炭水化物ダイエットの適切な期間は?

炭水化物ダイエットは1ヶ月程度の期間でも効果が期待できます


炭水化物を減らすことで糖質を制限する食事制限は、1ヶ月程度という短い期間でも効果が出始めます。

これは極端な糖質制限を行う方法であり、もっと緩やかに行っても最終的には10キロ以上のダイエットも可能です。

炭水化物の摂取を制限することで、糖質が脂肪へと変わるのを抑制し、脂肪を燃焼して体重を減少します。

その後は、リバウンドを避けるためにゆっくりと糖質を取る生活に戻していきます。

炭水化物ダイエットでは1ヶ月程度の短期間でも問題ありません

炭水化物ダイエットを行う場合には、数ヶ月の期間をかけて行うこともできますが、2週間から1ヶ月程度の短い期間でも問題ありません。

短い期間で炭水化物ダイエットを行う場合には、炭水化物から摂取できる糖質の量を急激に減らすのは一般的です。

糖質は炭水化物の中に多く含まれており、糖質を摂取することで体を動かすエネルギーとなります。

ところがエネルギー消費量よりも過剰に糖質を摂取すると、脂肪として蓄積されてしまいます。

一方で、糖質が足りない状態になると、ケトン体の生成や糖新生という方法で体内からエネルギーを作ります。

糖新生で使うのは、脂質などです。

これによって体脂肪を燃焼しダイエット効果を出して、痩せやすくなります。

こうした作用を出すためには一定期間の炭水化物の摂取を制限することが必要です。

およそ半日から1週間程度でこうした作用が始まりますが、人によっては頭がボーっとするなどの症状を感じることもあります。

炭水化物ダイエットは自分のペースで期間を決めます

炭水化物ダイエットは、誰でも同じように期間を決められて行うものではありません。

炭水化物から摂取する糖質をどれくらい制限するのか、そしてどれくらいの体重を減らしたいか、もしくはプロポーションを改善したいか、などを元に考えます。

炭水化物は巷にあふれており、外食が多い人や忙しくて手軽に食べられるコンビニなどの食品で食事を済ませることが多い人など、ケースによっては炭水化物を意識的に減らせないこともあるのです。

そのため、私たちは自分の生活の範囲において可能となるペースを考えて、ダイエットの期間を考えることが大切になります。

急激なダイエット方法を利用できるのであれば、短期間でも良いですが、厳しい方法は用いられない場合には緩やかに数ヶ月の長期間かけて行うことが適しています。

さらに、自分がどれくらい体重を落としたいかによっても期間の設定は変わるでしょう。

1週間ではさすがに、体内の水分が減ってやや体重が落ちる程度ですが、短いものでは2週間から始められます。

炭水化物ダイエットでは食事を戻す期間も大切です

炭水化物ダイエットでは、実際に炭水化物を減らす期間だけでなく、その後通常の食生活に戻す期間も大切です。

糖質制限ダイエットなどでもそうですが、一定の期間行ってきた制限食をずっと続けることはできません。

しかし、戻す期間に再び炭水化物を取りすぎる生活を送ってしまうと、リバウンドしてしまいます。

炭水化物を減らしていたダイエット期間とは違い、炭水化物も摂取できる期間ですが、緩やかに炭水化物の量を増やしていくことが必要となります。

また、以前の糖質過多の生活まで戻してはいけません。

体重の変化に気をつけて、運動などを取り入れながらゆっくりと戻していきます。

こうすることで、体重を維持したままで摂取しても良い量を見極めることもできるようになってきます。

朝ごはんや運動の前後などは、特に筋肉で使われて脂肪に変わりにくいタイミングなどで、そういったタイミングも意識して摂取していくことが大切です。

(まとめ)炭水化物ダイエットの適切な期間は?

1.炭水化物ダイエットは1ヶ月程度の期間でも効果が期待できます

炭水化物ダイエットでは1ヶ月程度の短期間でも効果を出すことはできるといえます。

ダイエット期間を終えたら、徐々にリバウンドを避けつつ糖質を摂取する期間へと移行していくことが大切です。

2.炭水化物ダイエットでは1ヶ月程度の短期間でも問題ありません

炭水化物ダイエットを行う場合、2週間から1ヶ月程度の期間でも行うことができます。

糖質を摂取しなくなることで体内では脂質を元にエネルギー消費を始め、ダイエット効果を発揮します。

3.炭水化物ダイエットは自分のペースで期間を決めます

炭水化物ダイエットでは、2週間から数ヶ月など、自分のペースや希望体重などに応じて期間を設定することが可能となります。

生活に不便がないように自分に合ったダイエット期間を設けることが大切です。

4.炭水化物ダイエットでは食事を戻す期間も大切です

炭水化物ダイエットでは、一時的に体内に取り込む糖質量を減らしていたので、それを徐々に戻す期間が必要です。

ダイエット後のリバウンドを防ぎながら、ゆっくりと様子を見て炭水化物の摂取量を増やしていきます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る