炭水化物ダイエットの炭水化物摂取量はどれくらい?

ダイエット中の炭水化物摂取量は個人差があります


炭水化物ダイエットを行う場合、炭水化物の摂取量は体調や目標によって個人差があります。

明確にどれだけの炭水化物量にしなければいけないということはありません。

今までよりも炭水化物量を減らすということが大切と考えられます。

目安として、ダイエット目的ならば炭水化物に含まれる糖質の量を、1日30~50gにすると良いとも考えられています。

炭水化物摂取量を減らすことで脂肪が燃焼されやすい状態を作ります

炭水化物ダイエットは、炭水化物に含まれている糖質の摂取量を減らすことでダイエット効果を狙うものです。

糖質は体内で吸収されると、血糖として血液中を流れます。

この数値を測定したものが、いわゆる血糖値です。

食後に血糖値が上昇すると、それを下げようとインシュリンというホルモンが分泌されます。

インシュリンは余分な血糖を細胞に取り込むことで、血糖値を下げると考えられています。

つまり血糖値が上がり過ぎると、身体に脂肪を溜め込みやすくなってしまうことになります。

糖質は身体を動かすエネルギー源になっています。

その糖質摂取量を制限すると、脂肪が燃焼しやすくなると考えられているため、炭水化物摂取量を抑えるとダイエットに繋がるとされています。

運動を合わせて行うとより効果的です。

ダイエットのために重要なのは、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことです。

炭水化物ダイエットでは空腹を我慢する必要はないとされますが、いくら炭水化物摂取量を減らしていても過剰なカロリーの食事をしていては効果があまり期待できません。

ダイエットに適した炭水化物の摂取目安量は30~50gとされています


炭水化物ダイエットにおいて、炭水化物の摂取量に明確な決まりはありません。

一定の目安としては、ダイエットを目的とする場合には炭水化物に含まれる糖質の摂取量を30~50gほどにすると良いとされますが、体調などに合わせて調整します。

炭水化物の摂取量を減らすことで痩せやすい状態を作ると考えられているものの、炭水化物が身体にとって必要な栄養素であることに変わりはありません。

無理せず、続けやすい範囲で炭水化物摂取量を考えると良いでしょう。

炭水化物を含む食品はいろいろありますが、そのなかでわかりやすいのがご飯やパンといった主食です。

主食には炭水化物が多く含まれています。

そのため、主食の摂取量を抑えることで炭水化物の摂取量制限に繋がります。

タンパク質や食物繊維はしっかりと摂りましょう

炭水化物ダイエット中、炭水化物の接種量のほかにもポイントがあります。

まず、炭水化物を制限しているときにはタンパク質の摂取が大切とされています。

糖質を気にしながらほかの栄養素のバランスを考えながら摂るのが大切ですが、特にタンパク質と食物繊維はしっかり摂ることが推奨されています。

肉や魚などに含まれるタンパク質は身体のいろいろな場所を作るのに欠かせない栄養素です。

筋肉や皮ふ、髪の毛などを健康に保つにはタンパク質を摂ることで、身体作りに繋がります。

野菜や海藻類などに豊富に含まれている食物繊維も大切です。

水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維の二種類がありますが、どちらも大切です。

お腹の調子を整える作用や、食事の満腹感を得やすくしてくれるとされています。

また、食物繊維の豊富な野菜を食事の最初に摂ることで、血糖値が急激に上がるのを予防するとも考えられています。

炭水化物ダイエットを行う場合、食事の初めは食物繊維豊富な野菜や海藻類などから食べるようにすると、より効果的でしょう。

(まとめ)炭水化物ダイエットの炭水化物摂取量はどれくらい?

1.ダイエット中の炭水化物摂取量は個人差があります

炭水化物ダイエットでは炭水化物摂取量に明確な決まりはありません。

体調や目標などに合わせて、炭水化物摂取量を減らして行っていきます。

ダイエット目的では炭水化物に含まれる糖質の摂取量を1日30~50gに抑えると効果的ともされています。

2.炭水化物摂取量を減らすことで脂肪が燃焼されやすい状態を作ります

炭水化物に含まれる糖質は、吸収されるとエネルギー源になります。摂り過ぎると脂肪を蓄える原因にもなります。炭水化物摂取量を減らすことで、脂肪がつきにくく燃焼しやすい状態にすることでダイエット効果があると考えられています。

3.ダイエットに適した炭水化物の摂取目安量は30~50gとされています

炭水化物に含まれる糖質の摂取量について、明確な決まりはありません。

大体の目安として、ダイエットを目標にした場合の糖質摂取量は30~50gとされています。

自分の体調などに合わせて摂取量を考えましょう。

4.タンパク質や食物繊維はしっかりと摂りましょう

炭水化物ダイエットを行うときには、タンパク質や食物繊維をしっかりと摂るようにしましょう。

身体作りに欠かせないタンパク質や、お腹の調子を整えたり血糖値の急上昇を抑えてくれたりする食物繊維は大切です。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る