抑えられずイライラする症状を引き起こすといわれています。

イライラして心身のバランスを崩すダイエットは、自分の体調や生活スタイルに合ったやり方とはいえず、リバウンドすることも多いです。

少しずつ糖類を減らした食事に移行し、糖質依存を脱却しながらダイエット計画を立てると、イライラを抑えて長期的に痩せる体質に変わっていきます。

適正な糖質制限はイライラを抑える効果があります

普段、なにげなく食べている食事にも糖質は多く含まれています。

例えば、ごはん1膳分(約160g)には、58.9gの糖質が含まれていると計算されています。

3食のごはんにおやつの甘味、ジュースや夜のお酒と何も考えずに糖類の摂取を続けていると1日の糖質摂取量はあっという間に300gを越えてしまうでしょう。

ですが、生活習慣病予防を目的に厚生労働省が設定したガイドラインによると、成人男性の1日の糖質標準摂取量は243g、女性は203gといわれています。

この数字からも、現代の日本人が糖質過多になりがちな食生活を送っていることがわかります。

糖質過多に慣れてしまうと、血糖値が下がりやすくなり、脳が空腹を感じやすくなります。

そのため、糖質が補給されない空腹感からイライラを感じたり、脳内欲求が満たされずに不安になったりする症状を引き起こすのです。

このような糖質過多によるイライラを抑えるためには、低糖質な食生活に切り替えることが大切になります。

適正な糖質摂取量に制限することで、欲求不満やイライラを抱えることなく炭水化物ダイエットに取り組むことが可能になります。

炭水化物ダイエットでイライラすると過食になりがちです


1日3食、白いごはんを毎日食べる食生活の人が、ごはん類を全く食べないダイエットを始めると、イライラが止まらず禁断症状を引き起こすことがあります。

糖質依存した頭の中では、ごはんのことばかり考えてしまい、気持ちも不安定になっていくでしょう。

結果的に、「ひと口だけ」と食べてしまったごはんを抑えられず、ドカ食いをしてしまったり、ごはんだけでなくおやつやデザートなど甘味にも手を出してしまったり、自分の意志でコントロールすることが難しくなってしまいます。

我慢した気持ちが強い分だけリバウンドしてしまい、過食傾向になることも多いようです。

炭水化物ダイエットは、無理をせず自分のペースや生活スタイルに合わせて取り入れることが大切です。

例えば、「夕飯は、おかずを1品増やしてごはんを抜く」など栄養バランスを考えながら食欲を満たす方法で長く続けることを目指すと良いでしょう。

短期間で結果を出そうとすると、イライラや過食を招きます。

長期的な計画を立てて心身ともにリバウンドしない健康的なダイエットを目標にしましょう。

糖質制限に慣れると健康にも良い効果をもたらします

糖質過多な食生活を続けている時に炭水化物ダイエットを始めると、最初の1週間ほどはイライラしたり不安定な気持ちになったりすることがあるかもしれません。

しかし、糖質依存の体質から抜け出し炭水化物ダイエットを長期的に成功させるためには、自分に合ったペースでゆるやかに糖質制限を続けていくことが重要になります。

ごはんの量を茶碗半分にすることからスタートしても良いでしょう。

計画的に少しずつ糖質を抑えて、タンパク質を増やすメニューに切り替えていくと、無理なく糖質制限を続けられ、太りにくい体質を作るといわれています。

炭水化物ダイエットで糖質制限を続けると、肥満を防止し体重ダウンにつながるだけでなく、イライラしやすい精神状態が安定してくる効果も期待できます。

適度な糖質制限の食生活は、内臓脂肪を減らし生活習慣病や成人病予防にもつながるため、将来の健康維持と心身の安定をもたらします。

(まとめ)炭水化物ダイエットでイライラするのは本当ですか?

1. 極端な炭水化物ダイエットはイライラを引き起こします

急激に炭水化物を減らし糖質制限した食生活を続けていると、自分ではコントロールできないイライラを感じることがあります。

イライラして心身のバランスを崩すダイエットは、自分に合わない方法なのでリバウンドすることも多いです。

2. 適正な糖質制限はイライラを抑える効果があります

現代の日本人は、糖質過多な食生活を送っているため、血糖値が下がりやすくなり、脳が空腹を感じやすい状態になりやすいです。

糖質過多によるイライラを抑えるためには、適度な糖質摂取量に抑えた食生活に正すことが大切になります。

3. 炭水化物ダイエットでイライラすると過食になりがちです

炭水化物ダイエットを始めると、イライラが止まらず禁断症状を引き起こすことがあります。

我慢した気持ちが強い分、リバウンドして過食傾向になることも多いです。

短期間の結果を求めず、長期的なダイエットを目標にしましょう。

4. 糖質制限に慣れると健康にも良い効果をもたらします

糖質を抑えてタンパク質を増やすメニューに切り替えると、無理なく糖質制限を続けられ、太りにくい体質を作ります。

肥満を防止し体重ダウンにつながるだけでなく、イライラしやすい精神状態が安定してくる効果も期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る