炭水化物ダイエット中の間食は、我慢するべきですか?

低糖質の素材を使ったおやつを選ぶのであれば間食OKです


頑張って炭水化物ダイエットを続けてきたのに、我慢できずおやつを食べてしまうことは、よくあることです。

イライラしたり、食べたいお菓子のことばかり考えたり・・・、我慢し続けることでストレスがたまり、その反動でドカ食いをしてしまうこともあるでしょう。

「おやつを食べない」で毎日を過ごすのは、思っているより辛くストレスを感じます。

しかし、食べ方や素材に気をつければ、間食を摂るほうが炭水化物ダイエットの効果が上がるともいわれています。

おすすめの間食は、食事と同様に低糖質かつ高タンパクでローカロリーな素材のものです。

無糖ヨーグルトやチーズ、ナッツ類などが良いでしょう。

また、人間の体は、空腹のときに血糖値が下がった状態になり、食事で糖質を摂取すると血糖値が急上昇するといわれています。

間食することで、空腹の時間が短くなり血糖値の乱高下を抑えることにつながります。

血糖値が安定していると空腹を感じにくくなり、結果的に食欲を抑える効果をもたらすのです。

ストレスと食べたい欲求をコントロールするために、間食を上手に取り入れることが炭水化物ダイエットの成功につながります。

間食は素材選びと量に気をつけることが重要です

せっかくご飯やパンを我慢しているのに、糖質の高い菓子類を食べてしまうとダイエットの効果は得られなくなります。

炭水化物ダイエット中は、食事のときと同じように低糖質高タンパクの素材のおやつを選ぶと良いでしょう。

特に、タンパク質にミネラルとビタミンをプラスした食材は、体の代謝を上げ太りにくく痩せやすい体質を作る栄養素になります。

体が燃焼するために必要な栄養素を間食で補給すると、ダイエット効果を高めることも期待できます。

しかし、ダイエットに向いている食材だからといって、量をたくさん摂取しては意味がありません。

1日の間食の上限は、100キロカロリーを目安にして、おやつを選ぶと良いでしょう。

ダイエット中のおやつとして注目されているナッツ類やドライフルーツなどは、栄養素の補給に適していますが、カロリーオーバーになることも多い食材です。

だらだらと長い時間食べ続けるなどの悪習慣をやめることも重要になります。

食生活の見直しとともに、生活習慣を整えることも意識しましょう。

炭水化物ダイエット中のおすすめのおやつを紹介


ダイエット中のおやつは、腹持ちがよく低カロリーで必要な栄養素が補給できる素材を選ぶと良いでしょう。

手軽に食べられるおやつとしては、ナッツ類がおすすめです。

特にアーモンドは、ビタミンやカリウムを豊富に含むので、脂肪燃焼を促進し代謝が上がる効果を期待できます。

ただし、カロリーが高いので1度にたくさん食べると逆効果です。

20粒前後を1日に4~5回に分けて食べると良いでしょう。

また、チーズやゆでたまごなど、高タンパクで腹持ちが良いものもおすすめです。

しっかり食べている感覚があるため、気持ち的にも満足感が高まります。

スイーツが食べたくなったら、コンビニなどで市販されているゼロカロリーの寒天ゼリーなどを選ぶと、甘さもボリュームもあるのでピッタリです。

炭水化物ダイエット中であっても、意外にもおやつの選択肢は豊富にあります。

シーンに合わせて間食を選び、ストレスを上手に発散することが、長期的なダイエットの成功につながっていきます。

間食でダイエットのストレスがコントロールできます

女性の場合、生理や排卵前後などホルモンバランスの変化する時期に食欲が抑えにくくなる傾向があります。

ダイエット中だとなおさら強い食欲を感じることもあり、我慢できなくなってドカ食いに走ってしまうケースもよくあることです。

口さみしく食べ物のことばかり考えてしまうときに、「食べてはいけない」という固定観念が余計にストレスを煽ってしまうこともあるでしょう。

そんなときのために、食べてもダイエットに差し支えない食材を見つけておくと安心です。

例えば、しっかり噛むことができるスルメやシュガーレスガムなどはおすすめです。

スルメは、低カロリー低糖質なうえ噛み応えがしっかりしていて、噛むほどに味わいをしっかり感じることができるので、ダイエット中のおやつに最適といわれています。

ただし、塩分が高いため塩分コトントロールの治療をしている方は医師に相談してください。

ストレスを緩和するために、自分に適した食欲コントロールの方法を見つけておくと気持ちにゆとりが生まれます。

(まとめ)炭水化物ダイエット中の間食は、我慢するべきですか?

1. 低糖質の素材を使ったおやつを選ぶのであれば間食OKです

頑張って炭水化物ダイエットを続けてきたのに、我慢できずおやつを食べてしまうことは、よくあることです。

ストレスと食べたい欲求をコントロールするために、間食を上手に取り入れることが炭水化物ダイエットの成功につながります。

2. 間食は素材選びと量に気をつけることが重要です

炭水化物ダイエット中は、食事と同様に低糖質高タンパクの素材のおやつを選ぶと良いでしょう。

しかし、量をたくさん摂取しては意味がありません。

1日の間食の上限は、100キロカロリーを目安にして、おやつを選ぶと良いでしょう。

3. 炭水化物ダイエット中のおすすめのおやつを紹介

ダイエット中のおやつは、腹持ちがよく低カロリーで栄養補給できる素材を選ぶと良いでしょう。

ナッツ類、チーズ、ゼロカロリースイーツなど、シーンに合わせて間食を選び、ストレスを上手に発散することがダイエット成功につながります。

4. 間食でダイエットのストレスがコントロールできます

口さみしく食べ物のことばかり考えてしまうときに、「食べてはいけない」という固定観念が余計にストレスを煽ってしまいこともあるでしょう。

スルメを噛むなど自分に適した食欲コントロールの方法で気持ちにゆとりを持ちましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る