炭水化物ダイエットは1ヶ月で効果が出る?

炭水化物ダイエットは1ヶ月でも十分に効果が期待できます


炭水化物ダイエットは炭水化物を減らすことでその中に含まれる糖質を減らすダイエット方法です。

糖質が減ることで、体脂肪がつきにくく、さらに体脂肪を燃焼して痩せやすくなることが期待できます。

糖質から作るエネルギーが減ると脂肪が燃焼し始めるので、炭水化物ダイエットでは長期間継続しなくても、1ヶ月程度で変化が起こります。

自分の減らしたい体重が少ない場合や、現状維持を目指している場合には、1ヶ月程度のダイエットでも十分です。

その後は、徐々に制限食から元の食事に戻して、体重が増えない程度まで炭水化物を摂取できるようにします。

炭水化物ダイエットでは1ヶ月以内に変化が起こりやすくなります

炭水化物ダイエットでは、多くの人が1ヶ月で変化を感じるようになります。

1ヶ月のダイエット期間でも、3キロ程度のダイエットができることも多く、その後継続すれば最終的に20キロ程度のダイエットも可能とされています。

米やパン、麺類などの炭水化物に含まれている糖質は、体を動かすためにエネルギーとなります。

しかし、それ以上に中性脂肪やコレステロールになりやすく、肥満の原因にもなっています。

一方で脂肪も太るイメージがありますが、こちらは体を動かすための必要量程度しか食べることが難しく、十分に摂取したように感じても消費されやすいものです。

そのため、炭水化物の摂取を抑えることで糖質を減らすと、肥満の原因を減らすことができます。

また、糖から作るエネルギーが不足すると、脂肪を使ってエネルギー源にする糖新生が起こります。

ただし、糖質は炭水化物以外にも多く含まれています。

炭水化物を抜き、それ以外の糖質を含む甘いものを取らないようにすると、より効果的です。

2週間から1ヶ月程度でおなかの周りに変化を感じるでしょう。

1ヶ月の炭水化物ダイエットの後はリバウンドを防ぎます


炭水化物ダイエットを行って1ヶ月で効果が見えてきたら、リバウンドを防ぐことが大切です。

短期間でも効果が期待できる炭水化物ダイエットですが、元の食生活に完全に戻ってしまうことでリバウンドのリスクが起こります。

短期間でも炭水化物に含まれる糖質の摂取が減ったため、インスリンを作る機能がその間お休みをしていたことになります。

そのため、糖質に少しずつ体を慣らしていく作業が必要となるのです。

糖質に体を慣らすためには、少しずつ制限を緩めていくことが必要となります。

制限を行っていたのが1ヶ月であれば、同じ期間かけて炭水化物を増やしていきます。

これまで摂取していた糖質量を体重1キロあたり1~5gずつ増やしていくとよいでしょう。

また、これまでの炭水化物の取りすぎを見直していくことも大切です。

うっかり過剰摂取をしたら、翌日の食事で調節しながら体重が増えないように注意します。

1ヶ月の炭水化物ダイエットの効果は運動を加えることで大きくなります

1ヶ月で炭水化物ダイエットの効果を出したいのであれば、運動を加えることが大切です。

運動を取り入れることで、よりダイエット効果が促進されることが期待できます。

特に筋肉を増強するための筋トレは効果的です。

筋肉は、摂取した炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変えやすくするものであり、ダイエットには欠かせません。

筋肉が多い人は、基礎代謝が高くなり、安静にしていてもエネルギーを代謝することができます。

そのため、より高い割合で糖質をエネルギーに変えて、痩せる効果が期待できます。

また、制限食から元の食事に戻す際にも、筋トレを行い、筋肉を維持することでリバウンドを予防しやすくなります。

過剰摂取してしまった日には、特に運動を増やすことも効果的です。

ダイエットでは、炭水化物の中の糖質を取らないだけでなく、取ってもエネルギーとして消費できる体作りをすることが大切になります。

(まとめ)炭水化物ダイエットは1ヶ月で効果が出る?

1.炭水化物ダイエットは1ヶ月でも十分に効果が期待できます

炭水化物ダイエットでは、糖質を減らすことで痩せやすい状態にします。

体は糖質の代わりに脂肪を燃焼させるようになり、1ヶ月程度でも効果を感じられるようになります。

2.炭水化物ダイエットでは1ヶ月以内に変化が起こりやすくなります

炭水化物ダイエットでは、1ヶ月で数キロの減量やおなか周りの変化が期待できます。

余った分が脂肪に変わりやすい糖質を減らすことができ、脂肪を燃焼する働きがダイエット効果を作ります。

3.1ヶ月の炭水化物ダイエットの後はリバウンドを防ぎます

炭水化物ダイエットで効果が現れて、元の食事に戻す場合には、ゆっくりと戻していくことが大切です。

1ヶ月かけて痩せたなら同じく1ヶ月かけて緩やかに炭水化物の摂取を増やします。

4.1ヶ月の炭水化物ダイエットの効果は運動を加えることで大きくなります

1ヶ月の炭水化物ダイエットをより効果的に進めるためには、筋トレなどの運動が効果的です。

筋肉を鍛えることで、エネルギー消費のための基礎代謝を上げることができます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る